映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

小説「ゲド戦記外伝」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝
ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝
アーシュラ・K・ル=グウィン

管理人評価:★★☆☆☆

ゲド戦記の最終巻…というか外伝ですね。
ゲド戦記のエピソード集って感じです。
が、本編以上に面白くなかった…。

ゲド戦記本編も含めて、結局最後まで「ゲド戦記」を面白いとは思えませんでした。
やっぱり、ゲド戦記とは相性がよくないのかも(笑)
まぁ映画版よりはいいとは思いますけどね…。

本 【ゲド戦記】 | comments(0) | trackbacks(0)

小説「ゲド戦記 アースシーの風」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
ゲド戦記 5 アースシーの風
ゲド戦記 5 アースシーの風
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子

管理人評価:★★★☆☆

ゲド戦記の5巻目。
一応これで最終巻…なのかな??

ストーリーは、竜が暴れるようになった世界で、
レバンネン王がなんとかするためにテヌーとテハヌーに
協力をもとめ解決させる…といった感じ。
レバンネン、テヌー、テハヌーといった登場人物に加えて、
眠ると死者の世界に紛れこんでしまうようになってしまったハンノキ、
竜人のアイリアン、カルカドの王女セセラクが加わり、
今まででいちばんゲームのRPGっぽい雰囲気ではありますね(笑)

ただ…今回もゲドがめちゃくちゃ影が薄い…薄すぎる…。
ほんとにゲド戦記なんてタイトルでいいのかと思えるくらい
出番がないですね…。まともに活躍したのって1巻くらいじゃ??

内容も…中盤あたりまでは好きだったんですが、
ラストはややものたりないかなぁ…。ううむ。
本 【ゲド戦記】 | comments(0) | trackbacks(0)

小説「ゲド戦記 帰還」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
ゲド戦記 4 帰還
ゲド戦記 4 帰還
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子

評価:★★★☆☆

ゲド戦記の4巻目。
魔法が使えなくなって弱りきってしまったゲドが
故郷の島でテナーと再会したあとの物語ですね。

今回も、ゲド戦記というタイトルにかかわらず、
ゲドが脇役…みたいな感じです(笑)
主にテルーとテナーのお話…でしょうか。

テナーにアレンにテルーに今までの主要人物が総登場…な感じなのですが、
なんかいまいち話に盛り上がりが感じられない気がします…。

4巻目…うーんやっぱりちょっといまいちかも。
本 【ゲド戦記】 | comments(0) | trackbacks(0)

小説「ゲド戦記 さいはての島へ」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ

評価:
アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
岩波書店
¥ 1,260
Amazonおすすめ度:

ゲド戦記の第3巻。
壮年になったゲドと、王子アレンが、世界を救うべく旅立っていったお話。

ジブリの映画「ゲド戦記」の原作…のはずなんですが、
かなりストーリー違いますね^^;
テナーとかテルーとかこの巻には登場しないですし。

内容としては…映画版よりは筋が通ってるとは思いますが、
正直あんまり面白いとは思わなかったかなぁ…。


なんか僕はゲド戦記とはあんまり相性よくないのかも(笑)
一応全部読んでみますが…。
本 【ゲド戦記】 | comments(0) | trackbacks(0)

小説「ゲド戦記 こわれた腕環」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ

評価:
アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
岩波書店
¥ 1,050
Amazonおすすめ度:

ゲド戦記の第2巻。やっと読み終わりました。
ストーリーは、墓所の巫女さんである、少女テナーと、主人公ゲドの物語。
…といってもなんか主役はゲドじゃなくて、テナーのような気がしますけどね^^;

1巻目みたいに、世界各地をあっちいったり、こっちいったり…
みたいな速い展開ではなく、ひたすら墓所内のお話で、
RPGでいうダンジョン探索とかそんな感じですね。
僕は、一箇所での話だったので、1巻目より読みやすくてよかったんですが、
やっぱりやや全体的に物足りない感じがしました。。。

ちなみに、映画版では全く触れられてなかったテナーの正体は、
この本を読めばわかります(笑)
本 【ゲド戦記】 | comments(0) | trackbacks(0)

小説「ゲド戦記 影との戦い」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ

評価:
アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
岩波書店
¥ 1,050
Amazonおすすめ度:

少年ゲドの冒険物語。
子供だったゲド少年が、魔法の学園に入学したり、
竜と戦ったり、自分の影と戦ったりして成長していくストーリーです。

映画版を先に見てから、読んでみたんですが、
こっちは映画版とは違って、ゲドの若いころのお話なので、
けっこうイメージがちがうなぁというような印象を持ちました。
大賢人…というような人柄じゃなくて、無謀なことにも
どんどん挑んでいってしまうような…そんな少年なので、
かなり雰囲気ちがいますね…。

あと、ストーリーは、やや淡々と進みすぎかなって印象でした。
昔の話なので仕方ないのかもしれませんが、
読みにくさと物足りなさで、正直イマイチな感じでした^^;

本 【ゲド戦記】 | comments(2) | trackbacks(2)
AMAZON LINK