映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

小説「山手線デス・サーキット(藤ダリオ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
藤 ダリオ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 540

 【あらすじ】
高校生の修平はある日、目を覚ますと山手線の電車に乗っていた。が、何かがおかしい。手は隣の見知らぬ女性と手錠で繋がれており、首には何か首輪のようなものが付けられているのだ。ポケットに入っていた携帯のメッセージによると、彼らはとあるゲームに参加しなくてはならず、そのゲームに負けると死が待っているというのだったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆ゲームみたいなデス・ゲーム
--------------------------------------
友達を人質に取られて、首には爆弾が仕掛けられて、見知らぬ女性とふたりっきりで命をかけたゲームに参加しなくてはならなくなってしまった…っていう話ですね。

ちょっとまぁありえねー!って感じの展開ではありますが、ライバルがいたり、頭脳プレーが炸裂したりで、「ライアーゲーム」とか「カイジ」とかああいった感じの「ゲームっぽい」感じのストーリーになっていてそれなりに楽しめました。

こんな大掛かりな仕掛けを仕込んだのは一体誰なのか。そして、何が目的なのか。

クイズに間違えると人質が一人ずつ殺されるというが、本当に殺されてしまうのか。

何やらいろんな「謎」が満ち溢れててるし、こういう世界観の話、嫌いじゃないので。

でも、こういうのって結末の収束のさせ方が難しいんですよね(^_^;)

意外な真実が明らかに…っていってもなんかあっさり拍子抜けな終わり方してたり。

途中までは結構好きだったので、なんか尻切れトンボ…みたいな終わり方だとやっぱりちょっと残念な感じがしますね。

--------------------------------------
☆山手線が舞台で。
--------------------------------------
で、あと特徴としては、タイトルからもわかるように舞台が「山手線」なんですよね。

なので、●●駅で▲▲をしろ!とか、■■駅で××改札を抜けて○○線に乗り換えろ!とかそういう見覚えのある駅名が出てくるあたりちょっと楽しかったです。

そこまで山手線に詳しいわけじゃないですが、やっぱり知ってる場所が出てくるってのはなんかちょっとうれしいですよね。

関東圏に住んでる人は、ちょっと身近な感じがする展開…かもしれませんね。




JUGEMテーマ:読書
本 【藤 ダリオ】 | comments(0) | -

小説「同葬会(藤ダリオ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
藤 ダリオ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 540

 【あらすじ】
高校時代のテニス部のメンバーで同総会が開かれた。東京に出、皆と再会するのは久しぶりの奈央は、その同総会を素直に喜んでいたのであったが、その同総会の夜、事件は起こってしまうのであった。テニス部のリーダーの哲平が車の中で変死しているのが発見されたのだ。奇妙に思う一同。しかし、奇怪な事件はそれで終わらず、更に犠牲者が現れるのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆仲間が次々と死んでいく…
--------------------------------------
同総会で再会を果たした仲間たちが、次々と謎の死を遂げていく…って話ですね。

まぁよくあるっちゃよくあるパターンではあるんですが…

仲間たちが、次々に病死したり、事故死したり、自殺したりして死んでいくっていう展開なので、だんだん残された人数が減っていくっていう恐怖感と、謎の死の原因はなんなんだろう?っていうワクワク感と、最終的に誰が生き残るのか?それとも、全員死んじゃうのかー!?みたいな先が気になるような感じがなかなか面白かったです。

こういうのって結局のところ、全部呪いのせいでしたー。みんな死んじゃいましたー。で拍子抜けな感じで終わるか、原因を突き止めて、呪いの連鎖を回避できましたー。であっさり終わっちゃうのか、のどっちかに集約されちゃうかと思うんですが、この作品はそれほどあっさりは終わってなかったところが良かったですかね。なんか余韻があるような感じで。まぁホラーなので、人死にまくってるし後味悪いっちゃ悪いんですけど(笑)

何人も人が死んでってワンパターンに陥るかなって思ったけどそんなこともなかったし、文章力があるので、惹きつけられて続きが気になる!ってタイプの作品だったので、ホラーが嫌いじゃない人は読んでみるのもいいかと思います。

最近ちょっと藤ダリオさんお気に入りかもです(笑)

JUGEMテーマ:読書
本 【藤 ダリオ】 | comments(0) | -

小説「出口なし」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
藤 ダリオ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 620
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
 大学生の裕太と由紀は、気がつくと、完全な密室に監禁されていた。中には他に、会社員の男性と、その部下の女性、そして、自殺願望のある男の3人がいたのであったが、裕太たちと同様、何者かによって監禁されてしまったらしい。部屋にはどこにも出口はなく、あるのは1台のパソコンのみ。部屋から出るためには、パソコンを使ってクイズに答えなければならず、間違えた場合には、容赦ない罰が待ち受けていたのであった…。部屋に残された「酸素」も残りわずか。5人は否応なしにクイズに参加することになるのだったが…。

【感想】
 物語の展開とか、クイズを間違えたときの「罰」とかは、現実的にはありえない奇想天外な展開だし、最後まで読んでも、どうしてこんなことが起こったのかとか、犯人たちは一体何者なのかといった、事件の真相にあたる部分は全く触れられていないので、真相が気になっちゃう人には向かないですが(ホラー小説ってみんなそんなもんですかね?)、個人的にはすごく面白かったです。
 密室に監禁されて、「罰」を受けて、どんどん焦っていく心理描写とか、彼らと時を同じくして別の部屋に閉じ込められているらしき「ライバル」たちとの情報交換の駆け引きとか(クイズの答えとかヒントとかを教えてくれるんですが、そこに「嘘」が混じってたりするんです)、「ゲーム」っぽい雰囲気がすごく良かったです。展開的にはちょっと残酷かなーって思わなくもないシーンもいくつかありますが、ホラー小説だし、まぁそこも含めて良かったですかね。ラストに、クイズが終わった後のエピソードも入ってるんですが、そこのオチもなかなかGOODでしたね。
 あと、欲を言えば、この話、「ライバル」側の視点からも書いてくれると面白そうだなぁって思います。書いてくれないかなぁ。

本 【藤 ダリオ】 | comments(0) | -
AMAZON LINK