映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

読書記録「いろは匂へど(瀧羽麻子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
瀧羽 麻子
幻冬舎
¥ 1,620

【あらすじ】
京都市麩屋町で小さな和食器店を営む紫。彼女は、恋人もいないまま30半ばを迎えていたのであったが、そんな彼女のもとに気になる男性が現れた。50を少し超えた染物師の光山だ。彼女に気があるそぶりを見せつつも、本心が見えない彼。そんな彼の態度に、紫ははまってはいけないと感じつつも、だんだんと彼に惹かれていく自分に気づくのだった・・・。

【感想】
--------------------------------------
☆大人の恋愛小説?
--------------------------------------
京都に住む、アラサー女子が、魅惑の年上男性に惹かれていく、というお話。

たぶん、ジャンルとしては恋愛小説に入るんだろうけど…

好き!嫌い!とかそういうのが前面に出てくるような感じじゃなくて…

友達なのか彼氏なのかわからないけど、いつのまにかあいつのペースに巻き込まれて、気になってしょうがない!っていうような話でした(笑)


自分のこと、好きなのかどうかよくわからないけど、やたらと自分のことを誘ってくるあいつ!

それなのに、自分以外にもいろんな女の子と会ってるらしきあいつ!

好きになっちゃいけない!という自覚はあるものの、逃げようとすればするほど構ってくるあいつ!

そして、逆に連絡がなければ気になって仕方がないあいつ!


こういうの読むと、男女関係って難しい…いや、面倒くさいなーってちょっと思っちゃいますねぇ。

面倒くさい人は好きになりたくないです(笑)

--------------------------------------
☆京風なのがいい感じ
--------------------------------------
あとは、京都が舞台なだけあって、出てくる描写がどことなく優雅なのが読んでて面白かったです。

夜に京都御苑に散歩に行って、大原に野草を摘みに行って、宵山で気分転換して、友禅染をしてる人を知り合って。

京都の人じゃないので、具体的なイメージはあんまり湧かないんですが、なんか東京とは違う!って感じがいいですねー。

(京都の方が読んだらどう感じるのかはわかりませんが(笑))
 
JUGEMテーマ:読書
本 【瀧羽 麻子】 | comments(0) | -

読書記録「晴れのち、ブーケ(瀧羽麻子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【感想】
30歳の男女7人を描いたお話。

30歳といえば、既に結婚して子どもがいる人もいるし、これから結婚!で幸せいっぱい!な人もいるし、

はたまた、結婚の予定なんてなくて夢を追いかけている人もいるし、あるいは、結婚したいけどできなくて焦ってる人もいる。

そんな微妙なお年ごろだってのは、身を持って体験しているのでよくわかってるつもりではあるんですが…

改めてこういうのを読んでみると、皆さんそれぞれ複雑な思いを抱えてるんだなぁって感じで面白かったです。

既婚者は独身者を見て○○ちゃんはいいよねぇみたいな感じを抱いてるし、独身者は既婚者を見て△△ちゃんはいいよねぇなんて思ってたりする。

隣の芝は青く見えるってのはまさにその通りなんでしょうけど、個々の人間の心理って面白いなって感じでした。


以下、出てきた人で興味深かった人の感想書いてみます。
--------------------------------------
☆鈴子の場合
--------------------------------------
友達が次々と結婚し、独身者が少なくなっていく中、焦るわけでもなく、結婚にあまり興味がわかない女性の話。

なんとなーくではあるんですが、僕もこれに近いので結構共感できました(笑)

結婚するしないは個人の自由だといいつつも、やっぱり世間一般的には、結婚してる人の方が多いし、結婚したい人まで含めると結婚に興味がない人はやっぱり少数派。

結婚に興味が湧かないなんてやっぱり自分って変なのかなーなんて思ってみたり、やっぱり結婚しなきゃだめなのかなーなんて悩んでみたり。

何事にもそんなにテンションあがらない感じが僕と似てるかもーなんて思ってしまった鈴子さんでした(笑)


あと、ブーケトスなんて独身者に対する嫌がらせだ!みたいなのも出てくるんですが…

確かに、独身者だけ前に呼び出してブーケを取らせるってのは、見方によっては晒し者にされてるようで嫌ですね(^_^;)

--------------------------------------
☆裕人の場合
--------------------------------------
父が倒れたことにより、急遽実家の旅館を継がなければならなくなってしまった男性の話。

今までは東京に住んでいて、彼女も東京にいるんだけれども、実家に帰るとなると、田舎に帰らなきゃいけない。

付き合ってる彼女のことは好きだけれども、彼女にも仕事を辞めてもらって、田舎に一緒に来てもらえるのだろうか…っていう話。


確かに、こういうシチュエーションになったらかなり悩みそうではありますよね…。

家を取るか、彼女を取るか、みたいな。

もし、彼女も一緒に付いて来てくれるのであれば言うことなしですが…

彼女は彼女で、仕事も今住んでいる場所も捨てて一緒に田舎に引っ込むっていうのはなかなかハードル高そうではありますよね。


こういう事情でお別れすることになるカップルって一体どのくらいいるのかなぁなんて考えてしまいました。

--------------------------------------
☆ゆかりの場合
--------------------------------------
若くして結婚・出産をして、主婦をしている女性の話。

夫婦仲は円満だし、子どもも可愛いし幸せ!のはずなんだけど、ふと周りの女性をみてるとバリバリ仕事をしていてうらやましく思ったり。

自分は毎日子育てで自分の時間なんてないのに、彼女たちは自分でお金を稼いで好きなことにお金を使ってる!

私も結婚しないで働いてたら今頃はきっと!!なんて。


もし…の話なんてしたらきっと埒が明かないんでしょうけど、やっぱり隣の芝生は青く見えちゃうんだろうなーなんて思ったお話でした。

ただ、結婚する人を見て「おめでとう!」じゃなくて「おつかれさま」って思ってしまうんだとしたら、だいぶお疲れな感じですよね(^_^;)

なんか、結婚してる人と結婚してない人で馬が合わなくなるってのはこういうことなのかなーってちょっと思いました。
 
JUGEMテーマ:読書

本 【瀧羽 麻子】 | comments(0) | -

読書記録「株式会社ネバーラ北関東支社(瀧羽麻子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
大企業で働く弥生は、ある日、とある事情から、田舎にある納豆会社「ネバーラ」に転職することにした。今までの会社と全く違ったのんびりとした生活に最初は戸惑う弥生。しかし、そんな生活も次第に馴染んでいくのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆田舎でのんびり働くのもいいよね
--------------------------------------
とある事情を抱えた女性が、田舎で再就職して人生をやり直す〜って話ですね。

田舎の会社での話…だからなのかもしれないですが、全体的にほのぼのとした展開で、読んでて心地良かったです(^^)

例えば、誰かが誕生日だったりしたら、みんなでケーキを買ってきてお祝いしたり、みんなでご飯を食べに行ったり(笑)

同僚なんて単に職場が同じだけで友達でもなんでもない…そういう風に思ってる人からするとウザイだけかもしれないですが、そういう仲良しこよしな感じの会社も微笑ましくていいですね(^^)

同じ職場で働いてる人はみんな仲間だから誰かが困ってたらみんなで助けてあげる。そういう社風ってなんかいいなーって思いました。

--------------------------------------
☆あくせく働くかのんびり働くか
--------------------------------------
あと、都会であくせく働くか、田舎でのんびり働くか…みたいな対比がなかなか面白いなって思いました。

給料が良くて、大きな仕事が任されて、高級な服を着られて、話題のお店にも行ける都会の生活か、

給料は安くて仕事も地味だけどのんびり働けて、自分時間を大事にできる田舎の生活。

どっちを選ぶかってのはやっぱり人それぞれかと思いますが…

僕はどっちかっていうとのんびりな方が好きなので、できるなら後者のような生活の方がいいなーって感じました(^^)

まぁ現実は田舎だからってのんびり働けるとは限らないんでしょうけどね(^_^;)


JUGEMテーマ:読書
本 【瀧羽 麻子】 | comments(0) | -

読書記録「うさぎパン(瀧羽麻子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
高校生になった優子には新しい出会いがたくさん待ち受けていた。ひとつは、クラスメイトになった富田くんとの出会い。彼はパン屋の息子であり、パンが大好きな自分ととっても趣味が合うのだ。もうひとつは、家庭教師の先生として美和ちゃんとの出会い。先生なのに先生らしくない彼女とはすっかり打ち解けて友達のようになってしまったのであったが、そんな彼女にある日意外な出来事が起こるのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆パンがすきな女の子
--------------------------------------
タイトルにもある通りパンがだぁーいすきな女の子の話です。

主人公は焼きたてのパンが好きで、いろんなパン屋さんに行ってみるのが好きで、コンビニのパンなんてパンじゃない!みたいなパン好きな高校生の女の子。

新しくできたボーイフレンドはもちろんパン好きな男の子で、パン屋の息子というおまけつき!

そして、休みの日にはパン屋開拓ツアーみたいなのをやっちゃってふたりで仲睦まじくパンの食べあるきをするような主人公なんですが…

読んでてなんか妙に微笑ましい光景が頭に浮かんでしまってほのぼのしました(笑)

なんかいかにも恋愛小説ーって感じのストーリーではないので盛り上がりに欠ける部分はあるかと思いますが、なかなか読んでて癒されるシーンが多くて良かったですね。

--------------------------------------
☆そして家庭教師の美和ちゃん
--------------------------------------
で、先程のカップルに加えて、いい味出してるキャラクターがいました。家庭教師の美和ちゃんです。

家庭教師の教師と生徒の関係って、先生と生徒の関係で、それ以上にはあんまりならないような気がするんですが…

ふたりは妙に意気投合しちゃって、お互いの彼氏を連れてきてダブルデートとかしちゃうんですよね(^_^;)

さすがに教え子カップルと一緒にダブルデートするなんてそれはちょっとおかしいだろ!って思わなくもなかったんですが…

そのダブルデートの様子も妙にほのぼのしてて良かったです(^_^;)

なんかどんなときでもほのぼの癒し系オーラが出てる人っていいですよね。

僕もそういう人になりたいなーって思ってしまいました。


全体としてはそんなに盛り上がる感じの話じゃないですが、ほんわかした雰囲気がいい作品だなって思いました。


JUGEMテーマ:読書
本 【瀧羽 麻子】 | comments(0) | -
AMAZON LINK