映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

読書記録「何が困るかって?(坂木司)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
坂木 司
東京創元社
¥ 1,512

【感想】
坂木司さんの短編集(ショートショート?)ですね。

想像していた以上に、1話1話が短くて…

短編ですらちょっと苦手傾向がある自分としては読むのつらかったです。。。

ちょっと読んで話のあらましをつかめたかなーってところで終わって

また次の話ってなるんで、ちょっと疲れちゃうんですよね。。。

個人的にはあんまり好きじゃない作品となってしまいました。。。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆勝負
--------------------------------------
バスの降りるときに押すボタンをどっちが遅く押すかの勝負のお話。

ほんとは降りるんだけど、自分では押さずに、他の人が押してくれるのを待ってるーみたいな。

まぁチキンレースのバス版みたいな感じなんですね(笑)

話の発想はユニークだなと思ったお話でした。

--------------------------------------
☆神様の作り方
--------------------------------------
何でもないところに、花をたむける。

何でもないところに、お菓子を備える。

何でもないところで、祈る。

そうするとやがて、他にも同じことをやってくれる人があらわれる…というお話。

まぁねつ造ってわけなんだけど、嘘が真実になっていく…って感じが面白いお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【坂木 司】 | comments(0) | -

読書記録「本を守ろうとする猫の話(夏川草介)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
---
---

【感想】
店長が亡くなり、閉店することが余儀なくされた古本屋に本を守ろうとする猫が現れたというお話。

まぁ「本を守ろうとする猫」なんているわけないので、現実味がないのは当たり前ですが…

猫に連れられて異世界に行ったりするので、なんかファンタジー色の強い作品だなって印象でした。

描写もなんかキレイな感じに描かれてたような気がするので

映画化とかするとなんか映えそうって思った作品でした。

あと、いろいろ本に纏わる話も出てくるので、いろいろ本についても考えされられますね。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆第一章「閉じ込める者」
--------------------------------------
本が好きと言いつつ、1度読み終わった本を、本棚にしまい込んで並べておくだけ…という人のお話。

常に新しい本を追い求めて、1度読み終わった本には目もくれない…

まさしく自分もそうなんですが、そういう人に対する皮肉なエピソードですね。。。

好きな本を何度も何度も読み直して味わい尽くす。

そういうのももちろんいいと思いますが、時間も無限にあるわけじゃないですもんね。

新しい本をどんどん読む人と、同じ本を繰り返す読む人。

同じ本好きでも、ちょっと分かり合えない壁があるのかなと感じたお話でした。

(買っても読まずに並べておくだけの人とはさらに壁がありそうですが。。。)

--------------------------------------
☆第二章「切りきざむ者」
--------------------------------------
本が好きと言いつつ、とにかく、速く、たくさん読むことを主義としている人のお話。

速く読むことに重きを置いているので、読むのが大変な古典なんかも、

全部読むよりは、重用なポイントが抑えられればそれでOKみたいな考え方。

こちらも、長編を充分に味わい尽くすだけの時間と頭があればいいんですけどね。。。

すっごく長くて読むのが大変な古典的名作とか、簡易版とか出てたらそっちを読みたくなっちゃう派です。。。

ただ、名作は名作なりに、ちゃんと全部読んだ方が感動もあるんだと思いますけどね。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「恋のゴンドラ(東野圭吾)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
東野 圭吾
実業之日本社
¥ 1,000

【感想】
ゲレンデが舞台のラブストーリー。

繋がってないようで繋がってるような連作短編集かなーと思って読んでたんですが…

意外と出てくる登場人物が似たような人たちだったり、

この人はあの人の友達でーみたいな感じだったので、楽しく読めました。

合コンでナンパしてーとか、彼女いるけど別の女の子とーとか、

そういうのがちょっと出てくるお話なので、

ちょっとチャラい系な人たちのお話ではありますが…

最後の最後で爆弾を投下したかのような終わり方、ウケました。

絶対その後修羅場になるパターンだと思うんですが…

そのシーン読みたかった…(笑)

以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆ゴンドラ
--------------------------------------
結婚を考えてる彼女がいるものの、他の彼女とスノボに来てしまった広太くんのお話。

その子とふたりきりで、秘密のデート☆のはずが、

まさかの彼女が同じスキー場にいて、まさかの同じゴンドラに乗り合わせてしまう!というストーリー。

ゴーグルとフェイスマスクのおかげで、向こうからはこちらの顔はわからないはず!!みたいな。

同じゴンドラの中に、本命の彼女と浮気相手に鉢合わせ。

いつバレやしないかとハラハラドキドキな感じ、面白かったです(笑)

--------------------------------------
☆スキー一家
--------------------------------------
自分はスノボが大好きにもかかわらず、結婚相手の父親がスノボ大嫌いなため、

スノボ好きを隠しつつ、家族でスキーに行かなければならなくなってしまった月村くんのお話。

スキー礼賛、スノボ痛罵な父親の言動にうんざりしつつも…

礼儀正しいスノボの若者に出会ったりして、ちょっとずつ変わっていくお父さんが面白かったです。

まぁ、自分がよく知らないからって一方的に相手を悪くいうのはよろしくないですね。

JUGEMテーマ:読書

本 【東野 圭吾】 | comments(0) | -

読書記録「サーモンキャッチャー(道尾秀介)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
場末の釣り堀「カープ・キャッチャー」。そこは、ごくごく普通の人たちが釣りを楽しむごくごく普通の釣り堀なのであったが、なぜか、そこに集う人々に不思議な出来事が起こり始める…。

【感想】
--------------------------------------
☆わちゃわちゃな群像劇
--------------------------------------
何でも屋をしてる中年男、対人恐怖症の男とその妹、釣り堀でバイトをしてる女子高生、

釣りが得意で神と呼ばれている老人、それなりにお金はあるが心が満たされない主婦。

そして、外国人講師に、お金持ちの老婆に、釣り堀屋の主人。

一見何の関連性もない男女が、ひょんなことから事件(?)に巻き込まれ関わり合いになっていくというストーリー。

ちょっと登場人物が多いので、えっと、この人だれだっけ?みたいな感じになっちゃったんですが…

中盤あたりからは、みんなが集まってわちゃわちゃやってるような展開になったのでその辺はちょっと楽しく読めました。

いろんな思いが交錯する群像劇ってやっぱり面白いですね。

展開的にはありえねーって感じではありますが、わけわかんない感じ、嫌いじゃなかったです。

--------------------------------------
☆ヒツギム語謎だ。。。
--------------------------------------
あと、作中にオリジナル言語、ヒツギム語、なんてものが出てくるんですが、それがまた日本語っぽくてユニークでした。

「クサイ(いい)」「クンノカ(どうしたの)」「コナイノ(何でもない)」

「サイケツ、オオクテ(愛している、あなたを)」

「ソノヘンガ、ドウモ、オオクテ(それをあなたに渡す)」

そのままの発音が日本語に読めるので、そっちの意味で解釈すると、意味が全く違ってくるのが面白かったです。

なんか、大事なシーンが、採血の話になってる!!(笑)

JUGEMテーマ:読書

本 【道尾 秀介】 | comments(0) | -

読書記録「バベル九朔(万城目学)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
万城目 学
KADOKAWA/角川書店
¥ 1,728

【あらすじ】
作家になるという夢を抱きつつ、雑居ビル「バベル九朔」の管理人をしている九朔満大。彼は、ある日、いつもの通り管理人の仕事をしていたのであったが、全身黒ずくめの謎のカラス女が現れ…

【感想】
--------------------------------------
☆途中まではよかった…かな?
--------------------------------------
テナントビルの管理人をしながら作家を目指していた主人公に、ある日、平凡でない日常が訪れる…というお話。

最初のうちは、なんだか一癖も二癖もありそうな「九朔家」の人々に興味を惹かれつつ…

テナントとして入っている店子たちも、なかなか個性豊かっぽくて今後の展開に期待しつつ…

さらには、なんだかわけのわからない展開になりはじめて、中盤まではワクワクして読んでたんですが…

なんだろう、中盤以降、わけのわからない感がエスカレートして行ってしまって

読者を置いてきぼりにしたまま終わってしまったような気がしたので読んでてモヤモヤしました。。。

現代を舞台にしつつも、「バベル」という異物を取り込んで、ファンタジー色を強くしてるのはいいと思うんですけどね。。。

なんだかちょっと残念な作品でした。。。

鴨川ホルモーとか鹿男あをによしとかそういった系統の方が好きだったので、

そっち風な作品をまた書いて欲しいなーと思ってしまった作品でした。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【万城目 学】 | comments(0) | -

読書記録「variety(奥田英朗)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
今まで単行本に収録されなかった短編をまとめて一冊の本にした短編集だそうです。

連作短編集かと思ってたら、全然関係ない話になってたのでなんでだろう?って思ってたんですが、そういうことですか。。。

ただ、普通の短編でも、いろいろな話が詰まっていて面白かったです。

出版社も別々だとほんとお蔵入りしちゃうような作品もあるんでしょうけど…

眠らせておくのはもったいないので、こういうのもどんどん本にしてほしいですねー。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆ドライブ・イン・サマー
--------------------------------------
今日は楽しく夫婦でドライブ!のはずが、ヒッチハイクの男を車に乗せたのが最後、

次から次へと謎の同乗者が増えていく…というお話。

まずはヒッチハイクの男。次はバスに乗り遅れたお婆さん。その次は困ってた双子の子供。

…とどんどん同乗者が増えていくんですが…

同乗者が増えていくにつれて、状態がどんどんカオスになっていく感じが楽しかったです。

ラストはどうしてこんなことに!みたいなオチつき。面白かったです!


--------------------------------------
☆セブンティーン
--------------------------------------
17歳の娘のクリスマス・イブ。

娘はどうやら、彼氏とお泊りするらしい。

母としてはどうすべきか!?というお話。

お年頃の娘を抱えた母と娘も駆け引き、面白かったです。

自分は男なのでわかんないですが、その辺、いろいろ大変そうですよねぇ。

欲を言えば、もうちょっと続きが読みたかったなーと思ったお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【奥田 英朗】 | comments(0) | -

読書記録「素敵な日本人(東野圭吾)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
東野圭吾さんの短編集ですね。

長編でもなくシリーズものでもないので、

初めての人でも読みやすくていいかも?

でも、長編に慣れちゃってる人だとちょっと物足りないですね。

トリックもそんなに凝ったものじゃないし、サクッと読み終わっちゃうので。。。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆十年目のバレンタインデー
--------------------------------------
別れて以来、久しぶりに出会った男女のお話。

その日はバレンタインデーということで、ロマンチックな夜になるかと思いきや…

このお話ミステリなのでそんな展開にはなりません。。

まぁなんとなく先は読めちゃう話ではありましたが、

バレンタインデーと殺人事件というギャップがなんか面白かったお話でした。

--------------------------------------
☆今夜は一人で雛祭り
--------------------------------------
一人娘が嫁に行ってしまうことになり、亡き妻がかつて備えていたお雛様の意味を知るというお話。

こっちもミステリだったけど、こちらは人が殺されないミステリだったので読後感はよかったです。

お雛様にまつわるエピソードも散りばめられていて、読んでてへーそうだったんだ!って感じになりますね。

--------------------------------------
☆君の瞳に乾杯
--------------------------------------
合コンで知り合った彼女と意気投合するというお話。

オチが…なんてこった!!って感じだったがちょっとショッキングでした(笑)

アニメ好きなふたり、読んでてちょっとほのぼのしました。

JUGEMテーマ:読書

本 【東野 圭吾】 | comments(0) | -

読書記録「staph(道尾秀介)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
道尾 秀介
文藝春秋
¥ 1,728

【あらすじ】
ワゴン車で料理を売り歩く仕事をしている夏都。彼女は、ある日、自分と同じ仕事をしている女性に間違われ、誘拐されてしまう。それがきっかけで芸能界を揺るがす大スキャンダルを耳にしてしまった彼女は、スキャンダルが流出しないように誘拐犯に協力することにしたのであったが…

【感想】
--------------------------------------
☆意外な展開が心地よい
--------------------------------------
「人違い」をされたことがきっかけで、なんだかとんでもないことに巻き込まれていくストーリー。

久しぶりに道尾秀介作品読んだんですが…

なんか予想の斜め上を行くような展開でなかなか面白かったです。

これで問題解決して一安心…

と思いきや、どんでん返しにどんでん返しにどんでん返し!

騙されて騙されて騙されて!!

どんでん返し好きなので、怒涛のこの展開好きでした。

まさかのアンタが黒幕だったとはね!!(笑)

--------------------------------------
☆お友達いっぱい?
--------------------------------------
あと、物語が進んでいくにつれて、仲間が増えていく感じが楽しくてよかったですね。

甥っ子の智弥に、その塾の先生に、アイドルの女の子に、その取り巻き4人衆に…

なんだかわけのわからないまま「事件」に巻き込まれていく関係者が増えていくのが面白かったです。

で、みんなどことなくヌケているので、てんやわんやの大騒ぎ。

でも、全体的なわちゃわちゃした感じ、楽しくてよかったです。

映画か何かで見てみたい雰囲気でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【道尾 秀介】 | comments(0) | -

読書記録「BUTTER(柚木麻子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
柚木 麻子
新潮社
¥ 1,728

【あらすじ】
結婚詐欺の末、3人の男を殺したとされ、逮捕された梶井真奈子。彼女の本当の姿を探るべく、週刊誌の雑誌の記者をしている里佳は、彼女に取材を申し込むのであったが…


【感想】
--------------------------------------
☆結構重厚なお話。。。
--------------------------------------
結婚詐欺の末、交際相手の男性を殺害したとされる容疑者のお話。

いつもは軽めなタッチで読みやすい柚木麻子さん。

今回もそんな感じなのかなーと思ってたんですが…

今作はページ数多い!&比較的重厚な文体で読みにくい!!

…というわけでやたらと読むのに時間がかかってしまいました。。。

柚木さんにしては珍しく事件を扱ったお話だし、「直木賞」を意識して書いたんですかね~?

結構絶賛されてたりもするようですが、個人的には今までの柚木さんらしさが失われてしまったようで

なんかちょっと残念だったなーって印象でした。。。

次の作品はぜひ、前のタッチに戻って欲しいなーと感じてしまったお話でした。

--------------------------------------
☆料理おいしそう
--------------------------------------
まぁそれはさておき、この作品…

「BUTEER」というタイトルでもあり、グルメな容疑者が出て来るお話ということもあり…

「料理」のシーンはなかなか凝っていて読んでるとお腹が空いてきました。。。

自分は料理なんて全然しないし、バターが違うと料理の味が全然違う!なんて思ったことも一度もなかったりするんですが…

バターが違うだけで、そんなに料理って違ってくるもんなんですかねー?

まぁそもそも、「バターライス」自体食べたことないような気がするので、一度食べてみたいなって思いました。

美味しいものを知らずに生きてるなんて人生損してる!なんて主張がちょっと垣間見れたんですが…

確かに、まだまだ食べたことないものとかたくさんあるし、毎日同じもの食べてるんじゃなくて

なんかいろいろ新規開拓してみたほうが人生楽しくなるのかなーなんて思ったりしちゃいました。。

JUGEMテーマ:読書

本 【柚木 麻子】 | comments(0) | -

映画鑑賞記録「トリガール」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
一浪してやっとのことで大学生となった鳥山ゆきな。彼女は、一目惚れしてしまった先輩に誘われ「人力飛行サークル」に入部することになったのであったが…

【感想】
--------------------------------------
☆理系大学のサークルで
--------------------------------------
ひょんなことから人力飛行サークルに入ってしまった女子大生が、ちょっと怖い先輩と一緒に琵琶湖を飛ぶことになってしまった!というお話。

野球とかサッカーとかそういう系統なら割と漫画とかである設定だと思うんですが…

「人力飛行サークル」ってのはまた独特な設定のが面白いですね。

しかも、「人力飛行サークル」なんてのは理系じゃないと無理!

ってことで、自然的に舞台は工業系大学になるわけで…

まわりに女子全然いねー!

メガネ率たけー!

チェックのシャツ率たけー!

女の子だーお姫様だー!!

ってなる感じが面白かったです(笑)

(実際はそこまでメガネ&チェックのシャツ率高くないと思いますが(笑))

ただ、そんな集団の中にイケメンがいると違和感ありますね(笑)

(恋する相手がメガネ&チェックのシャツのオタクだったら客入り悪そうなので仕方ないですが。。。)


--------------------------------------
☆琵琶湖飛びたくなる!
--------------------------------------
で、そんなこんなで、まわりはオタクっぽい雰囲気ではあるんですが…

実際は「人力飛行」するわけで、ひたすら自転車を漕ぎまくらないといけないわけなので…

スポーツ青春っぽい雰囲気結構好きでした。

で、極めつけはなんといっても「琵琶湖を飛ぶ」ことですよね。

実際に自転車を来いで琵琶湖を飛ぶシーンはなかなか感動モノでした。。。

ちょっと怖い先輩とはいっつも喧嘩ばっかりで

でもそんなところもまた青春でいいなーと思ったりして

なかなか素敵な映画でした。

主題歌の「空も飛べるはず」もいいですね〜。

まさにぴったりの選曲でした。


★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -
AMAZON LINK