映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

読書記録「海の見える理髪店(荻原浩)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
確か直木賞受賞作でしたっけ?これ。。。

かなーり久しぶりに読んだ荻原浩作品でした。

久しぶりに読んでみた感じとしては…

荻原浩さんってこんな文学チックなストーリー書く人でしたっけ?って感じでした。。。

正直もっとエンタメ系な話が好きなので、ちょっと物足りなかった作品でした。

あと、「海が見える理髪店」の連作短編集なのかと思ってたんですが

全然関係ない短編集だったんですね。。。

理髪店のお話、もうちょっと読みたかったです。。。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆遠くから来た手紙
--------------------------------------
夫と喧嘩して実家に帰った妻のもとに、謎のメールが届くというお話。

差出人は見知らぬアドレスなものの、文章の内容からするときっと夫からのメール。

でも、中身はなんだかずいぶん古風な文体。

どういう意図があって?っていうストーリーなんですが…

ことの真相は、ちょっと怖いんだけど、ちょっとほっこりするような、なんかいい話だなーと思えたお話でした。

普段は意識しないけど、かつては夫も少年だったし、自分も少女だったし、家族もみんな若かったし…

みんなそれぞれ同じ人なのに、当時とは誰一人同じ人はいない、なんかそんなことも感じさせてくれてお話でした。。。

--------------------------------------
☆成人式
--------------------------------------
かつて亡くなってしまった娘の変わりに両親が成人式に出よう!というお話。

自分は子供がいたことはないし、ましてや亡くしてもいないので彼らの気持ちはわからないですが…

成人式世代の子供からしたら、その親が自分たちに混じって成人式に来てたら、うわっ引く!って感じになる気持ちもわかりますね。。。

ただ、娘を亡くした悲しみを何年たっても忘れられず、まるで時が止まったままの2人が

ようやく前を向いて歩き始められたのかなーってのはなんかいい感じでした。


しかし、成人式とか、ついこないだのような気がするんですが、

既にその倍の年齢が自分に近づいてるっていう現実が恐ろしすぎると感じました。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

読書記録「家族写真(荻原浩)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
荻原 浩
講談社
¥ 1,512

【感想】
家族をテーマにした短篇集ですね。

全体的に、「中年のお父さん」が主人公だったので、若干僕が共感するには早いかなーって話も多かったんですが…

なかなか、世の中のお父さんたちも苦労してるんだねぇって思えるような、そんなエピソードが多かったので面白かったです。

結婚するしない、父親になるならないは別として、やがて自分も「オジサン」にはなるわけで(すでにオジサンだというツッコミはしないでください(笑))

世の中に疎まれて、存在意義のないような、そんなオジサンにだけはならないように気をつけようかなって思いました(^_^;)

(一番身近なはずの家族に疎まれるってのは悲しいですよね。毎日がんばってるのに。。。)


以下、印象的だった短編の感想です。
--------------------------------------
☆磯野波平を探して
--------------------------------------
自分の年齢が磯野波平と同じ54歳!だと気づき、ショックを受けたお父さんのお話。

サザエさんってほんと昔からやっていて、波平なんて、ずっとずぅーっと年上なイメージがあるので、

もし、そんな波平と自分が同い年になってしまったと知ったら…そりゃぁショックを受けますよね。。。

盆栽が好きで、家族を「バカモン!」と怒鳴り散らせるような威厳のある父親である波平さん。

54歳で盆栽が好きで、威厳のあるお父さんなんて、今の世の中どれだけいるのかよくわかりませんが…

波平みたいな親父になるべく奮闘する主人公の姿がユニークでした(笑)

もういい年だからって無理して盆栽を…なんてことはしなくてもいいですよね(笑)

--------------------------------------
☆肉村さん一家176kg
--------------------------------------
家族3人合わせて176kgという、ちょっと太めな家族のお話。

このままじゃいかーん!ということで彼らはダイエットを始めるんですが…

奥さんの上から目線攻撃がユニークで可笑しかったです。

みんなでダイエットしよう!って言ってるのに、そうね、あなたはダイエットした方がいいかもね。みたいな上から目線。

奥さんも明らかに太ってるのに、私は別よね。みたいな感覚。なんということでしょう(笑)

そして、自分はその方法でダイエット成功してないのに、このダイエット方法が効くのよ〜!とばかりにダイエット方法を薦めてくる奥さん。

現実が見えていない…のかもしれないですが、ある意味幸せそうな性格でいいなーと思ったお話でした。
 
JUGEMテーマ:読書

本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

読書記録「花のさくら通り(荻原浩)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【あらすじ】
突然のユニバーサル広告社の移転。それに伴い、そこに属する4人のメンバーたちは、郊外にあるさくら通り商店会にやってくることになったのであったが、そこは、期待していたような素敵な町ではなく、スタバもセブン-イレブンもない、寂れた商店街なのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆ユニバーサル広告社シリーズ
--------------------------------------
「オロロ畑でつかまえて」「なかよし小鳩組」に続くユニバーサル広告社シリーズの3作目ですね。

14年ぶりに復活した新作だそうで、正直なところ前作の内容はすっからかんに忘れてしまってたんですが…

「寂れた商店街の復活」がメインテーマなだけあって、前向きな感じが読んでて心地よかったです。

やっぱり「古き良き伝統」も大事かと思いますが、「時代の変化」に応じて変わっていくことも大事ですよね。

みんなで一丸となって、古いしがらみを断ち切って商店街を変えていこう!という動き、なかなかいいなーって感じでした。

自分も、「今までと同じがいい」なんて保守的な思考の持ち主なので、やっぱり変わらないとダメだよなぁなんてそんなエネルギーを感じさせてもらいました(笑)

--------------------------------------
☆閉鎖的な商店街の運命は?
--------------------------------------
で、そんなこんなな商店街なんですが…

やっぱり人口が減り始めて、商店街の店主たちが高齢化して、どんどんシャッター通り化してる、過疎商店街からすると…

「今までこうやってきたんだから違うやり方なんて認めない」なんて言って、改革を邪魔したり、

「新参者のくせにでしゃばるな!」と余所者を除外したり、

「若造のくせして生意気な!」と世代交代を阻んだり、

なんてことをやっていたら、先細りになるのは間違いないですよねぇ。。。


まぁ自分たちが今までやってきたことを否定されるのは面白く無いって気持ちはよくわかりますが…

そういう「抵抗勢力」をなんとかしないと改革なんて上手く行きっこないんだろうなーってのを感じました。

--------------------------------------
☆お祭り楽しそう
--------------------------------------
あと、感じたのは、お祭りが楽しそう〜ってところですかね。

商売のコツ!みたいなのもところどころ出てきてたりするんですが…

屋台では、作りおきしておいたのをただ店の前に置いておくだけじゃ売れないですが、

お客がいなくても、随時料理を作って美味しそうな匂いを放ったり、敢えて作るスピードを遅くして行列を作らせたり、いろんなテクニックがあったりするもんなんですね。

自分たちが売りたいものを売る!のではなくて、お客さんが欲しがるものを売る。

そういう観点が大事なのかなーと色々感じました。
JUGEMテーマ:読書

本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

読書記録「花のさくら通り(荻原浩)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【あらすじ】
突然のユニバーサル広告社の移転。それに伴い、そこに属する4人のメンバーたちは、郊外にあるさくら通り商店会にやってくることになったのであったが、そこは、期待していたような素敵な町ではなく、スタバもセブン-イレブンもない、寂れた商店街なのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆ユニバーサル広告社シリーズ
--------------------------------------
「オロロ畑でつかまえて」「なかよし小鳩組」に続くユニバーサル広告社シリーズの3作目ですね。

14年ぶりに復活した新作だそうで、正直なところ前作の内容はすっからかんに忘れてしまってたんですが…

「寂れた商店街の復活」がメインテーマなだけあって、前向きな感じが読んでて心地よかったです。

やっぱり「古き良き伝統」も大事かと思いますが、「時代の変化」に応じて変わっていくことも大事ですよね。

みんなで一丸となって、古いしがらみを断ち切って商店街を変えていこう!という動き、なかなかいいなーって感じでした。

自分も、「今までと同じがいい」なんて保守的な思考の持ち主なので、やっぱり変わらないとダメだよなぁなんてそんなエネルギーを感じさせてもらいました(笑)

--------------------------------------
☆閉鎖的な商店街の運命は?
--------------------------------------
で、そんなこんなな商店街なんですが…

やっぱり人口が減り始めて、商店街の店主たちが高齢化して、どんどんシャッター通り化してる、過疎商店街からすると…

「今までこうやってきたんだから違うやり方なんて認めない」なんて言って、改革を邪魔したり、

「新参者のくせにでしゃばるな!」と余所者を除外したり、

「若造のくせして生意気な!」と世代交代を阻んだり、

なんてことをやっていたら、先細りになるのは間違いないですよねぇ。。。


まぁ自分たちが今までやってきたことを否定されるのは面白く無いって気持ちはよくわかりますが…

そういう「抵抗勢力」をなんとかしないと改革なんて上手く行きっこないんだろうなーってのを感じました。

--------------------------------------
☆お祭り楽しそう
--------------------------------------
あと、感じたのは、お祭りが楽しそう〜ってところですかね。

商売のコツ!みたいなのもところどころ出てきてたりするんですが…

屋台では、作りおきしておいたのをただ店の前に置いておくだけじゃ売れないですが、

お客がいなくても、随時料理を作って美味しそうな匂いを放ったり、敢えて作るスピードを遅くして行列を作らせたり、いろんなテクニックがあったりするもんなんですね。

自分たちが売りたいものを売る!のではなくて、お客さんが欲しがるものを売る。

そういう観点が大事なのかなーと色々感じました。
JUGEMテーマ:読書

本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

読書記録「砂の王国(荻原浩)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
荻原 浩
講談社
¥ 1,785

評価:
荻原 浩
講談社
¥ 1,785

 【感想】
なんだかメチャクチャ厚くて読むのが大変そう〜って思ってた荻原浩さんの大作「砂の王国」

何故かブックオフで上下巻で200円で売ってたので買って読んでみました。

宗教モノだってのは知ってたので読むのツラそうだなーって思って読んでたんですが…

続きが気になる展開でグイグイ引き込まれて読んじゃいました(^_^;)

上下巻合わせて約800ページの大作なので、気軽に読める本…とは言い難いですが、なかなか読み応えのある作品で面白かったです。

ホームレスについて、宗教について、いろいろ考えさせられる作品でしたね。

--------------------------------------
☆日本ってある意味残酷な国だよねと
--------------------------------------
まず感じたのは、日本って、一度道を踏み外しちゃった人にはとことん冷たい国だよなぁってところですかね。

もちろん、不正で生活保護なんかもらってぬくぬくと暮らしてる人に対しては非難も仕方ないかなーって思う部分もあるんですが、

そうじゃなくて、仕事も家もなくて、お役所に行っても生活保護ももらえなくて、ホームレスになって落ちぶれていく…って人も中にはいるわけなんですよね。

でも、そういった人たちがいるってことはわかっていても、普通の人は積極的に彼らを支援しよう!って気にはならないような気がするし、行政も積極的にはホームレス対策ってやってないように見える。

今まではどことなくそういうのって自分とは関係ないことだよなぁーなんて思ってた面もあるんですが、一歩間違えれば自分もそういうところに堕ちてしまってもおかしくないのかなってのを感じてちょっと怖くなりました。。。

--------------------------------------
☆占い師のテクニック
--------------------------------------
次に感じたのは、作中に出てくる占い師のテクニックの数々が面白いってところですかね。

基本は事前に相手のことを調べておいて、あたかも真実が見えたかのように振る舞う「ホットリーディング」と

相手の会話や表情から真相を読み取る「コールドリーディング」っていうのがあるらしいですね。

詳しいところは書かないですが、特殊な能力なんか持ってなくても人の心は読めるようになるもんなんだなーってのがわかってちょっと面白かったです。

自分の心を読まれるのはちょっと嫌ですが、他人の心はちょっと読んでみたいですよね(笑)

--------------------------------------
☆宗教が興るとき
--------------------------------------
最後は、新興宗教ってこんな風に始まって、こんな風に広まっていくもんなんだなぁってのが味わえたのが良かったですかね。

最初のうちは、ほんと身内のサークルみたいな和気あいあいなところから始まって、次第にメンバーが増えてきて妄信的な信者が増えてきて、

派閥みたいなのができてきて、どんどん規模が大きくなって、そして…XXXXXXX!!!な感じで。

普通の人がどういう風に新興宗教にはまっていくんだろう?ってのも今まで疑問に思ってたんですが、

普通のおばちゃんとか、普通の学生とかそういうごくごく普通の人たちが信者になっていくサマも緻密に描かれていたので、興味深かったです。

ラストこそちょっと意外な展開になって終わってしまったんですが、そこも含めて宗教ってマジで怖いなーって思えた読み応えのある作品でした。

JUGEMテーマ:読書
本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

読書記録「ひまわり事件(荻原浩)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
隣接する老人ホーム「ひまわり苑」と幼稚園「ひまわり幼稚園」の壁が取り払われた。今後は積極的にお互いに交流を深めていくのだという。しかし、子供たちは普段から老人たちを見慣れていないため怖がり、老人たちも子供たちに慣れていないため騒がしいと感じることが多くなり、当初想定していたようにはなかなかいかないのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆世の中理不尽なことばかり。
--------------------------------------
隣接して経営されていた老人ホーム「ひまわり苑」と幼稚園「ひまわり幼稚園」の壁が取り払われて、老人と園児の交流が始まる…って話ですね。

自分はまだ「老人」なんて年齢じゃないし、「園児」でなくなってから数十年の年月が経過してるので、さすがにどちらかにメチャ共感!ってわけにはいかなかったんですが、

老人にも園児にも、生きにくい時代なんだなぁってのをちょっと感じてしまいました。

老人の方は「経費削減」の煽りを食って、勝手に食事の質を下げられたり、ヘルバーさんの人数を減らされたり、何かあればボケ老人扱いされて老人の「人権」がないがしろにされてる。

園児の方は園児で、「あぶないから」という理由で「ドッヂボール大会」とか「缶けり」ができなくなってしまったり、

「大人の事情」でおゆうぎ会の主役の子を変えられたりセリフを短くさせられてしまったりする。

老人にしろ園児にしろ、あれしちゃだめ!これしちゃだめ!と楽しみをどんどん奪われて、がんじがらめにされている。

そんな生きにくい世の中が現代なのかなぁってのをちょっと感じてしまいました。。。

--------------------------------------
☆園児の視点が面白い
--------------------------------------
あと、物語の視点は老人と園児の視点が交互に繰り返されていくんですが、この「園児」の視点の方がなかなかユニークで面白かったです。

たとえば、老人ホームに初めて行くようになったときは、見慣れないジジババがまるで「妖怪」のように見えて、老人ホームの世界はまさに「妖怪の世界」みたいな感じだとか、

一生懸命に植えたひまわりが気になって気になって仕方ない!とか。

ちょっとだけ、忘れていた幼心を思い出せたような気がして、懐かしい気持ちに浸れた一冊でした。

もう一度、あの頃にもどってはしゃぎまわってみたいなぁ〜。なんちゃって。


本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

小説「オイアウエ漂流記(荻原浩)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
南太平洋上に浮かぶ、ラウラ諸島共和国。トンガからそこに向かう小型飛行機が墜落した。幸い海上に不時着できたため、乗客に死者はいなかったが、日本人乗客ら10名は、小さな無人島で助けを待つことになるのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆無人島サバイバル
--------------------------------------
飛行機が墜落して、無人島に流れ着いて、でも誰も助けに来てくれなくて…っていうような話ですね。

無人島サバイバルの話は割とよくあるような感じはしますが…

この作品は、荻原浩さんらしいというか、悪い登場人物があんまり出てこなくて(嫌な登場人物はいますが)、変な人達が集まってトラブルを巻き起こしながらなんとか生きていくーって感じの軽めなタッチの作品だったので、割と読みやすかったです。

食料も水もなくって、木の実を探したり、魚を食べたり、はたまた●●●●を食べたり、▲▲▲▲を食べたり。

中には想像するとぞっとしちゃったりもするようなものまで食べてたりして、うげー。な感じのシーンもあったりするんですが、無人島で生きるのも楽じゃないって感じが伝わってくるようで良かったんじゃないかなって思います。

--------------------------------------
☆終わり方が…
--------------------------------------
ただ、難があるとすれば、ラストの終わり方ですかね。

ライトな感じだからきっといい感じのハッピーエンドで終わるんだろうなと思いきや…

え?こんな終わり方!?というようなある意味衝撃的な終わり方で(^_^;)

読後感が悪い…とまでは言わない終わり方なんですが、個人的にはなんかものすごくモヤモヤが残る終わり方で残念でした(^_^;)

--------------------------------------
☆無人島で犬は…
--------------------------------------
あと、ちょっと考えさせられたのは「犬」の存在ですかね。

飛行機にペットとして犬が乗っていて、犬も一緒に遭難しちゃったんですが…

水も食料も乏しい無人島で、この「犬」をどうすべきかって論争が巻き起こるんですよね。

ただでさえ貴重な食料を犬に食わせるなんて!みたいな。

むしろ、その犬を食っちゃった方がいいんじゃないか?みたいな。

犬を食べちゃう。なんてのはやっぱり残酷かと思いますが、無人島で食料もなくて...っていう状態だとどうするのがベストなんでしょうかね?

犬も含めて食料を与えて、みんなで餓死するまで耐えるのか。それとも犬も食料にしてしまうのか。

読む機会があったら、この犬の運命にも注目して読んでみるのもいいかもしれません。(ちょっと意外な運命を辿ります。この犬(笑))



JUGEMテーマ:読書
本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

小説「月の上の観覧車(荻原浩)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
日本海側にある小さな故郷を出てから30年。私は、母の住む故郷に帰ることにした。長いトンネルをいくつも越えるうち、私の頭には、故郷に住んでいた頃の思い出と、故郷を出てからの思い出が次々と蘇ってくるのであった…。


【感想】
--------------------------------------
☆ちょっと暗い…かも
--------------------------------------
「苦くて、苦くて、愛おしい8篇」って帯には書いてあったんですが…

確かに、「後悔」をメインに扱った短篇集なので、ちょっと読んでて気分が沈んでくるような…ちょっと重い話が多くて疲れました。。。

過去を振り返るのが悪いってわけじゃないですが、あんまりこういう話を続けて読むと気が滅入ってきますね(^_^;)

なので、ちょっと暗めな話はあんまり好きじゃなかったんですが…ちょっと心に残ったやつだけメモしておきます。


--------------------------------------
☆レシピ
--------------------------------------
自分が長年書きためてきた「レシピノート」を眺めて、昔の思い出を思い出すーって話ですね。

この料理を作ってた頃は、あの彼を付き合っていて、あんなことを話したなぁとか、この料理を作ってたころは、あの人と結婚し始めた頃だったなぁとかそういう回想シーンがなんかほのぼのした感じで良かったです。

日記とか、写真とか、こういう「レシピノート」とか何か形に残しておかないと、「思い出」なんてどんどん忘れていっちゃいますからね。

大事な思い出が記憶の彼方に葬り去られるのは悲しいので、やっぱり少しでも多く、ちょっとした思い出でも、残していきたいって思います。

昔はあんまりこんなこと思わなかったんですが、大人になってからは、こういうことよく考えちゃいますね(^_^;)


--------------------------------------
☆ゴミ屋敷モノクローム
--------------------------------------
こっちはモノが溜まりすぎてゴミ屋敷になってしまった家に住んでるおばあちゃんの話ですね。

近隣住民からの苦情が来て、ゴミ屋敷のゴミを撤去することになっちゃうんですが…

他人から見たら単なる「ゴミ」かもしれないですが、本人からしたら「ゴミじゃない」かもしれないですもんね。

他人が勝手に乗り込んできて、「みんなゴミだから」って勝手に全部処分しちゃうってのは…切なかったです(T_T)

ゴミの中から出てきた「写真」とか「子供服」とか「使い込まれた食器」とか…明らかに「思い出」がこもっていそうなモノが捨てられていくのは読んでて辛いですよ…(T_T)

しかも、出てくるのが「おばあちゃん」ってあたり、実家の母親とか祖母のことを思い浮かべてしまってちょっと涙が…な感じでした(T_T)



JUGEMテーマ:読書
本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

小説「さよなら、そしてこんにちは」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ(ビューティフルライフ)】
 「農園を経営しようと思うんだ」という父親の突然の提案により、田舎に引っ越すことになってしまった朝岡家の父・母・姉・弟の4人。これから新しい人生を始めるんだとばかりに意気揚々としていた父と母に、高校生の姉と中学生の弟は従うしかなかったのだったが、引っ越してみると厳しい現実を目の当たりにすることとなり、次第に家族に不満が募っていくのであった・・・。

【感想】
 働く人を扱った短編集なんですが、全体的にコミカルな感じで笑える感じの作品が多かったので面白かったです。田舎を夢見て旅立って失望する家族とか、テレビの「健康食品」に振り回されるスーパー社員とか、イケメン俳優にお熱を上げるママさんとか、スローライフが売りなのに多忙を極める料理人とか、クリスマスに悩むお坊さんとかなかなか個性豊かな面子がそろって物語を盛り上げてくれ、笑わせてくれるので面白かったです。

  一番共感したのは、健康食品に振り回されるスーパー社員の話。ちょっと前の「あるある・・・」とか「おもいっきり・・・」とか「スパスパ・・・」とか健康食品を扱った番組がブームだったころってありますよね。で、その番組で何かが紹介されると、またたくまに店頭からその食品が売切れてしまうという話。上手くテレビで紹介された食品を仕入れていれば儲かりますが、仕入れていなければブームに取り残されてしまう。時期を見誤ってちょっと遅れて仕入れてしまうと、ブームは既に過ぎ去って、在庫の山を抱えることになる・・・。テレビに振り回されて、あっちに飛びついたり、こっちに飛びついたりする消費者もどうかと思いますが、それに付き合わないといけないスーパーも大変ですよね^^;そんな裏事情がコミカルに描かれていたので面白く読めました。

JUGEMテーマ:読書

本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

小説「千年樹」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
荻原 浩
集英社
¥ 600
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
 とある街に樹齢千年を超えるという御神木のくすの木があった。それは、千年の昔、東下りの国司が妻子を連れて山中に逃げ込んだ際に、幼子がずっと持っていたくすの実がこぼれ落ち、大樹となったものであった。それから千年の間、くすの木は多くの人々を眺めてきた。それは自殺未遂の男子であったり、タイムカプセルを埋めようとしている幼子であったり、戦時中の男児であったり、はたまた江戸時代の武士であったり、農民の娘であったりした。そして、そのくすの木には不思議な力があり、様々な時代の人々の想いが後世へと伝わることもしばしばあったのであった…。

【感想】
 過去の時代と現代の時代(現代といってもやや時代にばらつきはありますが)の2つの時代をリンクさせて展開させるというのはなかなか面白いなって思いました。昔に生きていた登場人物やモノが時代を超えて現代へと反映されてくる話なんですよね。過去があってこそ現在がある。そんなことを考えさせてくれた作品でした。

 ただ、全体的になんか暗い話というかホラーっぽい展開が多かったかなという印象なので、その辺はちょっと残念な感じがしました。はるか昔に亡くなった友人の思い出が、タイムカプセルを通じて現代にやってくる話はなかなか素敵だなとは思いましたが…。
本 【荻原 浩】 | comments(0) | -
AMAZON LINK