映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

読書記録「みかづき(森絵都)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
森 絵都
集英社
¥ 1,998

【あらすじ】
昭和36年。小学校の用務員として働いていた大島吾郎は、ある日、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、学習塾を立ち上げることを決意する。だが、その道は当然容易なものではなく…

【感想】
--------------------------------------
☆塾の歴史
--------------------------------------
「教育」に命を掛けた一族の物語ですね。

開始は昭和36年。とある一組の男女の出会いから物語はスタートするので

最初の方を読んだだけだと、昭和の古き良きノスタルジックな時代を描いたお話なのかなーって思ってたんですが…

時代がどんどんずんずん流れていくのが読んでてすごく面白かったです。

若かった2人の男女はやがて父と母となり、娘たちが生まれ、娘達もやがて少女に、そして大人になっていく。

親は他界し、自分たちはやがて年老いて、娘達も結婚して孫が産まれる。

そして、孫たちもやがてすくすくと育ち、自分たちはいつのまにか天寿を全うするような年齢に。

時代ももちろん、戦後の高度成長期のベビーブーム、受験戦争を経て、ゆとり教育、ゆとり廃止などなど

それぞれの時代の変化が感じられる物語構成になっていて非常に興味深く読めました。

昭和から平成にかけてのとある塾講師の半生記。

ほんと読み応えたっぷりで面白かったです!

全467ページとかなーりボリュームあるんですが、おすすめです!

--------------------------------------
☆割りと近くなので…
--------------------------------------
あと、個人的な話なんですが、舞台が千葉ということで、身近な地域がいっぱい出てきて楽しく読めました。

八千代に船橋に津田沼!

たぶん千葉県人以外にはあんまり馴染みのない地名もたくさん出てくるんですが…

千葉県民からすると、知ってる地名がたくさんでてくるのですっごく身近な感覚で読めました。

あのあたり、今はこんなんだけど、昔はどうだったのかなーなんて想像して読むのも楽しかったです。

まぁ地元民ならではってところではありますが、なかなか楽しい読み方ができた一冊でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【森 絵都】 | comments(0) | -

読書記録「君が夏を走らせる(瀬尾まいこ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
金髪でピアスの高校生。そんな彼のもとに先輩から特別なバイトが入った。彼の娘である1歳の女の子の世話をお願いしたいというのだ。初めはそんなことできるわけがないと思う彼であったが…

【感想】
--------------------------------------
☆ヤンキー子供の世話をする
--------------------------------------
ヤンキーが、2最弱の女の子のお世話をする…というお話。

すみません、自分子供嫌いなもので、全く面白いと思えず…

なんか終始うだうだ子供がなんかやってる描写ばっかりだったので辛かったです。。。

何か事件が起こるわけでもなく…

何か感動的な出来事が待ち受けてるわけでもなく…

なんか淡々とひたすら育児をこなしていくヤンキーくん。

まぁだんだん懐いてくれる過程とか、だんだん成長していってる過程を楽しめればよかったんですかねぇ。。。

子育て経験者とそうじゃない人で、印象がだいぶ違いそうなお話だなーって思いました。

--------------------------------------
☆一応続編?
--------------------------------------
あと、なんか一応「あと少し、もう少し」の登場人物だったんですかね?彼は。。。

読んだはずなのにすっかりわすれてしまっていたのが残念でした。。。

そっちを覚えてればもう少し楽しめたのかも。。。

「君が夏を走らせる」というタイトルの割には、走ってるシーンがあんまり印象に残らなかったです。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【瀬尾 まいこ】 | comments(0) | -

読書記録「コンビニ人間(村田沙耶香)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
村田 沙耶香
文藝春秋
¥ 1,404

【あらすじ】
36歳未婚女性である古倉恵子は、大学卒業後、就職はせず、ひたすら同一店舗でコンビニのバイトを続けてきた。常にコンビニのことを考え続け、食べるものもすべてコンビニ食。だが、年齢がかさむにつれ、自分が普通じゃないことを指摘され…

【感想】
--------------------------------------
☆この人面白い
--------------------------------------
学校を卒業して以来、ずっと同じコンビニでバイトを続けている女性のお話。

友人がつまらなかったー!と言ってたのであんまり期待はしてなかったんですが…

主人公のエキセントリックな感じが個人的にはかなりツボにはまって面白かったです。


小鳥が死んでれば美味しそうだから焼き鳥とか唐揚げにして食べよう!と思い…

喧嘩してる人がいて、「誰か止めて!」と叫んでれば、武器を持って頭を殴打して止めようとし…

ヒステリックに叫んでる人がいれば、ズボンを脱がせて静かにさせようとする…

なかなかの思考回路がやばかったです。面白すぎ彼女(笑)


まぁそんな感じなので、普通とはちょっと違った感性の彼女なんですが…

そんな彼女のコンビニの日常、なかなか興味を惹かれました。

--------------------------------------
☆みんな所詮は人真似?
--------------------------------------
あと、彼女は常日頃から、他人の「真似」をして生きてるんですが…

確かに、行動とか仕草とか喋り方とか、自分の身近にいる人に似てきちゃうってありますよね。

数年ぶりに会ったりして「雰囲気かわったねー」っていうのは、

その人が成長したってのも当然あるんでしょうけど

環境が変わって、周りにいる人が変わったからこそ、

雰囲気が周りの人に似てきちゃったってのがあるのかもしれないですね。

そういう意味では、敢えて自分よりもレベルの高い人の中に身を置いた方がいいってのは

確かに一理あるのかなーとちょっと思いました。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

映画鑑賞記録「ミックス」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
かつて天才卓球少女として名を馳せた富田多満子。彼女は、ごく普通の生活を望み、仕事に励んでいたのであったが、とある失恋をきっかけに、故郷に帰ることにした。ひょんなことがきっかけで、実家の卓球クラブで元プロボクサーの萩原久と出会った彼女は、2人でペアを組んで卓球の試合に出ることにしたのであったが…

【感想】
--------------------------------------
☆弱小チームの活躍
--------------------------------------
恋人にフラレて田舎に舞い戻った主人公と、家族に捨てられた元プロボクサーがタッグを組んで卓球をはじめるというお話。

まぁ経験者の主人公はともかく、未経験のプロボクサーの方がちょっとの練習で

何年もやってきた人に太刀打ちできんの?!って感じではあったんですが…

男女混合ペアである「ミックス」だとエントリー自体が少ないから意外と勝てるらしいですね。なるほど。


ただ、主人公はともかく、最弱とも呼べるメンバーたちが、

練習を重ねて、ちょっとずつ強くなっていく感じはなかなか見ていて励まされました。


不登校で、学校には行ってないけど自分を変えるために卓球をはじめた少年。

試合になると、すぐにお腹がいたくなってまともに試合もしたことがないおじさん。

いい旦那を捕まえて結婚したはいいものの、ストレスがたまっている主婦。


なんかほんと下手くそー!な感じではあるんですが…

必死に頑張って勝とうとしてるのを見るのはなんかいいですねー。

自分もなんかがんばろーと思えた作品でした。

--------------------------------------
☆設定面白い
--------------------------------------
あと、なんか設定がいろいろ面白いなーって感じでした。

ガッキーのお母さんが真木よう子さんだったり(若すぎだろ!)

女子高生時代のコギャルファッションを本人が演じてたり(まだ似合ってたけど)

本物の卓球選手が映画に出演しちゃってたり。

小ネタも割りと散りばめられてた感じがしたので結構楽しい作品だったなーと思ったお話でした。


★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「アウトレイジ最終章」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
権力闘争の末、韓国に逃げることにした大友は、張会長の庇護の下、平和な日々を送っていたのだったが、ある日、韓国にやってきた花菱会の花田と揉めてしまう。部下を殺された張会長と花菱会との関係は悪化し…

【感想】
--------------------------------------
☆男臭いねぇ
--------------------------------------
アウトレイジシリーズの最終章ですね。

例のごとく、前作の内容は忘れたまま見てしまったんですが…

やっぱりなんかすごーく男臭い映画だなーっていうような印象でした。

有名女優さんの出演は皆無で、どっちかっていうと怖めなおじさん俳優さんオンパレードですからね。

しかも役柄はみなさんや○ざさんで。。。

ドスの効いた野太い声で、何じゃワレェ!みたいな張り合いをしてるのはなかなか凄みがありました。。。


--------------------------------------
☆みんな悪いなー
--------------------------------------
で、そうそう、このシリーズの見どころって、たぶん、登場人物たちの駆け引きの部分なんだと思いますが…

今回も、騙し騙され、殺り殺られなドロドロで生々しい展開がすごかったです。。。

ちょっとでも油断すれば形勢逆転はいさようならー♪みたいな。。。

あっちの世界って、親子の絆って何よりも重い!みたいなイメージがあるんですが、

隙あらば蹴落としてやろう、みたいな悪巧みも実はしてたりするもんなんですかね。。。

なかなか、ダークな思惑をお持ちな登場人物たちに、ちょっとお腹いっぱいになりました。。。

※個人的には、あの人が生き残っちゃったのがちょっと解せないなぁ。。。


★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

読書記録「つぼみ(宮下奈都)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
宮下 奈都
光文社
¥ 1,620

【感想】
スコーレNo4に出てくる登場人物たちのスピンオフ作品…らしいです。

スコーレNo4って宮下さんの作品で一番最初に読んだやつで、結構好きだった記憶があるんですが…

例のごとく、すっからかんに忘れてしまったため、読んでもイマイチ登場人物を思い出せず。。。

たぶん、思い出せてたらもっと楽しめてたと思うので、再読してから読めばよかったなーと思った1冊でした。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆晴れた日に生まれたこども
--------------------------------------
自分がお店に行くと、何故かその店に客が集まってくる!という特殊能力を自分は持っていると思い込んでる青年のお話。

実際にその特殊能力を彼が持っているかはさておき…

なんかそんなことを言い張ってる男性…っていうのがなんかほのぼのしますね(笑)

まぁ身内からしたら、いい年して何バカなこといってるんだ!ってなりそうな感じではありますが…

本人は至って一生懸命。

自分はそこで働いて、お客さんいっぱい呼ぶんだ!みたいな考え方、なんか面白かったです。


--------------------------------------
☆なつかしいひと
--------------------------------------
母親が亡くなったことにより、母の実家へ引っ越すことになった少年のお話。

彼はそこで、本好きな女の子と出会うことになるんですが…

なんかちょっと先は読めるものの、いいお話でした。

引っ越した先で、同じ趣味の可愛い子と出会えるなんて、なんかくぅーっ!な感じですよね。

JUGEMテーマ:読書

本 【宮下 奈都】 | comments(0) | -

読書記録「どきどき旅に出るカフェ(近藤史恵)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
OLをしている主人公の元同僚が、会社の近くにカフェを開いた。

でも、そのカフェというのがちょっと変わったカフェで、世界各国のちょっとめずらしい料理を扱っていて…

それでいてかつ、ちょっとした謎も解決できちゃって〜みたいなお話。

自分も最近は、いろんな人に連れられてカフェに行くことも多くなって来たんですが…

なんか珍しいものを食べられたり、のんびりくつろげるカフェってなんかいいですよね。

美味しそうな料理もいっぱい出てきたので、ちょっと行ってみたくなりました。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆月はどこに消えた?
--------------------------------------
8個入っているはずの月餅が、何故か4つしかなかった!というお話。

そもそも月餅自体あんまり食べたことないので、どんなお菓子だっけ?って感じだったんですが…

これって中国のお菓子だったんですね。

しかも、中秋の名月に食べるとよいものなんだとか。。。

お菓子の世界もなんというか奥が深いですね。。。


--------------------------------------
☆おがくずのスイーツ
--------------------------------------
セラドゥーラというスイーツを提供したら、その時から何故か友人の態度が冷たくなった!というお話。

これまたセラドゥーラがなんなのかよくわからなかったんですが…

検索してみたらすごく美味しそうな感じで食べてみたくなりました。

すごく簡単に作れるスイーツらしいんですが…自分にはそうは見えませんでした(笑)

JUGEMテーマ:読書

本 【近藤 史恵】 | comments(0) | -

読書記録「天使は奇跡を希う(七月隆文)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
ある日、僕のクラスに天使が転校してきた。単に天使のように可愛い美少女、というわけではなく、実際に羽根が生えているのだ。どうやら僕にしかその羽根が見えないらしいことがきっかけで、僕は彼女に付きまとわれるようになるのであったが…


【感想】
--------------------------------------
☆天使がいる!
--------------------------------------
僕のクラスには羽根の生えた天使がいる。

しかも、その子は、自分に好意を持っている・・・らしいというお話。

ラブストーリー、とまでは行かないんですが、

ピュアな感じの男女数人の友情がなかなか素敵なお話でした。


何で自分のクラスに天使がいるのか?

何故その羽根は他の人には見えないのか?

何で天使が自分に好意を抱いているのか?

なんかいろんな謎はあるものの、なんかほんわか、まったりした雰囲気が

読んでて心地よかったお話でした。

--------------------------------------
☆今治感満載!
--------------------------------------
あと、このお話は、今治が舞台になってるんですが、

今治でのエピソードがいろいろ詰まってて面白そうだなーって感じでした。

今治って正直言ってどこにあるのかも知らないレベルだったんですが…

瀬戸内海の近くにあるんですねぇ。。。

今治城は今治にあるのは当たり前なんですが…

しまなみ海道も今治にあるらしいので、ちょっと気になりました。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

映画鑑賞記録「亜人」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
交通事故に遭い、瀕死の状態から生き返ったことで亜人として認定されてしまった永井圭。彼は、亜人であるが故に人体実験を繰り返される日々を送ってしまうのであったが、そんな彼を、同じ亜人である佐藤が救出するのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆死んでも生き返る
--------------------------------------
死んでも生き返る、「亜人」のお話。

死んでも勝手に生き返るなら最強じゃん!って感じなんですが…

それが故に、実験台にされて、何度も何度も殺される!!

っていう冒頭のシーンがなかなかえげつなかったです。。。

死んでも生き返るからって、痛みや恐怖心がないわけじゃないし、

ある意味死刑を何度も実行してるシーンだったのでなかなか衝撃的でした。。。


人間じゃないからどんな実験をしても構わない。

まぁ実際にモルモットとかに対してはやってはいるわけで…

その辺を考えてもなんかちょっと複雑な気分になりますね。。。

--------------------------------------
☆戦闘シーンカッコいい
--------------------------------------
まぁそれはさておき…

戦闘シーンは、生き返るだけあってなかなか独特だなーって思いました。

ダメージをいっぱい受けて、死にそうになっても、死なないと回復しないから、ダメージを受けたら自殺する。

何度も何度も何度も何度も自殺するシーンが出て来るので…なかなかグロかったです。。。

あと、「亜人」の相棒?みたいなのも出てくるので、それを交えての戦闘シーンもかっこよかったです。

相棒くんは奇抜な動きをすることができるので、戦闘の幅が広がっておもしろかったですね。


★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「斉木楠雄のΨ難」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
テレポート・テレパシー等、なんでもできてしまう超能力を兼ね備えた高校生、斉木楠雄。彼は、なんでもできちゃうことを理由に人生を謳歌しているかと思いきや、なんでもできてしまうことに憂いを抱えていた。そんなある日、彼は文化祭に参加することになるのであったが…。


【感想】
--------------------------------------
☆おバカ映画
--------------------------------------
天才超能力者、斉木楠雄の日常生活を描いたお話。

予告編を見た時からかなーりおバカな雰囲気が漂って来たんですが…

見てみた感じとしては、やっぱりかなーりおバカな雰囲気でした(笑)

全体的にそのぶっ飛んだ雰囲気のまま突っ切ってくれたので、

すごくおバカ感を楽しめる作品になってたのでよかったかなーって思います。

おバカなハチャメチャコメディが好きな人には楽しめるんじゃないでしょうか??

--------------------------------------
☆個性豊かなキャラで
--------------------------------------
頭がピンクで、頭に何かぶっ刺してるのに、みんな何にも言わないし、

ドラゴンボールの登場人物みたいな頭してる熱血キャラいるし、

中二病という病に犯されて、1人で勝手にあっちの世界にイッちゃってる人もいるし、

元ヤンキーで今はメガネの優等生キャラとかいう謎な人もいるし、

超絶おバカなんだけど、なんか憎めないゆるーいやつもいるし…

個性はキャラが集まっててなかなか楽しい映画でした。

--------------------------------------
☆橋本環奈…濃ゆいキャラだ
--------------------------------------
あと、一押しなのは、やっぱり橋本環奈ちゃんですかね。

見た目は美少女…なんだけど考えてることはなかなかえげつない。

そして、美少女なのに、変顔オンパレードな展開が…なかなかよかったです(笑)

銀魂もそんな感じでしたが、彼女はこういう役がやりたいんですかねぇ?

まぁ清純派でつまらない役柄よりは、ギャップのあるキャラのほうが

彼女に合ってそうな感じがするのでいいですが(笑)


★★★★☆

映画(最近) | comments(0) | -
AMAZON LINK