映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

小説「平成猿蟹合戦図(吉田修一)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
吉田修一
朝日新聞出版
¥ 1,890

 【あらすじ】
人気ピアニストである湊圭司の兄が起こしたとされるひき逃げ事件。それは、実は、兄ではなく、弟である湊圭司自信が起こしたものであったのだったが、幸いなことに、誰にも真相は見破れず、彼は、平穏な日々を過ごしていたのだった。しかし、そんな平穏な日々は続かなかった。あの事故を目撃したという何者かが脅迫をしてきたのだ。これから何度も脅迫される。そう思った圭司は、彼らの身元を調べ対策を講じることにしたのであったが…。

 
【感想】
--------------------------------------
☆どこが猿蟹合戦?
--------------------------------------
なんかタイトルに惹かれて思わず買ってしまったんですが…

ちらっと読んだだけだとほんとに「どこが猿蟹合戦?」って思っちゃうような内容でしたね(^^;

あらすじを読んでいただけるとわかるかと思うんですが、猿も蟹も全く出てこなくて…(笑)

まぁさすがに生き物の猿と蟹がそのまんま出てくるなんてのは想像してなかったんですが...

少なくとも猿村とか、蟹山とか、なんか猿とか蟹とかそういう名前のついてる人が出てくるのかなーって思ってたので、なんかちょっと予想外な感じでした(笑)

なんで「平成猿蟹合戦図」なのかってのは最後の最後で一応明らかにはなるんですが…

なんかちょっとこじつけな感じがしなくもないですかね。

どっちかっていうと、もっと違ったタイトルの方が良かったような気がします。

まぁ本のタイトルとしてはインパクトがあるので、惹かれるっちゃ惹かれるんですが(^^;

--------------------------------------
☆ストーリー
--------------------------------------
で、ストーリーの方は前半はちょっとクライムノベルっぽい感じではあるんですが…

中盤以降ガラっと雰囲気が変わっちゃったのが独特で面白かったですね(笑)

なんで急にこういう方向に話が進んじゃうわけ〜?ってくらい意外な展開で(^^;

前半は、登場人物も多いし、物語の視点もコロコロ変わるし、正直なところ、なんか野暮ったい話だなーって思ってたんですが…

中盤以降の急展開はスピーディな展開で、読んでてなかなか楽しかったのが良かったです。

ある意味合戦(?)が繰り広げられるんですが、ラストはスカっとするような読後感なので、その辺も良かったなーって思います。

--------------------------------------
☆人と人の繋がり
--------------------------------------
あと、いいなーって思ったのは、人と人との繋がりが感じられる部分ですかねー。

田舎で一人で住んでるおばあちゃんとか、田舎から子連れで東京に出てきたばっかりのママさんとか、ホステスのママとか、芸大に通う女子大生とか、ピアニストの秘書とか、一見すると全く無関係な人たちが「事件?」を通じてだんだんつながって行くんですよね〜。

で、最終的には、みんなが同じ方向を向いて、目標に向かって突き進んでいく。

なんかちょっと前向きになれるような、そんな人と人との繋がりがいいなーって感じる作品でした。


本 【吉田 修一】 | comments(0) | -

小説「ひなた(吉田修一)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
 千葉の田舎でヤンキーとして育った新堂レイ。大学卒業を間近に控えた彼女は、有名ブランド会社に就職が決まり、彼氏もおり、それなりに幸せな日々を送っていたのだったが、4月から始まる新生活には不安を抱えていた。そんなレイの彼氏である尚純は、レイと同い年なものの、浪人したこともあり、大学生として気ままな日々を送っていたのだったが、ある日突然告げられた兄夫婦との同居に、戸惑いを隠せないのであった。また、そんな尚純の兄・浩一は、仕事もプライベートも充実した日々を送っており幸せそうに見えたのであったが、実は誰にも言えない秘密を抱えていた。一方、そんな浩一の妻・桂子も、仕事に家庭に充実した日々を送っていたのであったが、浩一には言えない秘密を抱えていたのであった・・・。

【感想】
 2人の男兄弟にその妻・彼女を加えた4人の視点で1年を描いた作品です。複数の主人公がいて、それぞれの主人公が1つの事件を描いていくようなタイプなら割と多いような気がするんですが、複数の主人公がいて、それぞれ違った事件・・・っていうか違った出来事の方向を向いて物語が進んでいくタイプってのはちょっと珍しいような気がするので面白かったです。まぁ、普通の日常を描くってなると・・・なにか事件でもない限り、家族であっても同じことが日々の中心に来るなんてことはあんまりないですもんね〜。一緒に生活していたり側にいたりしながら、考えていることは全然バラバラだったり、一緒にいないときはどこで何をしているかなんて全く知らなくてもおかしくないわけで・・・ここで出てくる主人公4人が4人とも、影でコソコソ(?)やってるような人たちだったので、なかなか面白かった・・・というか現実の家族もきっとそんなもんなんだろうなぁってちょっと思いました。家族だったり、自分の大事な人であったりしたとしても、何でもかんでも全て打ち明けるなんてことってそうそうないですもんね〜(^^;

 また、この作品の中で1年という年月が経過するんですが、1年というわずかな期間でも家族の形っていうのは変わっていくもんなんだなーっていうのを感じました。毎年毎年が同じことの繰り返しのように感じていても、サザエさんとかちびまる子ちゃんの家みたいに毎年同じ年で、同じ家族で構成されているなんてのはありえないし、現実では着実に家族構成も変わっていくんですよね〜。この作品の中でも、作品の最初の地点では、大学生の尚純とその両親が一緒に住んでいるだけだったのに、突然兄夫婦がやってくることになって、5人家族になったかと思えば、今度は両親が勝手に海外に引っ越すことになり・・・さらには、何故かその代わりに浩一の親友が居候することになって・・・と家族構成が頻繁に入れ替わるので、家族構成っていうのは意外と変わることもあるんだなって思いました(^^; ただ、兄夫婦の家に弟が居候するってのは・・・明らかに居心地悪いですよね(^^;弟の尚純くんの気持ちには共感しました(^^; でも、尚純がそういうことを気に病んでいるのに対して、義姉である桂子の方は、そういうことを全く気にせずに感心は全く違うところに向かっているので・・・その辺はなかなか面白いなって思いました。

 あと、何か事件が起こるわけではなく、普通の4人の日常を1年間描いているだけなので、春から冬へと1年が経過したとしても、必ずしも何か問題が解決するってわけでもないんですよね。なので、読み方によっては、この後この人はどうなったんだろう?みたいな中途半端なところで終わっちゃってる人もいなくはない・・・っていうところがちょっと残念なんですが、作品の雰囲気とかは結構好きで、色々印象に残るような部分とかも多かったので、読んで良かったかなって思います(^^

JUGEMテーマ:読書

本 【吉田 修一】 | comments(0) | -

小説「悪人」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
吉田 修一
朝日新聞社
¥ 1,890
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
 保険の外交員をしている石橋佳乃は、ある日、出会い系サイトで土木作業員をしている清水祐一という男と知り合った。他に好きな男がおり、祐一にはあまり魅力を感じなかった佳乃は、彼とのデートは単なる遊びのつもりであったが、さすがにそんなことを友人に言うわけにもいかず、今夜は本命の彼とのデートなのだと言って、アパートを出てきたのであった。だが、その夜、彼女に悲劇が訪れる。なんと、山奥で彼女が遺体となって発見されたのだ。警察は、彼女の友人達の証言の通り、本命の彼を容疑者として捜査を開始するのであったが…。

【感想】
 一言で、「女性の殺人事件が発生した」と言ってしまうと、「犯人はなんて悪いやつなんだ」「被疑者が可哀想」ってなるのが当たり前なんですが、よくよく考えると、犯人にも色々な事情があったりするわけなんですよね。この本を読んでると、この事件の犯人をとても「悪いやつ」とは思えず、むしろ可哀想でした。被疑者の女性の方が「なんてひどいやつなんだ」って思ってしまうくらいでしたね^^;事件の全体像を見ないと誰が「悪人」かなんてわからないってことですよね。なんかそういうことを考えさせられる一冊でした。
 あと、映画化されるそうですが、なんか妻夫木くんとはイメージが合わないような気がしますね〜。もうちょっと野暮ったい感じの人の方がよかった気が…。誰がいいってのはちょっと思いつかないんですけどね^^;
 
本 【吉田 修一】 | comments(0) | -

小説「横道世之介」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
吉田 修一
毎日新聞社
¥ 1,680
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
 横道世之介18歳。彼は、大学進学の為、田舎から一人で状況してきたのであったが、東京という新天地で色々な人間と出会う。マンションの隣の部屋に住んでいてヨガのインストラクターをしているという京子さん、同じサンバサークルに入った倉持一平と阿久津唯、世之介の勘違いから友達になった、女の子にあまり興味がないという加藤、お嬢様でどこかズレている祥子さんなどなど個性豊かな友人たちと出会い、青春を謳歌する世之介であったが…。

【感想】
 横道世之介18歳の青春物語です。特に大事件が発生するとかそういうのはあんまりなく、ただひたすら世之介の1年間を追っかけてるだけなんで、どこが面白いの?と言ってしまえばそれまでなんですが、世之介のひたすらマイペースで能天気でちょっとズレてる性格がツボにはまりました(笑)成り行きで「サンバサークル」に入ったり、別の人と間違えて話しかけちゃった人と仲良くなったり、そんなに好きでもなかった人と付き合っちゃったり。自分とは全然違ったタイプのキャラなので、なんか読んでて面白いやつだなーって思うのと同時に、これだけマイペースに生きられたらいいなぁって思いました。
 世之介のきっかり1年分しか載っていないので、その後どういう人生を歩んだのかとかも読んでみたいような気がしますね。(晩年の話はちょっと出てきますが…)
本 【吉田 修一】 | comments(0) | -

小説「ランドマーク」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
吉田 修一
講談社
¥ 470
(2007-07-14)
Amazonランキング: 32889位
Amazonおすすめ度:
これも一応最後まで読んだけれども…
感想を書く以前に受け付けないタイプの本でした^^;
波長が合わない…^^;
本 【吉田 修一】 | comments(0) | trackbacks(0)

小説「パレード」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
パレード
パレード
吉田 修一

管理人評価:★★★★☆

同じアパートに同居する男女の物語。
それぞれの人物の視点で物語が進んでいくんだけれども、
自分の本心と、ほかの人から見える自分の姿…のギャップってものは
意外と違うもんなんだな…そう思える一冊でした。

全体的にまったりした雰囲気で読みやすかったし、
ラストは、意外な展開だったので、驚きでした。
最後まで読んだら、もう一度最初から読みたくなりますね。これ。
本 【吉田 修一】 | comments(0) | trackbacks(0)
AMAZON LINK