映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

映画「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」

ブログランキング・にほんブログ村へ

 【あらすじ】
時は中国の後漢末期の時代、魏の曹操は中国を統一すべく
曹操に刃向かう勢力である、劉備・孫権連合軍を撃破するために
中国南方の赤壁へと進軍を開始した。
一方、劉備・孫権連合軍は、総指揮に諸葛孔明、周瑜といった
天才軍師を任命し、曹操軍に対抗するのであった…

【感想】
・[ストーリーについて]
パート気長〜いオープニングだったような印象は強かったので、
パート兇砲牢待していたんですが、パート兇諒は、
パート気茲蠅眛睛討惑擦てよかったですね。
ただ、孫権の妹と蹴毬青年のエピソードと、小喬のエピソードは
ちょっと余計なような印象を受けてしまいましたが…。
まぁ彼女ら2人がいなくなってしまうと男ばかりのキャストに
なってしまうので、映画に華を持たせようとしているのはわかるんですが、
どちらもちょっとストーリー的にはでしゃばり過ぎな気がしました。
(そんな大胆な行動取っていたら普通殺されると思います(笑))

・[映像について]
映像の方は、さすがに凝っていて見ていて楽しかったですね。
次から次へと船が炎上していったり、バサバサと倒されていくので
気持ちいいくらいに圧倒的に曹操軍がやられて爽快でした。
ただ、ここまで一方的にやられると、曹操って馬鹿なんじゃないの?
と疑問に思いたくなってしまうんですが…。
曹操ファンの人から見るとちょっと面白くないかもしれないですね。

・[キャストについて]
孔明役の金城さんはもちろんなんですが、周瑜役のトニー・レオンさんと
孫権役のチャン・チェンさんはカッコいいですね〜。
なんかすごく役にハマっていてすごくよかったです。
あと、小喬役のリン・チーリンさん。こちらは美しすぎ。
出番を半ば強引に作りたくなってしまう気持ちもわからなくないですね。

逆に、孔明以外の劉備軍の皆さんは…可哀想なくらい影が薄いですね…
もうちょっと出番があっても…と思ってしまいましたが…。

・[全体]
全体としては、少々強引だなぁってところは、色々とありましたが、
パート気茲蠅鰐滅鬚ったかなという感じです。
でもまぁ三国志といった壮大なストーリーをここまでわかりやすく
かっこよく作ってくれて、一般の人にも見やすい映画にさせて
ヒットさせてくれたってところは、三国志ファンとしてはうれしいですね。

満足度:★★★★☆

映画(アジア) | comments(0) | -

映画「レッドクリフ Part I」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
エイベックス・マーケティング
¥ 2,420
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
時は中国漢の時代。国の宰相であった曹操は、皇帝を操り、
天下を統一しようとしていた。だが、曹操の天下統一を阻む人物が2人いた。
荊州の劉備と呉の孫権である。曹操は彼らを討伐するため
大軍を率いて彼らの領土へと進軍していくのだが、
劉備と孫権は互いに協力し、曹操軍を迎え撃とうとしていた・・・。

【感想】
三国志ファンなのですが、よくぞここまで実写化してくれたなって思います。
戦闘シーンはカッコいいですし、武将たちはけっこうイメージ通りですし。
(孔明役の金城武さんはすごく似合ってますね!)
戦闘シーンは迫力があってなかなか楽しめました。

ただ、序盤〜中盤までのシーンがやや単調だったのと
(呉の孫権とかシュウユの話がちょっと長かったですね^^;)
曹操軍がちょっとマヌケな戦いっぷりなのがちょっと気になりましたが・・・。
まぁ、細かいところはあんまり気にするなってところでしょうか。

あとは・・・パート気箸いΔ海箸如◆崟嵎匹寮錣ぁ廚里いい箸海蹐
突入する前に終わってしまったところが残念でした・・・。
もう少し上手い編集すればパート気箸兇砲錣韻覆ても
すんだだろうになぁって思いますが・・・。
まぁお楽しみはパート兇鮓てねってことなのかもしれませんが、
一番いいところで終わっちゃうってのはやっぱり残念です。


ちなみに、公開2日目に見に行ったんですが、意外と満員状態でした。
三国志ファンはさすがにそこまで多くないと思うので、
映画の宣伝の効果がすさまじく出ているのかなと思うんですが、
この映画がきっかけで三国志ファンが増えてくれたらなんかうれしいですね〜。

評価:★★★☆☆
映画(アジア) | comments(0) | -

映画「闘茶 tea fight」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
お茶を巡る日本と台湾の戦い映画。

お茶で闘うという闘茶。
発想は面白いと思うんですが、無理矢理スケールを
でかくしてる感じが否めないですね。

ラストも、ものすごく強引に終わらせてしまった感じ。
日・台の豪華キャストが競演…ってところが
ウリだったのかなと思うんですが、
なんか残念な結果に終わってる感じがします。

キャストに不満はないんですが、
ストーリーがもったいないですね。

評価:★★★☆☆
映画(アジア) | comments(0) | -

映画「墨攻」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
アンディ・ラウ,森秀樹,ジェイコブ・チャン,アン・ソンギ,ワン・チーウェン,ファン・ビンビン
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 2,993
(2007-07-27)
Amazonランキング: 190位
人気コミックの映画化。
時代は中国の戦国時代。小国の領主が自分の領土を守る為、
「墨家」に援軍を頼み、その助っ人としてやってきた一人の男の物語。

原作は読んでないですが、ストーリーはわかりやすくて面白かったです。
戦闘シーンとかの映像も迫力あってよかったですし。
でも、これって実際にあった話なんですかね?
国名とかは実在した国っぽい名前なので、実話っぽい感じもしますが…。

PS:日本の原作のコミックを中国人主演で映画化ってすごいですね。
映画(アジア) | comments(0) | trackbacks(0)

映画「僕の彼女を紹介します」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
僕の彼女を紹介します 通常版
僕の彼女を紹介します 通常版

「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン主演の映画最新作♪

今回も笑いあり、涙ありのなかなか楽しい(?)出来に
仕上がってますw
猟奇的な彼女が好きだった人は必見だなw
見たことない人ももちろんオススメw
感動的なラブストーリーです

韓国映画っていうとなんかブームに乗ってるだけ・・・
・・・って思われちゃうかもしれないけど
この映画はぜひ見て欲しいですww


PS:チョンジヒョンのあのキャラは健在w
見た目と正確のギャップが面白いですw
映画(アジア) | comments(0) | trackbacks(0)
AMAZON LINK