映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

読書記録「いまさら翼といわれても(米沢穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
古典部シリーズの最新作ですね。

なにやら、今まで書いてきた短編の寄せ集めっぽいですが…

前作が出たのが何年前なのかよくわからないくらい久しぶりの新作!ということでなかなか楽しめました。

各話ごとでメインになる登場人物が変わってくるのも面白くていいですね。

奉太郎が何でこんなに省エネ人間になってしまったのかとか、

奉太郎が中学の同級生から嫌われている理由なんかもわかったりして面白く読めました。

ファンとしてはなかなか興味深いお話でした。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆鏡には映らない
--------------------------------------
かつて奉太郎が通っていた中学校で作成した、卒業製作のお話。

噂によると、奉太郎が手抜きをしたせいで、卒業制作が正式な完成形にならなくなってしまい、

同級生たちから忌み嫌われるようになってしまった!というストーリーなんですが…

なんで奉太郎はそんなことをしてしまったのか、興味深く読めました。

単に省エネだから手抜きした!なんて簡単な話じゃなくて、事件の真相はちょっとぞっとしました。。。


--------------------------------------
☆わたしたちの伝説の一冊
--------------------------------------
伊原が所属している漫研が分裂の危機に貧してるというお話。

漫画を描く派と、漫画を読むだけ派の2派に分かれて、どちらかが辞めなければならない事態に陥ってしまっているんですが…

なんかお互いがお互いを罵り合い、ドロドロ〜な感じになってしまっているのが酷い状態でした。。。

ただ、こういうのって中間派もモロに巻き込まれちゃうもんなんですよねぇ。。。

友達だと思ってた人に裏切られて、だんだん酷い方向へと巻き込まれていく伊原。

最後に彼女が出した結論は結構スカッとしたんですが、なかなか色々考えさせられるお話でした。


--------------------------------------
☆いまさら翼といわれても
--------------------------------------
合唱でソロを歌う予定だった千反田が行方不明になってしまったというお話。

責任感は強いはずの千反田が行方不明に…一体何か!?って感じのお話なんですが…

タイトルの意味が結構ずっしりくる作品でした。。。

読み終わると、確かに「いまさら翼といわれても」って思っちゃいますねぇ。。。

千反田がこの後どうするのか、私、気になります!続き読みたいよぅ。

JUGEMテーマ:読書

本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「王とサーカス(米沢穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
米澤 穂信
東京創元社
¥ 1,505

【あらすじ】
取材のためネパールを訪れた大刀洗万智。彼女は、そこで王族殺害事件に遭遇する。ジャーナリストとして、取材をすることを決意した彼女であったが、そんな彼女の前に、さらなる他殺死体が現れ…

【感想】
--------------------------------------
☆ネパールの王族殺害事件
--------------------------------------
ネパールで発生した王族殺害事件。

その直後に発生した謎の殺人事件。

その真相を記者の大刀洗万智が探るっていうようなお話ですね。


最初読んだ時、実在の国名が出てきて、王族殺害事件なんて扱ってたんで、

完全フィクションだと思って読んでたのでちょっとびっくりしちゃいました。。。

ネパールの王族殺害事件って実話だったんですね…。

ニュースの片隅ででも聞いてたかもしれないですが…

そんな記憶まったくなかったので、ホント驚きでした。


正直なところ、その直後の殺人事件よりも、王族殺害事件の真相を知りたい!って思ってしまったんですが…

その真相はこの作品では描かれなかったので、そこんところはちょっと残念でした。。。

(まぁそれは自分で調べろよって感じなのかもしれませんが・・・)

--------------------------------------
☆記者って大変
--------------------------------------
まぁそれはさておき…

自分が住んでいる場所で何か「事件」が起こったらそれはもうパニックになるのは仕方ないかと思いますが…

そうじゃなくて「旅先で」何か事件に巻き込まれたとしても、それはそれは大混乱しちゃいそうではありますよね。。。

現地の言葉も正確にはわからないし、そこに住んでるわけじゃないし、それなのに移動に制限がかけられたりして。

自分だったら、一刻も早くそんな場所からは逃げたい!って思っちゃうこと間違いなし!なんですが…

そこは「記者」の宿命なのか、現地に留まり続け、調査を繰り返す主人公の姿が印象的でした。

記者とかって危ないところによく行ってるし、ほんと命がけなんだなーってのを改めて感じたお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「真実の10メートル手前(米沢穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】

フリーの記者である大刀洗万智が、さまざまな事件の真相を探るという短編ミステリ。

 

気付かずに読んでしまったんですが、「さよなら妖精」「王とサーカス」に関連する作品だったらしいです。

 

といっても、前2作を読んでなくても普通に楽しめる内容だったので面白かったです。

 

古典部シリーズとはだいぶ毛色が違ってかなりシリアスなミステリ作品に仕上がってますが…

 

事件の裏側というか真相を丁寧に探っていく感じが、深くて面白いなーって感じた作品でした。

 

 

以下、印象的だったお話の感想です。

--------------------------------------

☆真実の10メートル手前

--------------------------------------

とあるベンチャービジネスの会社が倒産し、経営者が行方不明になった。

 

計画倒産を疑い関係者の行方を追うマスコミの一人として大刀洗も社長の妹の行方を探すことにするが…というお話。

 

おばあちゃんの家の近くにいるけど、おばあちゃんには会えないという最後に家族にかけた電話。

 

そして、酔っている自分を親切な誰かが助けてくれたという数少ない手がかり。

 

それだけをもとに失踪した社長の妹を探そうっていうんですが…

 

たったそれだけの情報で、彼女の居場所を突き止めちゃう展開が、キレッキレですさまじかったです。

 

一見何をしているのか、意味不明な行動でも、後々考えればそうだったのか!というような名推理炸裂とも言えるような論理的な展開がなかなか面白いお話でした。

 

--------------------------------------

☆恋累心中

--------------------------------------

何かに絶望して、ふたりの男女の高校生が自殺したというお話。

 

自筆で書かれた遺書があり、自殺は間違いないだろうとのことだったが、一方で「たすけて」というメッセージも書かれており一体どういうこと!?なお話だったんですが…

 

こちらも大刀洗さんの名推理のおかげでものすごい真相にたどりついたのがすごかったです。

 

自殺しようとした原因も、たすけての意味もなかなか重いお話でした。。。

 

JUGEMテーマ:読書

本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「満願(米沢穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
米澤 穂信
新潮社
¥ 1,728

【感想】
このミステリーがすごい!で1位を取ったりして何やら人気だったこの作品。

やっと図書館の順番が回ってきたので読んでみました。

どっちかっていうと米沢穂信さんって、古典部シリーズみたいなライトな雰囲気な作品を書いてるイメージがあったので、今作もそうなのかなーと思ってたんですが…

こちらはかなりシリアスな展開の作品なんですね。

最初のうちはちょっと読むの大変かなーと思ったりもしたんですが…

思った以上に凝った展開だったので、読んでて面白かったです。

さすがにこのミス1位の作品なだけありますね。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆満願
--------------------------------------
弁護士である自分がかつてお世話になった家の奥方を弁護することになったというお話。

彼女はとある事情から、借金取りの男性を殺害してしまうことになるんですが…

その事件の真相がなかなかゾッとする内容だったので、最後の章でちょっとビビりました(^_^;)

あんまり長くない話の割に奥が深いですね。すごいです。

--------------------------------------
☆関守
--------------------------------------
とある山奥の道で何人もの人間が事故死しているという謎を巡るミステリー。

主人公であるライターは、途中の喫茶店で女主人から話を聞くことにするんですが…

これまた最後に明らかになる真相にゾッとしました(^_^;)

こわいこわいこわいよこれ。マジでこんなところには行きたくないなって思いました(^_^;)

--------------------------------------
☆万灯
--------------------------------------
バングラディシュにある資源を手に入れるため、奥地にある部族の民と交渉をするというお話。

海外の話なので、ちょっとスケールがでかくて、一体どういう展開になっていくんだろうってちょっとワクワクして読んでたんですが…

まさかの海外での事件発生!からの、まさかのこんな展開で!!の、まさかのこんな終わり方とは!!!の驚きの連続でした。。。

オチも全然想像してなかった終わり方だったので、読み応えがあったよかったお話でした。
JUGEMテーマ:読書
本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「折れた竜骨(米澤穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【あらすじ】
ロンドンから3日程度離れた場所に浮かぶソロン諸島。そこの領主の娘であるアミーナに突如悲劇が訪れた。領主である父親が何者かに暗殺されてしまったのだ。しかも、殺人を犯した犯人は、暗殺騎士の呪いによって操られていた可能性があり、誰であっても犯人の可能性があるのだという。特殊な条件が重なっていることもあり、容疑者は8人まで絞られるが、誰が犯人なのかはアミーナには見当もつかず...

【感想】
古典部シリーズで人気の米澤穂信さん。

この作品も、似たような路線なのかなと思って読んでみたんですが…

まさかのファンタジーミステリ!という異色な路線に最初はちょっとたじろぎました(^_^;)

うわ、カタカナの名前がいっぱい出てくる!

うわ、カタカナの地名がいっぱい出てくる!

うわ、なんだかよくわからない専門用語がいっぱい出てくる!


でもでも、実はファンタジー小説も僕は好きだったりするので…

気がつけばこの世界観にハマってました(笑)

騎士とか吟遊詩人とか傭兵とか魔術師とか青銅巨人とか。

RPGとかのゲームがお好きな方だったら、ちょっとワクワクするような設定ですよね。


しかも、この作品のすごいところは、そんな世界観で「ミステリ」をやっちゃってるところ!

冒頭で領主さまが何者かに殺されちゃってその犯人は誰なのか!っていうのを推理していくミステリなんですが…

その犯人ってのがまたなかなか凝った設定なんですよねぇ。

犯人は、悪い騎士に魔術を掛けられてしまって、自分が領主さまを殺してしまった自覚がない、と。

だから、動機からこいつは犯人じゃないだろうなーなんて推理はハナから成り立たなくて。

その人間には物理的に犯行が可能であったか、を調べていく展開がなかなか独特でした。

中には魔法を使ってくるやつもいるので、ある意味なんでもあり?な感じではあるんですが、この世界観でミステリを作っちゃったあたりが脱帽な作品でした。
JUGEMテーマ:読書
本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「秋期限定栗きんとん事件(米澤穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
  【感想】
小市民であることを目指している小鳩くんと小佐内さんの高校生コンビが送る小市民シリーズですね。

前作の終わりでふたりの関係が佳境に差し掛かったので、今作ではどうなってしまうのかと心配だったのですが…

なんか思わぬ方向に話が進んでいくあたり、なかなか深いなって感じで面白かったです。

今回は連続放火事件を扱った長編小説になってるんですが、その放火事件に何故か小佐内さんの影がちらつくんですよね…

まさか小佐内さんが放火事件の真犯人!?

そうじゃないなら彼女は放火事件の影でなにをしてるの!?

そして、どんどん表に現れてくる小佐内さんの本性。

正直なところ、1作目から比べるとかなり化けの皮(?)が剥がれてきた彼女、怖かったです(^_^;)

でも、高校3年生になって、さらに今後ふたりの関係がどうなっていくのか、ますます気になりました(^^)

でも、もうかれこれ4年も新作が出ていないような小市民シリーズ。

最終巻は一体いつ出るのか?これまたミステリーですね(^_^;)


--------------------------------------
☆次にバスを降りるのは...?
--------------------------------------
あと、長編内に入ってる短編(?)みたいなやつで、バスネタが入ってたのでその辺は結構面白かったです。

小鳩くんが次にバスを降りるのは誰かを推理するんですよね。

あの人はうとうとしてるからしばらくは降りないだろう。

あの人は小銭を握りしめてるからもうすぐ降りるだろう。

あの人は本を閉じたからもうすぐ降りるだろう。

確かに、よくよく観察してみると、次に誰が降りるのかーってのはある程度は推理できそうな感じがしますよね。

身近なミステリーって感じでこれ面白かったです。


--------------------------------------
☆いいひと=悪い人?
--------------------------------------
あと、いいひと=悪い人?みたいな話も出てきてて、その辺もなかなか考えさせられました。

デートに多少遅れても怒らない人=いい人。

デートで途中で帰っても文句を言わない人=いい人。

デートでわがままを言って相手を振り回しても怒らない人=いい人。

浮気されても怒らない人=いい人?

何をされても怒らない人=いい人?

下の方に行くにつれてなんだか怪しくなってくるってのがわかるかと思いますが...

極度にいい人=相手に無関心ってのは確かに言えるのかもしれないですね。

僕も許容範囲がかなり広いので(無関心なので?)、若干胸が痛みました(笑)



本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「夏季限定トロピカルパフェ事件(米澤穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【感想】
小市民を目指して、決して目立とうとはしない小鳩くんと小佐内さんのコンビが送る学園ミステリ第二弾ですね。

前作は「春季限定」というタイトルの通り春に起こった事件の数々が収録されていたんですが…

今作は「夏季限定」ということで夏休みに起こった事件の数々が収録されていました。

見どころは、夏休みということもあって、大好きなスイーツを調べあげて、「小佐内スイーツセレクション・夏」を作成して

ひたすらスイーツを食べ歩くというとんでもないイベントを企てる小佐内さんと、そんな彼女に付き合わされる小鳩くんでしょうか。

前作では結構地味でおとなしめ(?)だった小佐内さんがどんどんのびのび開花していく様子は読んでてなかなか楽しかったです。

最後には小佐内さんの化けの皮が剥がれてとんでもないところにまで到達しちゃってますが…まぁそこは読んでみてお楽しみってところですかね。

今作も結構続きが気になる感じで終わってたので、続きも読んでみたいとおもいます。


以下、印象的な短編の感想です。
--------------------------------------
☆シャルロットだけはぼくのもの
--------------------------------------
小佐内さんに頼まれて(パシられて?)買いに行かされたおいしいと評判のシャルロット。

でも、残念なことに3つしかなかった。

僕が買ってきたんだから僕が2個食べてもいいよね?とばかりにこっそり1個食べてしまった小鳩くんは、小佐内さんにバレずに、最初から2個しかなかったんだよーと嘘を突き通すことができるのか!?って話ですね。

「最初から2個しかなかった」という事実を構成するために、食べてしまった痕跡を隠蔽する小鳩くん。

中途半端にケーキの残骸が残ってたり、ケーキをくるんでたフィルムが残ってたり、スプーンにクリームがついてたら大変なことになるから必死に隠す小鳩くん。

どうすればケーキが3個あった痕跡をなくせるか…ってことなんですが、想像してみてなかなか楽しかったです。

果たして小鳩くんが小佐内さんを騙せるのか、それとも、小佐内さんは小鳩くんの嘘を見抜くのか。

なかなかほのぼのした感じのミステリで面白かったです。

--------------------------------------
☆おいで、キャンディーをあげる
--------------------------------------
小佐内さんが何者かに誘拐されてしまって、身代金500万円が要求された…って話ですね。

さっきのやつとは打って変わってかなりシリアスな事件ものになってますが…

この事件の真相はどんでん返しの繰り返してかなりオドロキでした。

まさかそんな真相だったとは!って感じで。

この事件の黒幕…なかなかブラックなやつだなぁって思ってしまいました(^_^;)


JUGEMテーマ:読書
本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「春季限定いちごタルト事件(米澤穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【感想】
米澤穂信さんの「小市民シリーズ」の1作目ですね。

「古典部シリーズ」と同様に高校生が主人公で、小鳩くんと小佐内さんという二人のコンビが、高校生活で遭遇する謎を解いていくって感じなんですが…

主人公ふたりが、自分たちは謎解きが大好きなのに、探偵役なんて買って出て目立ちたくない!というなかなか面倒臭いキャラクターに仕上がっていたのが面白かったです。

何かみんなが不思議に思ってしまうような「事件」が起こっても、そこは「小市民」たるもの、余計な首を突っ込まずに、密かに事件を解決してほくそ笑む。そんな謙虚さ(?)がユニークでした。

また、主人公のふたりとも、何やら過去になにかあったらしくてこんな変な性格になってしまったようなんですが、その謎はこれから先に解決されるのんですかね?

期待して続きを読みたいとおもいます。


以下、印象的だった短編の感想です。
--------------------------------------
☆羊の着ぐるみ
--------------------------------------
入学早々、小鳩くんと同じ1年生の女の子がポシェットが行方不明になって…っていう話ですね。

誰かが盗んでいったのか、それとも、誰かが間違えて持って行ってしまったのか、あるいは!?な感じなんですが…

事件の真相は早々に気づいてるくせに、それを明らかにせず、事件を有耶無耶なまま終わらせようとする小鳩くんが面白かったです。

--------------------------------------
☆For your eyes only
--------------------------------------
美術部の先輩が置いていった「何やら価値があるらしい絵」にまつわる謎を解くって話ですね。

どう見ても落書きのようにしか見えない絵。その絵に秘められた真相は…って感じなんですが…

絵の良し悪しなんて普通の人からするとあんまりよくわからないですよね(^_^;)

結末はちょっと唖然‥な感じではあったんですが、こんな難問をちゃちゃっと解いちゃう小鳩くんってすごいなって感じでした(^_^;)

--------------------------------------
☆孤狼の心
--------------------------------------
とっても食べたかった「春季限定いちごタルト」を、それを乗せた自転車ごと盗まれてしまった小佐内さんが、犯人に復讐を誓う!って話ですね。

食べ物の恨みは恐ろしいというかなんというか…そんなに美味しいモノならぜひ食べてみたいなって思いました。

…っていうか作品のポイントはそこじゃないですね(^_^;)

犯人は自転車を盗んで一体何をしようとしていたのか。そして、小佐内さんの復讐は成就するのかってところがキモなんですが…

単純に「自転車が盗まれた」ってところから話を飛躍させて、あんなところまで推理しちゃうなんてふたりともすごいなって感じでした(^_^;)



JUGEMテーマ:読書
本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「さよなら妖精(米澤穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
時は1991年4月。ユーゴスラヴィアからマーヤという一人の少女が日本にやってきた。そんなマーヤと高校生の守谷はやがて親しくなるのであったが、事情もあり、やがてマーヤは祖国へと帰ってしまうのであった。しかし、守谷はそんなマーヤが心配でならなかった。当時のユーゴスラヴィアは内戦真っ只中であり、多くの国民が犠牲となっていたのだ。マーヤはユーゴスラヴィアのどの地域に帰っていったのか、守谷は過去の会話の内容から、それを推理しようとしてみるのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆異国の少女との青春ミステリ
--------------------------------------
ひょんなことから知り合ったユーゴスラヴィアの少女マーヤとの思い出を綴った青春ミステリですね。

で、このマーヤ。外国人ということで、会話をするにも、日本の常識が通用しないので、いろんな質問をしてくるんですが...

意外と自分も日本語とか日本の文化って知らないもんだなーってのを感じました(^_^;)

例えば、郵便マークの「〒」はなんでこんな形をしてるのか?とか、紅白饅頭はなんで紅と白なのか?とか。

普段は当たり前ーで特に意識してなくても、意外とその意味を知らないってこと結構あったりするもんですね。

で、その意味とか由来とかを調べてみると、逆に日本人である自分たちが驚くような意味をもっていたり。

そういうのってなかなかおもしろいなーって思いました(^^)

--------------------------------------
☆ユーゴスラヴィア
--------------------------------------
で、この作品、マーヤの祖国である「ユーゴスラヴィア」の話が出てくるので、「ユーゴスラヴィア」が結構重要なキーになってくるんですが…

意外とユーゴスラヴィアのことって知らないもんだなーってのを実感しました。

6つの共和国から構成されていて、今ではみんな独立しちゃってたんですね。

で、場所は西欧の方じゃなくて東欧の方にあった国ってのはなんとなくは知ってたんですが…

意外にもイタリアとオーストリアとギリシャのお隣の国!

政情不安定なイメージがあったので、もっと西欧諸国とは離れた場所にあるのかと思ってたんですが、意外とEU諸国と隣接してたんですね。

自分が無知なのはちょっと恥ずかしくはありますが、これはちょっとオドロキでした(^_^;)


しかし、こうやって内戦を繰り返してるような国々って…なんか悲しいですね。

民族が違うとはいえ、同じ国民同士で殺し合いを繰り返す。

まぁ色々と差別があるからそうなっちゃうんでしょうけど…

ほぼ単一民族で内戦なんて起こりっこない日本からするとちょっと想像し難いなーってのを感じました(^_^;)




本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

読書記録「儚い羊たちの祝宴(米澤穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【感想】
ちょっと昔の時代。大きなお屋敷があって、旦那様がいて、使用人がいて…というようなそんな時代の人たちを描いた短篇集ですね。

ただ、単にお屋敷内での出来事を描いた短篇集…ってわけではなく、ちょっとした「事件」が起こるような内容なので、ホラーめいた印象が強い作品でした。

出てくる人たちは、いいとこのお坊ちゃん、お嬢ちゃん、そして、主の命令に忠実な使用人ばかりなので、悪い人なんていなそう…と思いきや、実は腹黒かった!って人がたくさん出てきたのが印象的でした(^_^;)

人間の表と裏をまざまざと見せられてるような感じで、ある意味怖かったです。


で、以下、印象的だった短編の感想です。

--------------------------------------
☆身内に不幸がありまして
--------------------------------------
名家・丹山家で巻き起こる、連続殺人事件の話ですね。

丹山家で毎年同じ日に、次々と一族の者が殺されていくっていうストーリーなんですが…

その犯人と動機がまさに唖然とするような感じで驚きでした(^_^;)

アンタそんな理由で人殺しを?って感じで凄まじかったです(^_^;)

--------------------------------------
☆北の館の罪人
--------------------------------------
名家・六綱家の離れ館に幽閉されている長男の話ですね。

この長男、当主である光次郎の兄であり、本来ならば彼が当主になるはずなんですが…

何故か幽閉されてしまっているというのがミステリーな内容でした。

このあと彼には悲劇な運命が待ち受けているんですが…なかなか可哀想な展開でしたね(^_^;)

--------------------------------------
☆玉野五十鈴の誉れ
--------------------------------------
名家・小栗家の娘・純香と、使用人・五十鈴の友情の話ですね。

主と使用人という立場ながら、その関係を超えて、まるで親友のように仲良くなった純香と五十鈴。

しかし、突然の悲劇により、一転して純香は「名家の娘」ではなくなり、最愛の家族からも見捨てられ、信じていた五十鈴には毒まで渡されてしまう。っていうストーリーなんですが…

純香のあまりにも急激な人生の転落ぶりが可哀想すぎでした(^_^;)

今まで「お嬢様」ってちやほやされてたのに、一瞬で、「いないもの」とされたらたまったもんじゃないですよね。

信じていた友人にも裏切られ、家族も誰も助けてくれない。

挙げ句の果てには毒を渡されて「死ね」と宣告される始末。

自分がその立場だったら、素直に毒を飲んじゃいそうな気がしました(^_^;)


何故、純香は一瞬で「お嬢様」から「いないもの」へと成り果ててしまったのか?

何故、五十鈴は純香を裏切ったのか?ふたりの友情は偽りだったのか?

…なーんてなところは、この作品のポイントなので読んでくださいってことにしておきますが、なかなか短編にしては骨太なストーリーで面白かったです(^^)


JUGEMテーマ:読書
本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -
AMAZON LINK