映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

映画鑑賞記録「銀魂」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
宇宙から襲来した天人に支配された江戸末期。万事屋を営む坂田銀時は、志村新八や神楽といった仲間とともに楽しく暮らしていたのであったが、ある日、謎の辻斬りによって友である桂小太郎が斬られるという事件が発生し…

【感想】
--------------------------------------
☆パロディ満載
--------------------------------------
人気漫画の実写映画化作品ですね。

原作は読んだことないんですが、コメディ色が強くて面白そうだなって思ったので見てみました。

感想は…

うん。思った以上にぶっ飛んでますねー。みなさん。

中村勘九郎さんはなんかやたらと裸で何か変なことやってるシーンが多いし(全裸?)

橋本環奈さんも、変顔したり、鼻くそほじったり、ヤバイ言葉を連発したり(イメージ大丈夫なんだろうか?)

ガ○ダ○とか、ナ○シ○とか、C○T○とか、お○Qとか、他作品のパロディがいっぱい入りまくってるし

主題歌も小栗旬さんのなんかアレな曲になってるし(笑)

全体的にはなんか結構下品な方向に仕上がってたので、客層を選ぶかなーって思った作品でした。

自分は下品なところはともかく、コメディ風なところは結構好きだったんですが…

原作ファン的にはどうなんですかねぇ。ちょっと気になりました。

あ、個人的には戦闘シーンなしで、コメディだけで突っ切ってくれてもよかったんじゃないかなぁと思いました(笑)

★★★☆☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「忍びの国」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
時は戦国時代。忍びの国として名を馳せた伊賀の地に、天下統一を目指す織田の軍団が勢力を伸ばそうとしていた。そんな中、伊賀忍者の中でも屈指の実力のある無門もまた戦に巻き込まれていくのであった…。


【感想】
--------------------------------------
☆忍者の戦闘楽しい
--------------------------------------
独立を保ってきた伊賀の国に、織田の軍勢が侵略してくるというお話。

戦国時代モノは割りと好きなんですが、無知なため、知らないことだらけ…

というわけで、織田と伊賀が戦った!って事自体知らなかったんですが…

やっぱり、忍者対武士っていうのは、なんか戦闘シーンが華やかな感じになっていいですね。

ちょっと映像的にはこいつらチャラい!って思えなくもないんですが…

普通に考えるとありえない動きをしてるキャラがいっぱいいたりして、戦闘シーン、なかなか楽しめました(笑)

変わり身の術とか、ニンジャな感じ、なんかいいですねー。


ストーリーは、結局伊賀は織田に滅ぼされてしまう運命なので、切ないっちゃ切ない展開なんですが…

なんか忍者ってシビアなんだなーって思ったお話でした。

★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

読書記録「いまさら翼といわれても(米沢穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
古典部シリーズの最新作ですね。

なにやら、今まで書いてきた短編の寄せ集めっぽいですが…

前作が出たのが何年前なのかよくわからないくらい久しぶりの新作!ということでなかなか楽しめました。

各話ごとでメインになる登場人物が変わってくるのも面白くていいですね。

奉太郎が何でこんなに省エネ人間になってしまったのかとか、

奉太郎が中学の同級生から嫌われている理由なんかもわかったりして面白く読めました。

ファンとしてはなかなか興味深いお話でした。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆鏡には映らない
--------------------------------------
かつて奉太郎が通っていた中学校で作成した、卒業製作のお話。

噂によると、奉太郎が手抜きをしたせいで、卒業制作が正式な完成形にならなくなってしまい、

同級生たちから忌み嫌われるようになってしまった!というストーリーなんですが…

なんで奉太郎はそんなことをしてしまったのか、興味深く読めました。

単に省エネだから手抜きした!なんて簡単な話じゃなくて、事件の真相はちょっとぞっとしました。。。


--------------------------------------
☆わたしたちの伝説の一冊
--------------------------------------
伊原が所属している漫研が分裂の危機に貧してるというお話。

漫画を描く派と、漫画を読むだけ派の2派に分かれて、どちらかが辞めなければならない事態に陥ってしまっているんですが…

なんかお互いがお互いを罵り合い、ドロドロ〜な感じになってしまっているのが酷い状態でした。。。

ただ、こういうのって中間派もモロに巻き込まれちゃうもんなんですよねぇ。。。

友達だと思ってた人に裏切られて、だんだん酷い方向へと巻き込まれていく伊原。

最後に彼女が出した結論は結構スカッとしたんですが、なかなか色々考えさせられるお話でした。


--------------------------------------
☆いまさら翼といわれても
--------------------------------------
合唱でソロを歌う予定だった千反田が行方不明になってしまったというお話。

責任感は強いはずの千反田が行方不明に…一体何か!?って感じのお話なんですが…

タイトルの意味が結構ずっしりくる作品でした。。。

読み終わると、確かに「いまさら翼といわれても」って思っちゃいますねぇ。。。

千反田がこの後どうするのか、私、気になります!続き読みたいよぅ。

JUGEMテーマ:読書

本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「東京會舘と私(辻村深月)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
東京會舘を舞台にした連作短編集ですね。

時代は大正12年からスタートし、平成27年現在までの約100年の東京會舘の物語になってます。

…って自分、こういう歴史を辿っていくような物語って結構大好物なんですよねぇ。。。


大正のちょっとレトロだけどなんかオシャレな雰囲気、

第二次世界大戦中の混沌とした雰囲気、

戦後のGHQ占領下のちょっとピリピリしつつも新時代感のある雰囲気、

昭和の古きよき時代な雰囲気、

そして、平成のスマートな感じの雰囲気。


出て来る人たちは違えども、舞台はみんな東京會舘。

いろんな時代を見守り続けてきたんだなーと思うとなんか感慨深いお話でした。

…といいつつ、実は自分は東京會舘行ったことないんですが(^_^;)


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆しあわせな味の記憶
--------------------------------------
かつて、「お土産のお菓子」なんて存在せず、高級菓子はお店で食べるもの〜だった時代のお話。

そこをなんとか〜って感じでお菓子作りにチャレンジしていくっていうお話なんですが…

お店でしか出せないお菓子だったら、お店に来てもらわない限り、味わえなくて、

ごく一部の人しか食べたことのない味になっちゃうかと思うんですが…

お土産用のお菓子を開発することで、お店に来れない人にもお菓子のファンが広がった!ってのが感動的でした。。。

直接お店に来てもらって食べてもらって喜んでもらえるのはもちろんうれしいんでしょうけど…

会ったことも見たこともないような遠いところに住んでる人が、実は自分の作ったお菓子のファンなんだ!

なんて言われた日にゃぁ職人冥利に尽きるってもんですよね。

仕事に情熱を注いで、かつ、やりがいも感じられる、なんかそういう仕事っていいなぁと感じたお話でした。

--------------------------------------
☆煉瓦の壁を背に
--------------------------------------
かつて、家族と一緒に食事に来ていた少年が、やがて、直木賞作家になって戻ってくるというお話。

とある事情により、彼は、その少年時代以来、東京會舘には来れなくなってしまうんですが…

やがていろんな苦難を乗り越えて、夢だった直木賞を受賞して、思い出の東京會舘にやってくるっていう展開がすごくよかったです。

そして、その後に待ち受けていた、驚きの真実が!!やばい、ちょっと泣けてきます。。。

どんなに離れてしまっても、家族っていいもんだなぁと感じてしまったお話でした。

--------------------------------------
☆また会う春まで
--------------------------------------
東京會舘が取り壊される直前に、結婚式を挙げる女性のお話。

このお話、最終章ということで、いかにも大団円〜な展開が読んでて心地よかったです。

あ、この人ってあの時出てきたあの人の関係者なんだ〜!とか

この人、こんな形でまた登場しちゃってる〜みたいな。

昔、こういう人たちがいたからこそ、今の僕らがいる、そんな気分にさせてくれるいいお話でした。

人って何らかの形で繋がって続いていくもんなんですねー。

JUGEMテーマ:読書

本 【辻村 深月】 | comments(0) | -

映画鑑賞記録「ちょっと今から仕事やめてくる」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
ブラック企業によって心身ともに疲れ果ててしまった青山隆。彼は、ふらっと電車に飛び込みそうになるところを、小学生の頃の同級生だというヤマモトという男に助けられるのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆なかなか重い…
--------------------------------------
ブラック企業に勤める主人公が、自殺をしようとしたところ、昔の同級生に助けられるというお話。

見る前はもうちょっと明るめなコメディタッチなお話なのかなーと思いきや…

物語序盤はかなーり暗い展開で、見ているとなかなか気が滅入ってきました(^_^;)

まぁ自殺したくなっちゃうような主人公の話なので、当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。。。


営業マンは契約数が命。契約取れないやつは人間のクズ。

上司の命令は絶対。逆らうなんて許されない。

長時間残業なんて契約取れてないなら当たり前。定時帰り、有給なんてもってのほか。


ただひたすら怒鳴られて、謝って、モノを投げつけられて、土下座させられて。

死にたくなっちゃう気持ちもわからなくもない、そんな展開でかなり重かったです。。。


--------------------------------------
☆人生いろいろ
--------------------------------------
ただ、そんな主人公を救ってくれるような、気の合う友達が現れて、変わっていく感じはなかなか心地よかったです。

死にたいなんて思ってるとやっぱり視野が狭くなっちゃってますもんね。

人生いろいろ。生き方もいろいろ。

仕事なんて辛かったらやめればいい。

仕事なんて辞めても生きていける。


そんなメッセージが伝わってくる、なかなかいい映画でした。

(序盤は重すぎだけど。。。)


★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「花戦さ」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
時は戦国時代。「池坊」と呼ばれる、花を活ける僧侶たちがいた。そんな彼らは、織田信長、豊臣秀吉の時代を生き抜くのであったが、やがて千利休が自害に追い込まれると、その友人である専好は、豊臣に対して「花戦さ」を仕掛けるのであった…。


【感想】
--------------------------------------
☆華道カッコいいと思う。
--------------------------------------
戦国時代を生きた「華道家」たちのお話。

戦国時代の生きるか死ぬかの瀬戸際に、華道!?って思ってしまったんですが…

亡くなった人を弔うために、華を活けて、供養する…なんてことをやってたんですね。。

大河ドラマでも歴史ドラマでも、戦国時代ものは結構いっぱいやってると思うんですが、

華道家を主人公にした作品は全然知らなかったので、なかなか興味深く見れました。

自分、華道とか全然わからないんですけど、作中に出てくる華は

やっぱりなんかカッコいい!って思っちゃいますね。

--------------------------------------
☆戦国時代からいたんだ華道家…
--------------------------------------
あと、一応この作品も舞台は戦国時代ということで…

信長に秀吉に千利休なんて有名人が出てきてるのが印象的でした。

で、意外と濃く絡んじゃってたりもしたんですね。華道家。

「花戦さ」というタイトルからも分かる通り、

花を使って、権力者に戦さを仕掛けていくっていうのが

なかなか斬新なストーリーだなって思いました。

あと、見る前はもうちょっとほんわかした作品なのかなーと思ってたんですが…

意外といっぱい人が死んでました(^_^;)

あれ?この人死んじゃうの?みたいな。。。

まぁ「戦さ」なので仕方ないのかもしれないですが、

なんかちょっとバッサリ死にすぎてる人が多いような…ってな印象でした。


★★★☆☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「22年目の告白−私が殺人犯です−」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
阪神大震災や地下鉄サリン事件が世間を騒がせた1995年、とある連続殺人事件が発生した。やがて犯人逮捕に至らないまま時効を迎えたその事件は、さらに時が経ち、2017年を迎えるのであったが、突然、自分が犯人だと名乗る男が現れるのであった…。


【感想】
--------------------------------------
☆犯罪者でもアイドル?
--------------------------------------
時効を迎えた連続殺人犯が、突如告白本を出版し、国民の前に姿を現す、というお話。

当然のことながら、被害者遺族からは恨まれているし、正義の名のもとにバッシングを受けることは間違いないんですが…

その一方で、殺人犯でありながら、「美形」であるがゆえに

英雄視されて、一躍マスコミの寵児みたいに扱われていたのは滑稽でした(^_^;)

まさか殺人犯相手にアイドルみたいにキャーキャーいうバカは現実にはいないだろうと思いきや…

確かに、殺人犯がイケメンで、○○様!みたいに騒いでた事件もありましたもんね。。。

今の日本の世相を上手く表した作品なんだなーってのを感じました。。。


--------------------------------------
☆事件の真相すごい!
--------------------------------------
まぁそれはそれとして…

いろんな人に命を狙われる羽目になるにもかかわらず、

本を出版して、握手会をして、テレビにまで出演してしまう「理由」が

ちょっと想像していなかった理由だったので見事に騙されました。。。

まさか、そんな理由だったとは!!!

急に彼が表舞台に出てきた理由も、事件の真相も、見る前には全く想像してなかったので

気持ちよ〜く騙されることができました。

なので、ミステリーとしてはとっても面白かったです。

ただし、殺人鬼の話なので、やたらと殺人のシーンが出て来るのは見る人を選ぶかもしれませんね。。。

ちょっとグロいと思うので、そういうのが苦手な人は見ないほうがいいかもしれないです。

面白かったですけど。。。


★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「キング・アーサー」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
王の息子として生まれたものの、父と母を殺され、スラム街で育つこととなったアーサー。厳しい環境下で育ったこともあり、屈指の肉体を手にした彼は、やがて、聖剣エクスカリバーを手にすることになるのであったが…。


【感想】
--------------------------------------
☆ストーリー速い!
--------------------------------------
アーサー王物語をモチーフにした作品です。

アーサー王の話はよく知らないまま見てきました。

が!ストーリーがめちゃくちゃ早い。。。

登場人物がめちゃくちゃ多い。。。

似たような顔の人が何人もいる!?。。。

というわけで、初見ではあんまり楽しめませんでした(^_^;)

とりわけ最初の方が何がなんだかよくわからん。。。

なんだかもうちょっと予習をしてから見たほうがいい映画だったのかなーと思いました。。。

--------------------------------------
☆戦闘シーンはカッコいい!
--------------------------------------
ただ、映像とアクションシーンは見応えたっぷりですごかったですね。

特に、聖剣エクスカリバーを手にしてからの戦闘シーンは凄まじいです。

主人公強すぎて、敵が何人いようが、さくさくっと一瞬で倒してしまうという(笑)

その武器どんだけ強いんだよ!!って感じで。

クライマックスの方も、なんかそれ反則じゃね?って感じの攻撃してたりして…

なかなか違った意味で見ごたえのあった映画でした。

あとは、もうちょっとストーリーが理解できれば。。。

脇役とかもいっぱいエピソードあるキャラクターなんだろうけど全くただの脇役にしか見えなかったので

そこんところは無知すぎてちょっと残念だったなーと思ってしまった作品でした。。。

明らかに勉強不足でした。。。


★★★☆☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

読書記録「か「」く「」し「」ご「」と「(住野よる)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
高校のクラスメイト5人組による青春小説ですね。

コテコテのラブストーリーなのかと思いきや…

それぞれ人間関係の悩みを抱えた初々しい少年・少女たちの群像劇が読んでて心地よかったです。

それぞれ恋心を心に秘めつつも、それは行動に移せない、なんかくぅーって感じでいいですね!(笑)

あと、それぞれ、人には言えない特殊能力を持ってるってのも面白かったです。

みんなそんな特殊能力あるなら、あの人の気持ちわかるでしょー?って感じなんですが…

みなさんそれぞれ鈍いようで、特殊能力持ってるのに誤解しまくりな感じ、それまた面白かったです。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆か、く。し!ご?と
--------------------------------------
他人の感情が「!」とか「?」という記号で見える少年のお話。

まぁ「!」とか「?」は見えなくてもある程度は表情を見ればわかるのであんまり意味のない能力かもしれないですが…

ポーカーフェースで何を考えてるのかよくわからない人には有効そうですね(笑)

ただ、逆に下手に感情が読めるせいで他人に気を使いすぎてるのがちょっと大変だなーって思えた少年くんでした。

あと、このお話、ちょっとミステリー風味にできてるのが印象的でした。

普通に読んでたらミスリードさせられちゃいますねー。

--------------------------------------
☆か1く2し3ご4と
--------------------------------------
他人の心臓の鼓動を読める少女のお話。

あっ、この人私といるときドキドキしてるー!ってわかっちゃう能力なので、なんだかうれしいようなうれしくないような…うーんな感じの能力ですね(^_^;)

ちなみに、この能力の持ち主の女の子、自分の気持ちを悟られないために、常に道化を演じてるんですが…

いつも元気で明るいキャラクターの人の中にも、実は演じてるだけの人もいるのかなーとちょっと思ってしまいました。。。

素で明るいならいいんですけど、無理して明るく振る舞ってるのはちょっと可哀想ですね。。。

で、この女の子、1人だけいつも鼓動が変わらない男の子のことが気になっちゃうんですが…

彼が誰のことを好きなのか、これまたミステリーな感じがなかなかよかったなーって感じのお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「ペテロの葬列(宮部みゆき)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
宮部 みゆき
集英社
¥ 1,944

【あらすじ】
今多コンツェルン会長室直属・グループ広報室に勤める杉村三郎。彼は、たまたま乗り合わせたバスでバスジャックに遭遇し、人質として捕らわれてしまうのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆かなりの大作。。
--------------------------------------
かなーりひさしぶりに読んだ宮部みゆき作品。

700ページもある超大作なので、読書欲が低減しまくりの昨今、果たして読み切れるのだろうかと思いつつ読んでみたんですが…

うん。かなーり読むのがつらかったです(^_^;)

さすが宮部みゆきさんって言うべきなんでしょうけど、かなーり重厚なんですよね。。。

最近軽めの本(?)ばかり読んでいたせいなのか、なかなかページが進まない。。。

宮部みゆき作品、昔は好きだったのに、こんなに苦手になってしまったのかと思わずにはいられない作品でした。。。

--------------------------------------
☆善と悪か…
--------------------------------------
まぁそれはさておき…

話の内容の方もなかなかぎっしり詰まった感じで読み応えがありました。。。

突然のバスのハイジャックから物語はスタートしていくんですが、

なんか読み進めて行くうちに、何が善で何が悪なのかよくわからなくなってくるんですよね。。。

誰かにとっては悪い人、でも、その人は違う誰かの大事な人かもしれない。

誰かにとっては悪い人は、みんなにとっては悪い人じゃないかもしれない。

でもでも、一方的に悪だと決めつけて攻撃してくる「正義」な人もいる。

悪だと思ってる人が悪じゃなかったり、正義だと思ってる人が悪かもしれなかったり

なんだか社会って複雑にできてるよなーって感じるような、そんなお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【宮部 みゆき】 | comments(0) | -
AMAZON LINK