映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

読書記録「セブン(乾くるみ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
乾 くるみ
角川春樹事務所
¥ 1,620

【感想】
乾くるみさんが送る、「7」をテーマにした短篇集ですね。

ジャンルとしては、ミステリーありの、SFありの、恋愛もの(?)ありので、バラエティに富んでいたんですが…

なかなか読み応えがあるものが揃っていたので楽しめました。

若干話を理解するのが難しかった話もありましたが、まぁそれも一興ですかねー。


以下、印象的だった短編の感想です。
--------------------------------------
☆ラッキーセブン
--------------------------------------
女子高生たちが、「死のゲーム」を繰り広げるというお話。

話がややこしいので、ルールは割愛しますが…

最近カードゲームとかよくやってる自分からするとなかなか興味深いテーマでした。

自分はこのカードを持っていて、残りのカードはあれとあれとあれだから、おそらくあれを出せば勝てるはず!

でも、相手がこう考えたならこれを出したら負けで、そう考えると、こっちを出せば勝てるはず!

とかとか、相手の裏の裏の裏をかいて…なんてややこしいやりとりが難しかったです(笑)

文章でルールとかを理解するのって難しいですね(^_^;)


--------------------------------------
☆TLP49
--------------------------------------
自分に命の危険が訪れると、「7分後」「14分後」「21分後」「28分後」「35分後」「42分後」「49分後」の時間が入れ替わって自分に訪れる、というお話。

例えば、突然21分後の未来に飛んだかと思えば、お次は42分後で、その次は7分後で…っていうような感じで。

「今現在」は何も起こってないのに、「21分後」は何者かに追われて逃げていたり、「7分後」だと何かの兆候が現れていたり。

未来の自分は何故逃げているのか?

一体何が起こったのか?

未来の自分を無事に逃がすためには、その前の自分は何をすればいいのか?

ちょっとしたパズルを解いているような、なかなか楽しい作品でした。

--------------------------------------
☆木曜の女
--------------------------------------
月火水木金土日、それぞれに別の女の元を訪れる、プレイボーイのお話。

ある曜日は清楚なお嬢様。またある曜日は強気な女王様。またある曜日は自分に尽くしてくれる愛しい女の子。

こんなに女の子とっかえひっかえでよく疲れないなーと思って読んでたんですが…

ラストは意外な終わり方だったのがちょっとビックリでした。

乾くるみさんらしい終わり方と言えばらしい終わり方なのかもーと思った作品でした。
 
JUGEMテーマ:読書
本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -

読書記録「北乃杜高校探偵部(乾くるみ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【感想】
北乃杜高校探偵部の5人組が、学校で遭遇した謎を解決していくというミステリですね。

学園ミステリって結構好きなジャンルなので、この作品も結構期待して読んでしまったんですが…

個人的には、なんか主要メンバーのキャラがあんまり立っていなくて陰が薄い人が何人かいたのが残念でした(^_^;)

扱ってる内容はそれなりに面白かったので、主人公は無理に5人にしなくても…ってちょっと思っちゃますね。。。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆記録された殺人の予告
--------------------------------------
修学旅行中アップされたブログに殺人予告がされていた!というお話。

ブログにアップできるのは、その学校関係者の誰かのみ。

犯人は生徒なのか教師なのか。また、殺人対象は誰なのか。

修学旅行中に殺人事件!?というちょっと変わった展開なので、そこら辺は結構わくわくして読めました。

あのときあんなことしてたからあの子が怪しい!とか、あの先生が怪しい!とか。

ただ、逆にそんな調査をしてるから、探偵部の子たちも逆にちょっと怪しかったり(笑)

最後はちょっと拍子抜けするような終わり方をしちゃったのが残念だったんですが、扱ってる雰囲気としては割と好きだったなーと思ったお話でした。

--------------------------------------
☆贈る言葉
--------------------------------------
卒業間近のある日、教師に対する悪意のこもったチェーンメールが送られてきた!というお話。

具体的には、美人教師の歯に矯正器具をつけたアイコラ画像が回ってきて…という感じ。

僕も有名人のアイコラとかならたまに見ちゃったりするんですが…

身近な人が対象でそういうことをされていると思うと、なんだかいい気持ちはしませんね。。。

こちらも、ラストはやや拍子抜けするような感じだったんですが、上手くまとめてる感じがよかったかなって思いました。
JUGEMテーマ:読書
本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -

読書記録「カラット探偵事務所の事件簿2(乾くるみ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【感想】
謎解き専門の探偵事務所が舞台のシリーズ第二弾ですね。

前作は割と日常の謎っぽい感じの謎解きが多かったんですが、今作も日焼けの謎とか、秘伝のソースの謎とか割と変なテーマが多くて面白かったです(笑)

殺人事件とかは起こらないので、気軽に読めるところがいいですね。

で、結末はやっぱり結構意外なオチ。

馬鹿馬鹿しい…と思ってしまう結末もいくつかありましたが、まぁこれはこれでありかなって思いました(笑)


--------------------------------------
☆小麦色の誘惑
--------------------------------------
男女6人の若者が部屋に集まり、そのうちのひとりがバルコニーで眠ってしまったところ、起きてみたら、腕にハートマークの跡が残っていた。

誰かが自分にこっそりと愛の告白をしてきたのかもしれない。そう思った少年は、相手が誰なのかを探偵に依頼してきた…って話ですね。

腕にハートマークがついていたからって、「これはきっとただのいたずらじゃない!」って思ってしまうあたりなかなか脳天気な少年でいいキャラしてるなーって思ってしまったんですが…

結末もちょっと意外な展開で面白かったです。がんばれ青少年!って感じですね(笑)

--------------------------------------
☆幻の深海生物
--------------------------------------
ネットのブログに載っていたクイズの答えがわからないから、探偵に答えを解いて欲しいっていう話ですね。

でも、ブログは既に削除されてしまっていて書いた人には連絡が取れないし、どこの誰かもわからない。

…けど書いた人がどこに住んでるかを推理してその人に会って答えを聞いてこよう!みたいな無謀な挑戦がなかなかユニークでした(^_^;)

もちろん、名探偵さんは見事に答えに辿り着くんですが…ちょっと上手く出来過ぎな気がしなくもないですかね(^_^;)

--------------------------------------
☆一子相伝の味
--------------------------------------
代々続いた秘伝のソースの作り方が、主が死んでしまってわからなくなってしまったから何とかして欲しいっていう話ですね。

これまたなかなかのムチャぶりな感じがしなくもないですが…さらりと解決しちゃうあたりがさすがでした(笑)

意外な真実がそんなところに!!みたいな展開がなかなか良かったですね。


JUGEMテーマ:読書


本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -

読書記録「六つの手掛り(乾くるみ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【感想】
見た目チャップリンなおじさんが、密室殺人とかの謎を解くっていう話ですね。

本格ミステリなので、動機とか状況とかそういうのは結構ありえんだろ!ってツッコミ入れたくなるような感じになってますが…

謎解き事態はなかなか凝っていたので面白かったです。

で、以下、印象的な短編の感想を…

と思ったんですが、本格ミステリの短編の感想を個々に書こうとしたら難しいですね。。。

ちょっと別の視点から感想を書いてみます。


--------------------------------------
☆マジックできる人ってなんかいいよね
--------------------------------------
本編とはあんまり関係ないんですが…主人公がマジシャン(?)なのでマジックの話を(笑)

プロのマジシャンとして食べていくのは正直いってかなり厳しいかと思うんですが…

ちょっとした特技としてマジックができたりしたらなんか楽しそうだなーってのを思いました(^^)

ジャグリングとかカードの透視とか。

きっと相当苦労しないとできるようにはならないのかもしれないですが…

ちょっとしたマジック程度ならちょっと習ってみたいですよね。

ジャグリングで自由自在にボールを操れたらなんか気持ちよさそうです(^^)


--------------------------------------
☆事件大好き林四兄弟
--------------------------------------
この作品の主人公でチャップリンにそっくりな「林茶父」さん。

実は彼の兄弟が別の作品に出ている!という、知る人ぞ知る裏設定がなかなかユニークで良かったです。

本編の方には全く絡んでこないので、知らなくても全然困ることはないんですが…

彼の2人の弟が『蒼林堂古書店へようこそ』と『林真紅郎と5つの謎』にそれぞれ主人公として登場してるんですよね(笑)

3つのミステリ短篇集があって、その探偵役がそれぞれ林四兄弟の誰か。

それぞれ今後シリーズ化していくのかどうかはよくわからないですが、最終的に4兄弟共演の探偵バトルみたいな感じになったら面白そうだなーってのを感じました。




本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -

読書記録「スリープ(乾くるみ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
中学生でありながら人気番組のレポーターを勤める羽鳥亜里沙は、ある日、つくば市内にある、冷凍睡眠装置の取材に行くことになった。極秘の研究をしている施設なだけあり、警備が厳重なその施設に緊張する亜里沙。しかし、そんな亜里沙は、ふとしたことから立入禁止の部屋に紛れ込んでしまい、見てはいけないものを見てしまうのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆気がつけば未来に…
--------------------------------------
極秘研究施設で冷凍保存されてしまって、気がつけば30年後だった…っていう話ですね(^_^;)

タイムマシンに乗って、気軽に未来に行ったり、過去に行ったりできるのであれば、ちょっと行ってみたい気もしますが…

未来に行けるって言っても、30年も冷凍保存されて、過去には二度と戻れない。

そんな内容だったら、「未来に行ける!」って言ってもちょっとためらっちゃいますよね(^_^;)

何十年も経ったら、両親祖父母は既に他界してるかもしれないし、同い年のだったはずの友人は30歳も老けたおじさんおばさん(おじいちゃんおばあちゃん?)になってしまっている。

30年分の知識も自分にはないから、見た目だけは若くても、現代人と比べて著しく流行に遅れている。

なんか、未来に行けたはいいものの、生きてくにはものすごーく苦労しそうな感じがヒシヒシと伝わって来ました(^_^;)

未来に行ってしまった主人公がどのような運命を辿るのかは、読んでくださいってことにしておきますが、自分の意図しない生き方をさせられてしまった主人公がちょっと可哀想でしたね。

--------------------------------------
☆30年後ってどんな世界だろう
--------------------------------------
で、気になったのは未来の描写ですかね。

さすがに作者も未来人ではないので、想像で30年後の未来を描いたんでしょうが…

いくつかユニークな道具とかが登場してたのが面白かったです。

たとえば「マスキン」。

人の皮膚でできたマスクで、これをかぶることにより別人の顔になれる…っていう道具なんですけど…

これが実際に発明されたら、お化粧とかは全く必要なくなっちゃいますよね。

理想の顔の皮をかぶればいいだけなので(笑)

ただ、みんながみんな自分の本当の顔じゃない皮をかぶって外を歩いてるっていうのもなんか変な感じだなーって思いました。

あとは、瞬乾装置。

これがあると、ずぶ濡れの服も一瞬で乾くんだとか。

超強力なシャワールームみたいなのがあって、そこで服にシャワーを浴びせて、瞬乾装置で乾かすだけで洗濯終了。

なんかものすごく洗濯が楽チンそうだったので、ズボラな自分には必須なアイテムだなって思いました(笑)


JUGEMテーマ:読書
本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -

小説「匣の中(乾くるみ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
探偵小説愛好家のグループの一員である伍黄零無が、謎の失踪を遂げた。いわゆる密室状態で姿を消したのだ。入口は一箇所しかなく、その入口に別のメンバーがおり、直前まで本人と会話をしていたというのだからとにかくおかしい。一体どういうことかと考えるグループの面々。しかし、事件はそれだけでは終わらず、その後、メンバーが次々と謎の死を迎えていくという事態に発展していくのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆本格ミステリ…?
--------------------------------------
「イニシエーション・ラブ」「リピート」で乾さんにはまって、色々読んできたんですが…

色々読むにつれて、どんどん読むのが苦痛になっていくというなんか謎な作家さんです(笑)

それぞれインパクトのある作品を生み出してきて、存在感は強いんですが…

逆になんか好き嫌いがはっきり別れそうな作品が多いんですよね(^_^;)

この作品もちょっと受け入れがたいレベルの内容でした(^_^;)

一部のファンには絶賛されてるらしいのでもっと楽しみたかったんですが…

なかなか邪道な終わり方をしてたような気がするので、自分的にはNGな感じでしたね(^_^;)

まぁ衝撃的っちゃ衝撃的ではあったんですが…。

(見方によっては結末が違うのかもしれないですが…)

--------------------------------------
☆難しい…
--------------------------------------
あと、やたらと理論っぽい話が出てきてたのが読みにくいなーって思いました(^_^;)

まぁ、そこがこの作品の醍醐味なのかもしれないですけどね。

数学の公式とか図形とか、専門用語とかわんさかでてきたので、ちょっと自分にはチンプンカンプンでした(^_^;)

そこらへんをもっとしっかり理解できてたなら、もっと楽しめたのかもしれないですね。




本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -

小説「嫉妬事件(乾くるみ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
城林大学ミステリ研究会でとある事件が発生した。何者かが、部室内の本の上に●●●を置き去りにし、しかも、本を取ろうとした人間に直撃するように罠を仕掛けていったのだ!常識的に考えると、こんなところで用を足す人間がいるとは考えられないので、ミステリ研究会、あるいは、部員の誰かに恨みを持った人間の犯行かと思われるが、部室には部員しかしらないはずの数字錠がかけられており、内部犯による犯行の線が濃厚なのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆かなり奇抜なミステリで...
--------------------------------------
乾くるみさんの作品って今まで何冊か読んできて、結構奇抜な作品を書く人だなぁーって思ってたんですが...

この作品は思った以上にかなりぶっ飛んだ作品だったのでちょっと衝撃を受けました。

まさかの●●●を題材にしたミステリなんですもんΣ( ̄ロ ̄lll)

しかも、けっこう想像しちゃうような感じで書かれてたりするので…なかなか生々しくて...Σ( ̄ロ ̄lll)

食事前に読まない方がいい本だってのは間違いないですね(^_^;)

...いや、食事前じゃなくても読んでてあんまり気持ちがいいもんではないのであんまりオススメはできないですが(^_^;)


--------------------------------------
☆でもちゃんとしたミステリで...
--------------------------------------
ただ、そんなものを題材にしてるので、かなりバカっぽいミステリなのかと思いきや…

一応ちゃんとしたミステリになってるってところもなんか意外でした(^_^;)

単なる短編の一部じゃなくて、事件解決まで250ページも費やしてるんですもん。

題材が題材なだけに、すごく嫌い!って人も多そうな作品ですが、犯人探しはなんか普通の学園ミステリって感じなので、その辺に抵抗がない人なら読んでみるのもいいかもしれませんね。(動機がちょっとアレだったので、結末もちょっと微妙かもしれませんが)


あ、あと、こんな作品なので、当然フィクションなのかと思いきや…実話を素にしてるらしいので、それを知ってさらにビックリな感じでしたΣ( ̄ロ ̄lll)

世の中には奇特な事をする人もいるもんなんですね。。。(^_^;)



本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -

小説「カラット探偵事務所の事件簿1(乾くるみ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
 「あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします」というキャッチフレーズから産まれた、謎解き専門の探偵事務所「カラット探偵事務所」。従業員は、所長の古谷と、その同級生で、記者から転職した井上の2人だけといった小規模なものであったが、知名度もない探偵事務所にお客が訪れるはずもなく、常に閑古鳥が鳴いているような状態であった。そんなある日、一件の仕事の依頼が入った。それは、とある小説家の妻からの依頼で、夫の浮気を証明して欲しいというものであった。謎解き専門ということもあり、浮気調査などやりたくはなかった古谷だが、そういうわけにもいかず、調査を開始するのであったが・・・。

【感想】
 古谷と井上というコンビが探偵をやっていて、その2人が次々に事件を解決するという、まぁお決まりって言っちゃお決まりなパターンの探偵モノですね。

 扱ってる事件としては、なんかちょっとパズルめいたものが多かったですかね。メールのやりとりに隔された暗号を解読せよ!とか、残された和歌を頼りに、宝をありかを明らかにせよ!とか。

 ちょっと自分でも解けるかな〜と思って考えてみても、さっぱりわからないというちょっとレベルの高い難題が多かったので、気軽にチャレンジしてみよう〜って感じではないんですが、暗号文の秘密とかが明らかになったときはなんかちょっとワクワクしますね。そういうパズルみたいなミステリが好きな人はちょっと楽しめるかもしれないです。
 
 あと、ごく普通にいくつもの事件を解決していくだけの短編小説なのかと思ってたんですが…ラストに意外な仕掛けが隠されててびっくりでした(^^; 「イニシエーション・ラブ」とか「セカンド・ラブ」とかでも最後まで読んでみると世界観がひっくり返るような感じでしたけど、この作品もちょっとそんな感じでした。やっぱり乾くるみさんすごいなって思います(^^; 

JUGEMテーマ:読書
本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -

小説「セカンドラブ(乾くるみ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
乾 くるみ
文藝春秋
¥ 1,500

 【あらすじ】
 生真面目で女性関係に疎く、彼女もいなかった里谷正明は、ある日、先輩に誘われたスキー旅行で、内田春香という女性と出会った。お嬢様風で性格もよく魅力的な彼女に惹かれてしまった正明と、そんな正明に好意を抱いていた春香。そんな2人は、やがて付き合うようになり、しばしばデートをするような関係になるのであったが、ある日、正明は、春香そっくりな女性である美奈子と出会う。産まれたときに生き別れてしまった春香の妹だという美奈子に、春香とは違った魅力を感じ、次第に惹かれていく正明であったが…。

【感想】
 「イニシエーション・ラブの衝撃・ふたたび」って帯に書いてあったんですが、うん、確かに衝撃的な内容でした(^^;

 途中までは、正明と春香の微笑ましいようなラブストーリーなんですが、双子の妹である美奈子が出てきてから、雲行きが怪しくなって、なんかドロドロしたような雰囲気になってくるんですよね(^^;

 もし、自分の付き合ってる相手と容姿が全く同じで、でも、性格とかは今の相手よりも魅力的で、しかもその子も自分に好意を持っているとしたら…(この作品の場合だと、春香は大人しめでお嬢様風な女の子で、美奈子は活発で積極的な女の子っていう設定なんですが)どうしますか〜?まぁ普通はそう簡単に相手を乗り換えるってのはしないかと思うんですが、彼の場合、なんか二股をかけてるような感じになっていくので、展開的に読んでてなんかちょっと辛かったです(^^;

 なので、この主人公…なんだかなぁって感じで、何にも知らない春香が可哀想!って感じで読んでたんですが...最後まで読んでみると世界観がひっくり返るので唖然って感じでした(^^;確かに、「イニシエーション・ラブの衝撃・ふたたび」っていうフレーズはぴったりな感じですね(^^;こんなことされたら普通の人は人間不信になって生きていけないですよ…怖いよ〜。・゚゚(ノД`)

 ...というわけで、なかなか衝撃的な作品でした。まぁ面白かったのは面白かったですが、ラストがあんまり後味宜しくないので、興味があったら読んで見てくださいって感じですかね(^^;

JUGEMテーマ:読書
本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -

小説「蒼林堂古書店へようこそ」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
乾 くるみ
徳間書店
¥ 660
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
 とある街中に佇む蒼林堂書店。そこは、ミステリを専門に扱う古本屋さんなのだが、店の奥では100円以上の売買をしたお客様にコーヒーを提供してくれるというちょっと変わったサービスのあるお店であった。そのせいもあり、毎週日曜日になると、常連客が集まり賑やかな店であったのだが、その日もまた、主人の同級生の大村龍雄、高校生の柴田五葉、小学校教師の茅原しのぶといった面子が次々と集まり、ミステリ話に会話が弾むのであった。

【感想】
 作中でものすごーく沢山の本を紹介してくれるんですが、その数がすごいですね。もちろん、読んでなければ紹介なんてできないだろうし、紹介できるくらい好きな本がたくさんあるってことなんでしょうかね〜?本の紹介をしつつ、ちょっとした謎解きも味わえるミステリ短編集でなかなか面白かったです。自分が読んだことある本ってあんまり出てこないかなー?って思ってたんですが、そんなことなくて意外と沢山登場してたのがうれしかったです。あと、こんなアットホームな本屋さんがあるんだったら、ぜひ常連さんになってみたい。そんな素敵な本屋さんでした。
本 【乾 くるみ】 | comments(0) | -
AMAZON LINK