映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

読書記録「江ノ島西浦写真館(三上延)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
ビブリア古書堂シリーズの三上延さんが贈る、写真を巡るストーリー。

ビブリアシリーズしか読んだことなかったので、新作、どんなもんかなーと思ったんですが…

意外と新作も面白かったです。

「写真」を巡るミステリー、意外と奥が深くてグイグイ読めました。

「古書」とは違って、結構プライベートなものなので、

「雑学」チックなネタはちょっと少なくなったかなーと思いつつ…

1枚の写真からわかる「真実」を巡るお話、面白かったです。

シリーズ化されるのかはわからないですが、続編も読みたいなーと思った作品でした。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆第一話
--------------------------------------
明らかに撮影された年代が違うのに、同一人物らしき人物が映っている3枚の写真のお話。

2枚は父と息子らしいが、もう1枚に映っているのはその親族ではないという。

一体それはどういうことなのか!?というストーリーなんですが…

なんかすごい「歴史」を感じる展開で面白かったです。

祖父母がいて、父母がいるからこそ自分がいる。

そして、祖父母が若かった時代、父母が若かった時代、そして自分の時代は全くちがう。

そういう家族の記録が残ってるのってのもなんかいいなーと思ったお話でした。

--------------------------------------
☆第二話
--------------------------------------
何気ない気持ちでSNSにアップした写真。それがきっかけでネットに拡散されてしまい炎上してしまった。

公開範囲は友人のみだったから、友人の誰かが犯人なはずだが…というお話。

このお話、真実はちょっと嫌〜な感じだったのが物悲しかったんですが…

まぁ結構そういうのありそう!って感じでした。

こういう被害を防ぐには、人物を撮った写真をアップしないってのがベストなんですかね。やっぱり。

「他人が撮った写真」に気をつけるってのはなかなか難しいもんではありますが。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「あなたのゼイ肉、落とします(垣谷美雨)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

JUGEMテーマ:読書

 

【感想】
とある著名なダイエット本作家が、ちょっぴり太め(?)で悩んでいる

少年・少女・若者・中年・老人たちのためにダイエット指南をするというお話。

タイトルからしてわかるかと思いますが…

コメディタッチで読みやすいので面白かったです。

単純に、痩せるには、運動しなさい!ダイエットしなさい!ってだけじゃないのがいいですね。

「心のゼイ肉も落とします」っていう話なので、心理的にもダイエットできるというお話でした。

まぁ心に余裕がなくて、ストレスが溜まってるからこそ、暴飲暴食で太ったりとかありますもんね。

ダイエットするにはまずは心から、そんなのがしっくりくるお話でした。


あと、この本、カバーもかけずに電車の中で読んでたんですが…

正直誰かに見られると恥ずかしいですね。このタイトルは(笑)


以下、印象的だったお話です。
--------------------------------------
☆錦小路小菊18歳
--------------------------------------
由緒ある元華族の家柄に住むお嬢様のお話。

…といっても今は没落してしまって、貧乏生活。

なので、自分で安くて美味しいものを作ってはたくさん食べてしまって

18歳の若さでぶくぶくに太ってしまったというお話。

箱入り娘で常に親の言いなりだった彼女が変わっていく展開が素敵でした。

--------------------------------------
☆前田悠太10歳
--------------------------------------
太っているが故にいじめられてしまい、友達がいない男の子のお話。

ある日、ゴミの中にダイエット本が捨てられているのを拾ったことがきっかけで

彼の人生がだんだん変わっていく!っていうストーリーなんですが…

思った以上にハートウォーミングな展開が読んでて心地よかったです。

友達ゼロ人で寂しい。。。って状態から

色な知り合いとか友達とかが増えていくのってなんかいいですね。

上手くいきすぎな感じがしなくもないですが、読んでてほっこりするいいお話でした。


 

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「かがみの孤城(辻村深月)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
辻村 深月
ポプラ社
¥ 1,944

【あらすじ】
とある事件がきっかけで不登校になってしまった中学生のこころ。彼女は、ある日、自宅の鏡が光っていることに気づく。ふと鏡に触ってみると、そこにはファンタジーの世界のような孤城が立っており…


【感想】
--------------------------------------
☆「孤城」という居場所
--------------------------------------
不登校になってしまった少女が、光る鏡に触れたところ、見たこともない孤城に迷い出た。

そして、そこには、彼女と同じように、学校に行けない少年少女が集まっていた…というお話。

「いじめ」「不登校」というキーワードが冒頭から出てくるので、

雰囲気的にはちょっと重め〜な感じがしなくもなかったですが…

「孤城」の中で似たような境遇の子たちと出会い、

だんだん仲良くなっていく展開が読んでて心地よかったです。

学校だけが自分の世界じゃないですもんね。

ひとりで家でじっとして引きこもってるっていうならなんか可哀想ですが…

「自分の居場所」がちゃんとあるなら、せめてもの救いになるんだろうなーって感じでした。

--------------------------------------
☆気になる真実!
--------------------------------------
で、そんなこんなな孤城と、そこに集められた少年少女たちなんですが…

ただなんとなくまったり時が過ぎていくだけなのかなーと思いきや…

そこはさすがの辻村さん、そうは問屋がおろしません!って展開がよかったです。

孤城の謎、集められた少年少女たちの謎、孤城の主の謎。

いろんな謎がエンディングに向けてちゃんと収束していってくれる感じがすごくよかったです。

ジャンルとしてはミステリーではないんだろうけど、

そうだったのか!みたいな意外な展開、読んでて面白かったです。


中学生たちが主人公で、たぶんターゲットとしては中高生くらいの子たちなんだろうなーとは思うんですが…

すごく面白かったのでいろんな人に読んで欲しいなーと思いました。

あと、映画化して欲しいですね!

出て来るのが中学生ってなると、配役はなかなか大変そうですが。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「よるのばけもの(住野よる)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
夜になると、なぜか「ばけもの」になるようになってしまった僕。みんなにバレないように、教室に行くと、そこには、クラスメイトである彼女がいたのだった…。

【感想】
--------------------------------------
☆なかなか重いお話
--------------------------------------
夜になるとなぜか6本足で8個の目玉のある「ばけもの」に変身してしまうようになってしまった少年のお話。

まぁなんかそれだけでも普通の人なら悩みのタネ…っていうか苦悩するかと思いますが…

夜はばけもの、昼は同級生に対する「いじめ」で悩み…ってのがなかなか重かったです。。。

「君の膵臓を食べたい」もラストあたりはちょっと重かったんですが、こっちもなかなか重いですね。。。


同級生がいじめられている。

どう考えても間違っていることだから、できることなら辞めさせたい。

でも、そんなことをしたら今度は自分がターゲットになる。

だから、無視する。

だから、悪口をいう。。

だから、いじめに加担する。。。


やりたくないのに、無理矢理いじめに加担させられる。。。

彼もまたいじめの被害者なのかなーと思ったお話でした。。。

でもまぁいじめられてる人からすると、どちらも加害者なんでしょうけど。。。

いじめ問題、難しいですね。。。


--------------------------------------
☆謎はどうなった。。。
--------------------------------------
あと、この作品、いろいろ「謎」が散りばめられてるんですが…

そこら辺があんまり回収されないまま(?)終わっちゃったのがちょっと残念ですかねぇ。。

○○さんは、なぜ夜中にあんなところにいるのか。

○○さんは、なぜ自由に出入りできるのか。

○○さんは、△△さんになぜあんなことをしたのか。

○○さんは、✕✕事件の犯人じゃないのか。。

明確な真相は明らかにならなかった(と思うので)そこら辺気になりました。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「四月になれば彼女は(川村元気)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
かつて付き合っていた彼女から手紙が届いた。彼女は今、海外にいるのだという。そんな僕は今、好きなのかどうかわからない相手と結婚することになっていたのだったが…。


【感想】
--------------------------------------
☆なんだかよくわからない。。。
--------------------------------------
現在の彼女と、過去の彼女を巡るお話。

なんだかストーリー的にはイマイチ盛り上がりに欠ける作品だったなーって印象なんですが…

ところどころの描写はなんか素敵な雰囲気でした。

ストーリーよりも描写を楽しむ作品なんでしょうか?これは。。。


元カノが旅をしているという外国の描写。

元カノが好きだったというものの描写。

元カノと交流があった人の描写。


否が応でも時間が過ぎ去っていく。

あの頃自分はあんなことを考え、こんなことをし、そんなことを体験したんだ。

なんかそういう思い出を「写真」や「手紙」として残しておくのもなんかいいなと感じたお話でした。


あと、結局のところ、元カノのことも今カノのことも、

主人公はあんまり好きじゃなかったのかなぁなんて感じたお話でした。

(自分も熱量高くならないので、そんな感じかもしれないけど)

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「我ら荒野の七重奏(加納朋子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
「7人の敵がいる」の続編ですね。

前作は子供が小学生に入ってからのお話だったんですが…

時は経ち、今度は中学受験〜中学生になってからのお話になってます。

小学生高学年や中学生になれば、もう子供もだいぶ自立して、そんなに手間もかからないのかなーと思いきや…

「中学受験」に「吹奏楽部の親の会」と、まだまだ親の苦労は続く!!って感じのストーリー

なかなか読み応えがあって面白かったです。

自分が子供の頃にはなんとも思ってなかったですが、やっぱり親も苦労してたんですね。。。


以下、印象的だったお話です。
--------------------------------------
☆独奏(ソロ)
--------------------------------------
息子の中学受験のお話。

中学受験なんだから、6年生になってから勉強頑張れば充分。と僕もまぁ思ってたわけなんですが…

中学受験って、5年生は当たり前、4年生とかからやらないとダメなもんなんですね。。。

しかも、普通に学校の成績がいいだけで合格できないのは常識。

学校を休んででも塾に行かなきゃ!ってのは大変だなーって感じでした。。。

しかし、学校を休んでまで…とかなるとなんかほんとに本末転倒な感じはしますよね。。。

--------------------------------------
☆二重奏(デュオ)
--------------------------------------
中学に入学し、吹奏楽部に入ってからのお話。

子供ももう中学生なんだから、少しは手を離れるかと思いきや…

「吹奏楽部」は「親」が超大事!ってのがしみじみ感じられるお話でした。

楽器そのものは学校が用意してくれるからまぁ買う必要はないとしても…

日常の消耗品とかの費用はかかるし、演奏会の場所も準備したりしないといけないし、

本番となれば、楽器の移動も車を用意して手伝ってあげなきゃいけないんですね。。。

そして、極めつけは、会場予約のための場所取り。

さすがにこれは大げさに書いてるのかなー?とも思えたんですが、

会場の予約を取るために、何日も前から交代で親たちが並び続けるってすさまじいなーって感じでした。。。

吹奏楽部親の会、おそるべし。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「分かれ道ノストラダムス(深緑野分)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
1999年の7月、人類は滅亡するとされたノストラダムスの大予言。そんな予言の期日が間近に迫ったある日、高校生のあさぎは、2年前に急逝した友人の日記を譲り受ける。彼は何故死んでしまったのか。死なない方法があったんじゃないのか。彼女は彼の軌跡を振り返ってみることにしたのだったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆懐かしい1999年
--------------------------------------
時は1999年。ノストラダムスの予言が世間を賑わせていたころの少年少女たちのお話。

このお話、主人公が高校生だったんですが…

まさしく自分も当時高校生だったので、懐かしい雰囲気に浸りつつ読むことができました。

女子高生のファッションはルーズソックスだし、流行りの音楽はビジュアル系に宇多田ヒカル。

音楽はCDコンポで聞いていたし、携帯電話もスマホじゃなくてガラケー、パズルゲームはぷよぷよ。

まぁいまと比べてそこまで大幅な違いはないとは思うんですが…

細かいところに出てくる固有名詞は、なかなか当時を思い出させてくれて懐かしかったです。

それに、そうそう、ノストラダムス自体最近は聞かなくなりましたよねー。

最近の若い人たちはノストラダムスって知ってるんでしょうか??

--------------------------------------
☆意外とサスペンス
--------------------------------------
まぁそんなこんなな時代のお話ではあるんですが…

途中からすごいサスペンス風味な展開になっていったのがびっくりでした。

なんかノストラダムス関連の宗教に巻き込まれて大変なことになっちゃうんですよねぇ。。。

得体の知れない誰かに襲われたり、誘拐されそうになったり。。。

果たしてノストラダムスの予言は的中するのか!?はもう分かってはいますが…

彼女たちがどうなっちゃうのか、なかなかハラハラドキドキに読めたお話でした。

深緑野分さんの長編初読みだったんですがなかなか面白いですね。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「分かれ道ノストラダムス(深緑野分)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
1999年の7月、人類は滅亡するとされたノストラダムスの大予言。そんな予言の期日が間近に迫ったある日、高校生のあさぎは、2年前に急逝した友人の日記を譲り受ける。彼は何故死んでしまったのか。死なない方法があったんじゃないのか。彼女は彼の軌跡を振り返ってみることにしたのだったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆懐かしい1999年
--------------------------------------
時は1999年。ノストラダムスの予言が世間を賑わせていたころの少年少女たちのお話。

このお話、主人公が高校生だったんですが…

まさしく自分も当時高校生だったので、懐かしい雰囲気に浸りつつ読むことができました。

女子高生のファッションはルーズソックスだし、流行りの音楽はビジュアル系に宇多田ヒカル。

音楽はCDコンポで聞いていたし、携帯電話もスマホじゃなくてガラケー、パズルゲームはぷよぷよ。

まぁいまと比べてそこまで大幅な違いはないとは思うんですが…

細かいところに出てくる固有名詞は、なかなか当時を思い出させてくれて懐かしかったです。

それに、そうそう、ノストラダムス自体最近は聞かなくなりましたよねー。

最近の若い人たちはノストラダムスって知ってるんでしょうか??

--------------------------------------
☆意外とサスペンス
--------------------------------------
まぁそんなこんなな時代のお話ではあるんですが…

途中からすごいサスペンス風味な展開になっていったのがびっくりでした。

なんかノストラダムス関連の宗教に巻き込まれて大変なことになっちゃうんですよねぇ。。。

得体の知れない誰かに襲われたり、誘拐されそうになったり。。。

果たしてノストラダムスの予言は的中するのか!?はもう分かってはいますが…

彼女たちがどうなっちゃうのか、なかなかハラハラドキドキに読めたお話でした。

深緑野分さんの長編初読みだったんですがなかなか面白いですね。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「か「」く「」し「」ご「」と「(住野よる)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
高校のクラスメイト5人組による青春小説ですね。

コテコテのラブストーリーなのかと思いきや…

それぞれ人間関係の悩みを抱えた初々しい少年・少女たちの群像劇が読んでて心地よかったです。

それぞれ恋心を心に秘めつつも、それは行動に移せない、なんかくぅーって感じでいいですね!(笑)

あと、それぞれ、人には言えない特殊能力を持ってるってのも面白かったです。

みんなそんな特殊能力あるなら、あの人の気持ちわかるでしょー?って感じなんですが…

みなさんそれぞれ鈍いようで、特殊能力持ってるのに誤解しまくりな感じ、それまた面白かったです。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆か、く。し!ご?と
--------------------------------------
他人の感情が「!」とか「?」という記号で見える少年のお話。

まぁ「!」とか「?」は見えなくてもある程度は表情を見ればわかるのであんまり意味のない能力かもしれないですが…

ポーカーフェースで何を考えてるのかよくわからない人には有効そうですね(笑)

ただ、逆に下手に感情が読めるせいで他人に気を使いすぎてるのがちょっと大変だなーって思えた少年くんでした。

あと、このお話、ちょっとミステリー風味にできてるのが印象的でした。

普通に読んでたらミスリードさせられちゃいますねー。

--------------------------------------
☆か1く2し3ご4と
--------------------------------------
他人の心臓の鼓動を読める少女のお話。

あっ、この人私といるときドキドキしてるー!ってわかっちゃう能力なので、なんだかうれしいようなうれしくないような…うーんな感じの能力ですね(^_^;)

ちなみに、この能力の持ち主の女の子、自分の気持ちを悟られないために、常に道化を演じてるんですが…

いつも元気で明るいキャラクターの人の中にも、実は演じてるだけの人もいるのかなーとちょっと思ってしまいました。。。

素で明るいならいいんですけど、無理して明るく振る舞ってるのはちょっと可哀想ですね。。。

で、この女の子、1人だけいつも鼓動が変わらない男の子のことが気になっちゃうんですが…

彼が誰のことを好きなのか、これまたミステリーな感じがなかなかよかったなーって感じのお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「はるなつふゆと七福神(賽助)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
ディスカヴァー・トゥエンティワン
---

【あらすじ】
突然の会社のクビにより途方に暮れていた榛名都冬(はるなつふゆ)。そんな彼女は、ある日、家に小さい老人たちがいることに気づく。福禄寿と寿老人と名乗る彼らはまさかの七福神であり…。

【感想】
--------------------------------------
☆七福神いっぱい!
--------------------------------------
ひょんなことから無職になってしまった榛名都冬のもとに、次々と七福神が現れるというお話。

自分もなんだかんだで七福神巡りは結構してたりもするんですが…

布袋尊とか、弁財天とか、恵比寿さま、大黒さま、毘沙門天なら知ってるんですが

意外と、他の所属しているメンバーのことは認識してなかったので

こういう人たちがいるんだーってのを改めて実感できてなかなか楽しいお話でした。

特に、寿老人と福禄寿の2人は…確かに知名度は低そうですよね(^_^;)

知名度が低いのをなんとかしたいっ!ってブログを始めちゃうあたりなんか可愛かったです(笑)

ちなみに、場所によって七福神ってメンバーが違うんですね…

あと、場所によって吉祥天がいたりいなかったりするのも初めて知りました。。。

七福神って正式にメンバーが決まってるわけじゃないんですね。。。

--------------------------------------
☆意外とスリリングな展開へ
--------------------------------------
あと、序盤は割りとのほほんとした展開だったんですが…

後半になるにつれてなんか意外な展開になっていくのがびっくりでした。

まさかのバトルモノ!?みたいな(笑)

なんかちょっと展開についていけなかったのが残念だったんですが…

全体的には結構好きな雰囲気のお話だったのがよかったなーって思った作品でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -
AMAZON LINK