映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

映画「ステキな金縛り」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
とある殺人事件の被告人の弁護を担当することになったエミは、被告人が「金縛りにあっていて動けなかったため、殺人は犯していない」というおかしな証言を立証するため、辺鄙な場所にある旅館を訪ねることにしたのであったが、そこで出会ったのは、更科六兵衛という落ち武者の幽霊であった。当日、被告人の上に乗っていたという証言を得たエミは、彼を証人として裁判に出てもらうことにしたのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆やっぱりキャストが豪華
--------------------------------------
主演は深津絵里さん(と、西田敏行さん?)なんですが、他にも阿部寛さん、竹内結子さん、浅野忠信さん、草剛さん、中井貴一さん、佐藤浩市さん、深田恭子さん、篠原涼子さん、唐沢寿明さんと主役クラスの俳優さんがズラリ。。。

まぁキャストが多いので、ほんのちょっと出てくるだけの人も多かったりするんですが、それでもやっぱりゴージャスな雰囲気は楽しめますね。

この人はいつ出てくるんだろーみたいなワクワク感があったり、この人がこんな役なんてー!ってな意外な展開があったり。

個人的には深キョンの役が面白くて良かったです(笑)

--------------------------------------
☆三谷作品らしい展開
--------------------------------------
ストーリーの方は、幽霊を裁判の証人として出廷させようって話なので、だいぶ無理がある感じもしますが、そこは三谷幸喜作品らしく、ドタバタな感じで楽しかったので良かったです。

人によって落ち武者の六兵衛さんが見えたりみえなかったりするので、傍から見てると結構変な演技をしてる人が多いんですよね。

見えてないことをいいことに、六兵衛さんが、いろんな人にちょっとしたいたずらをしてみたり(笑)

変なキャラクターもわんさか出てきたりするので、遊び心満点で楽しかったです。

--------------------------------------
☆主題歌は…
--------------------------------------
あと、気になったのは主題歌!

西田敏行さんが歌ってるのはわかったんですが、深津絵里さんも歌ってたんですね!

なんかけっこう可愛らしい感じの歌声だったので、深津さんだとは思わなかったんですが…ちょっと意外でしたが、なかなか良かったです(^^)


★★★★★

JUGEMテーマ:映画
映画(邦画:その他) | comments(2) | -

映画「ツレがうつになりまして。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
自分の名前の「癲廚箸いΥ岨が「高」に間違っていたりすると気になって仕方がなかったり、曜日ごとに着ていくネクタイが決まっていたりと、細かいことに几帳面な性格な「ツレ」。そんな「ツレ」が体調不良を訴え始めた。病院に行かせたところ、「うつ」だという。日々の過剰なストレスが原因だと感じた晴子は、「ツレ」に会社を辞めるように説得するのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆思ったよりはシリアス…
--------------------------------------
大河ドラマの「篤姫」が大好きだったので、この宮崎あおい&堺雅人コンビがすごーく楽しみだったんですが…

やっぱりテーマが「うつ」なだけあって、終始ほんわかしたような暖かい雰囲気ーってわけには行かないですね(^^;

特に堺雅人さんの役柄…典型的な「マジメなおじさん」って感じなので、ちょっと堅苦しいというかなんというか…。

ところどころぽわーんとした感じが出てたりもするんですが、個人的にはもっと堺さんらしいほんわかした所がみたかったかなーって思います。

(それなら違う映画見ろよ!って怒られそうですが(^^;)

--------------------------------------
☆うつって…
--------------------------------------
ただ、うつ病がどういうものかーってのはちょっと理解できましたね。

誰にでも、気分が落ち込んで、「自分なんてダメな人間なんだ…」って思ったり、なんにもやる気が出なくなったりする日もあるかと思うんですが...

それが毎日続いてるような状態がうつ病なんですね...

僕も結構打たれ弱いので凹んだりして辛い日はあったりするんですが、さすがに毎日ではないんで、毎日こんな状態になるってのはしんどいなーって思いました(@@;)


でも、こうやって病気になっても、見捨てずに支えてくれる家族がいるっていうのは素敵なことですね(^^)

しかも、ツレが働けないなら、私が変わりに稼ぐから!って。

夫婦ってやっぱり支えあって生きていくもんなんだなぁーってのを感じました。

--------------------------------------
☆プラス思考な…
--------------------------------------
あと、単に「ツレがうつ病になって大変だぁ〜」な感じじゃなくて、ツレがううつになった意味を考えて、その上で、あえてこういった本を書く。

病気になったことを後ろ向きに考えるんじゃなくて、プラスに考えて、自分の仕事にまで活かすってのはすごいなーって思いました。

★★★★☆


JUGEMテーマ:映画
映画(邦画:その他) | comments(0) | -

映画「うさぎドロップ」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
 祖父の葬儀のため実家に戻ったダイキチは、そこに見知らぬ少女・りんがいることに気づく。話によると、彼女は祖父の隠し子らしい。母親がどこの誰なのかもわからず、当然のごとく親戚の誰も彼女を引き取ろうとしない。そんな彼女を不憫に思ったダイキチは、思わず、彼女は自分が引き取ると宣言してしまう。そして、6歳の叔母との不思議な共同生活が始まるのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
○ポイント1:子供を育てるって大変
--------------------------------------
やっぱり一番感じたのは「子供を育てるのって大変」ってことでしょうかねー。

ご飯を作って食べさせてあげなきゃいけないし、幼稚園の送り迎えしてあげなきゃいけないし、風邪を引いて寝込んだら看病してあげなきゃいけない。

子育てに費やす時間が多くなるから、残業多いような仕事はできないし、かといって仕事を減らすと金銭的に苦しくなる。

両親ふたりちゃんと揃ってても大変だと思うのに、それを全部一人でやらなきゃいけないシングルマザーとかシングルファーザーの人ってほんとすごいなーって思いました。


でもそんな過酷な日々に耐えられるのも、やっぱり子供が可愛いから…でしょうかね?

作中のふたりは血の繋がらない親子みたいな関係(正確には甥と叔母)なんですが、それでも相手を愛おしく思ったり、大事にしてる素振りを見せたり、本当の親子ではないけれども、本当の親子以上に繋がっているって感じがひしひしと伝わってきたのが良かったです。

ストーリーの展開は正直なところやや強引な感じがしなくもないですが、全体的にほのぼのとした感じが心地良かったです。(やっぱり芦田愛菜ちゃんファンは必見だと思います)


--------------------------------------
○ポイント2:続きが気になる
--------------------------------------
ただ、ちょっと気になるのは、彼らのその後〜ですかね〜。

途中、登場人物のおばちゃんの一人が言ってたんですが、もしダイキチに好きな人ができて、結婚することになったら−−−

そして、その彼女との間に子供が生まれたら−−−

なんか想像するだけでなんか可哀想な運命を辿るような気がします(T_T) 



...と、ここまで書いたところでちょっと調べてみたら...原作は幼稚園の頃だけじゃなくてずっと続いてるんですね!!

最近はりんが高校生になるところまで話が進んでるとか...

ちょっと原作を読んでみたくなりました(^^)

★★★★☆

JUGEMテーマ:映画
映画(邦画:その他) | comments(0) | -

映画「奇跡」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
バンダイビジュアル
¥ 3,959

 【あらすじ】
 九州新幹線の全線開通を間近に控えたある日、両親の離婚により、母親の実家のある鹿児島に転校してきた航一は、悶々とした思いを抱えていた。仲の良い友達は出来たものの、火山灰のせいで頻繁に掃除洗濯しなければいけない鹿児島に嫌気がさしていたし、父親とともに福岡に行ってしまった弟の龍之介とまた一緒に暮らしたいという思いもあるのだ。しかし、両親が再び一緒になる気配は全くなく、奇跡でも起こらないかと思っていた航一は、九州新幹線の上りと下りがすれ違うところを見たら願いが叶うという噂を聞きつけると、熊本まで行き、新幹線がすれ違うところを見ようと決意するのであった…。

【感想】
 「誰も知らない」の是枝監督の最新作です。上映が終わっちゃう前にギリギリで見れました(^^;

 実はまえだまえだの2人、結構好きだったりするんですが、現状になじめずに不満ばっかり口にしている兄と、不満はあるものの毎日楽しく生きようとしてる弟の対比がなかなか面白くて良かったです。まぁ両親が離婚して、みんな一緒に暮らしたいって気持ちが強くて、文句ばっかり出てしまうってのもわからなくもないですが、そんなグチグチ言ってる子供よりは、何をしてても楽しそうな子供の方が子供らしくていいなーって思いました(笑)まぁ、そういうのは子供に限らず大人もそうでしょうけど。

 あと、ところどころで演技じゃなくって素の表情を見せてるようなシーンがあったのが印象的でした。子供たちそれぞれが夢を語ってるシーンがあるんですが、そのあたりがなんかすごくリアルな感じなんですよね。でかい夢じゃなくて、ほんと小学生ならではの夢。大人が考えて出てくるようなステレオタイプの夢じゃなくて、現代を生きる小学生等身大の夢。ああ、小学生の頃って自分もこんなこと考えたりしてたなーって思うと同時に、すっかり大人になってしまって、小学生の頃の気持ちなんて全く忘れてしまっている自分にちょっと物悲しさを感じたりしてました(^^;

 そもそも、新幹線がすれ違うところを見たら奇跡が起こるっていう発想自体なんか小学生っぽくていいですよね。もちろん、本気でみんな信じてたりはしないんでしょうけど、中学生とかになってしまったら、馬鹿馬鹿しいってことになって行ってみようってことにすらならなかったはず。学校の先生を騙して、両親にも黙ってこっそりと家を抜け出して、友達同士だけで電車に乗って隣の県まで出かけていく。大人になってしまえばごく簡単にできる行為でも、小学生にとってはそれだけでも大冒険。なんか自分も小学生に戻ったような気分で楽しめました。

★★★★☆

JUGEMテーマ:映画
映画(邦画:その他) | comments(0) | -

映画「八日目の蝉」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 3,243

 【あらすじ】
 不倫相手の子供を身ごもるが、相手に裏切られ、子供を降ろしてしまった希和子。心に穴があいたようになってしまった希和子は、気がつくと、ちょうど同じ頃に生まれた、不倫相手とその妻の間に生まれた赤ん坊を連れてきてしまっていた。この子を自分の娘として育てよう。そう思った希和子は、その子に薫という名前を付け、2人で逃亡生活をすることにしたのであった…。
 そして、そんな事件から何年も経過したある日、恵理菜(薫)のもとに一人の女性が現れた。安藤千草と名乗るその女性は、あの誘拐事件を調べているのだという。ちょうど自分も妊娠してしまったこともあり、昔の自分を調べてみる気になった恵理菜であったが…。


【感想】
 以前小説版で読んだときもなかなかの衝撃的な内容で驚いたんですが、内容を知っている上で映画を見ても、やっぱりなんか色々と考えさせられることが多い作品だなって感じました。

 誰が悪いっていったら、誘拐した希和子がもちろん悪いんですが、誘拐してから、逮捕されるまで何年も経過して、希和子は薫に充分な愛情を与えて育てていたし、薫も希和子を実の母親と思い込んで懐いちゃってるんですよね(^^;そんな状況で、2人を引き離すっていうのは…希和子の方はもちろん自業自得なんですが、あまりにも薫が可哀想で、辛かったです。

 実の両親と一緒に暮らすことになっても、薫にしてみれば、母親と引き離されて、知らないおじさんおばさんと暮らすことになった…って感覚だし、実の母親からしてみても、娘に、希和子の面影が見え隠れするのであれば、イライラして怒鳴りつけたくなるってのもわからなくもないですからね…。

 せっかく一緒に暮らせるようになって、みんな幸せになってめでたしめでたしって展開にはならずに、むしろ、家族がどんどん崩壊していくように進んでいくあたりは、なんか奥が深いなって思いました(^^;で、なんか普通の家庭に普通に育った自分としては、それだけでも充分幸せなことなんだろうなって感じました。



 あと、中島美嘉さんの主題歌がすごく作品に合っていてよかったなーって思いました。前に聴いたときは、普通の男女のラブソングかと思ってたんですが…映画のエンドロールで聴くとイメージががらっと変わるんですよね(^^;

「あなたに名前を呼んで欲しくてはじめて声をあげ泣いたよ」

...希和子と薫の心情を歌ったような歌詞なので、最後に聴いててちょっとうるうるしてきました(T_T)


★★★★★
  
 
JUGEMテーマ:映画
映画(邦画:その他) | comments(0) | -

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
 片道15分のローカル線・阪急今津線。その電車に、白いドレスに引き出物を抱えた女性が乗り込んできた。明らかに不自然な格好をしたその女性に、たまたま電車に乗り合わせた老女が心配して話かけたところ、女性はその胸のうちを話はじめるのであった…。
 また、同じ電車に今度は彼女に暴力を振るうカップルが乗り込んできた。彼氏の横暴な態度に怪我を負ってしまった彼女に対し、その老女はまた、優しく手を差し伸べるのであった…。

【感想】
 「阪急今津線」という電車の中で起こったちょっとした出来事を集めた話になっているんですが…思った以上に暖かいエピソードが多くて素敵でした。

 深く傷ついて、泣き出しそうな人には、そっと声をかけて、話を聞いてあげる。怪我をしてる人や具合の悪い人にはやさしく手を差し伸べてあげる。

 いきなり知らない人にこんなことをされるとちょっとびっくりしてしまうかと思いますが、ほんとに泣き出したいときとか、苦しいときに優しくしてくれる人がいると、ほんとうれしいでしょうね。

 しかも、誰かに優しくしてあげる理由が、前に自分が誰かに優しくしてもらったことがあるから、その恩返しとして誰かに優しくしてあげるんだっていう・・・なんかこの優しさのバトンが繋がっていくような展開がすごく良かったです。いい話だーって思いました。


 登場人物も、脇役にはちょっと嫌な人いましたが、メインの人たちはみんな「いい人」オーラが出まくってる人ばっかりだったし、見るとほのぼのしたり、優しい気持ちになれる。そんな素敵な映画でした^^

(個人的には芦田愛菜ちゃんの絶妙な発言と、勝地涼さんと、谷村美月さんのほのぼのカップルがすごく好きでした)

★★★★★


 
JUGEMテーマ:映画
映画(邦画:その他) | comments(0) | -

映画「婚前特急」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
バンダイビジュアル
¥ 3,959

 【あらすじ】
 何でも話せる子持ちバツイチの男、美容室を経営しているリッチな年上、可愛い年下、多趣味な不動産屋の息子、小太りで気楽な男。24歳のチエはこんな5人の「彼氏」と同時に付き合っていたのであったが、親友のトシコが結婚したことをきっかけに、5人の男たちの「査定」をはじめることにした。査定が良くない男とは別れることにしたのだ。早速、その「査定」が一番低かった小太りで気楽な男である田無タクミと別れることにしたのであったが、田無は意外なセリフを口にした。「俺たち、付き合ってないじゃん」田無を振ったつもりが、逆に振られたような形になってしまったチエは、プライドを傷つけられたことの仕返しに、田無を傷つけてやることにしたのであったが・・・。

【感想】
 まず、「5股をかける女」が主人公なので、さぞかし性格の悪い女なのかと思いきや・・・意外とサバサバした割り切った感じのする女の子で、でも、それでいてちょっと抜けてるところもあったりしたキャラだったので、意外と嫌な女〜って感じはしなかったです。まぁ当事者なら大変〜なのかもしれないですが、見てる分にはいいキャラ出していて面白かったです。

 で、その主人公を取り巻く5人の男なんですが・・・、不動産屋の息子とか、可愛い年下とか、若干存在感が薄いなって思う人もいたんですが、一番イケてない田無くんの存在感はすさまじくて面白かったです。何を言われてもポジティブ思考。自分の都合のいいようにしか物事を考えない。「別れよう」っていっても「付き合ってないじゃん」って突き放す。挙句の果てには「今まで通り体だけの関係でいよう」と言い放つ。お腹ぷよぷよしてるし、まさにお前が言うな!って感じだったんですけど、これはウケました(笑)

 また、男が5人もいるので、時にはお互いに男同士が鉢合わせ・・・することもあったりしちゃうんですが、それはそれで、修羅場〜になるわけではなくて、コントみたいな誤魔化し合いになってたのが面白かったです。「誰です?こちらは・・・」「あ、兄です・・・」みたいな(笑) 

 コメディ映画とか好きなので、こういう軽いノリで楽しめるのっていいなって思いました(笑)ただ、題材が題材なだけあって、こういうの受け付けない人もいると思うんで、そういう人は見ない方がいいですね(^^;

★★★★☆

JUGEMテーマ:映画
映画(邦画:その他) | comments(0) | -

映画「わさお」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
ポニーキャニオン
¥ 2,331

 【あらすじ】
 とある少年の家で、大切に可愛がられ、幸せいっぱいに育った秋田犬の「シロ」は、ある日、転がったボールを拾おうとして道に飛び出たところ、轢かれそうになり、それを助けようとした母親を大怪我させてしまった。シロのせいで母親が死んでしまうかもしれない。そう少年に思われ、嫌われてしまったシロは、東京にいる叔母のところへ送られることになったのであったが、シロはそこから逃げ出してしまうのであった。
 それからしばらくの月日が経ったある日、少年が住む町で、白いライオンのような犬がしばしば目撃されるようになった。捨て犬を拾っては育てているイカ焼き店のセツ子は、その犬に「わさお」と名づけ、面倒を見ることにしたのであったが・・・。

【感想】
 またまたよく知らない映画を見てきました。タイトルは「わさお」。タイトルを聞いた限りでは、一体なんのこっちゃ?な映画だったんですが、「わさお」っていう実在する犬が出てくる映画でした。で、なんで「わさお」っていう名前なのかっていうと、なんか毛がわさわさしてる犬だからだそうです。「ぶさかわ犬」で有名な犬らしいんですが・・・そんなに有名なんでしょうかね?僕は全く知らなかったんですが(^^; で、それはそうとして、この「わさお」くん。「ぶさかわ犬」とか言われちゃってますが、真っ白で大きくてライオンみたいなたてがみを持っていてなかなか愛嬌があって可愛かったです。いや、可愛いっていうよりも憎めないようなほのぼのとした顔が愛くるしいって言った方がいいんでしょうか?なんか犬好きとか動物好きな方なら、彼(彼女?)を眺めてるだけで結構癒されるような顔をしているので、彼のプロモーション映画としてなら充分に魅力を発揮できてたんじゃないかな〜って思いました。

 ただ、そんな彼の魅力は充分伝わってきたんですが・・・如何せんストーリーが酷かったです(^^; 物語の中盤だけは、綺麗な海で犬が駆け巡るシーンとか、田舎の漁村でのおっちゃんやらおばちゃんやら少年少女やらの何気ないエピソードだとか、ちょっと微笑ましいようなシーンは結構あったりして、なんかほのぼのとしてていいなーって思ったりもしたんですが、後半からクライマックスのシーンは酷すぎました(^^;詳しくは書きませんが、少年よ!お前は一体何がしたいんだ!わさおよ!いくらなんでもそれはありえないだろ!!・・・ってなありえない展開だったので、ちょっと唖然としてしまいました(^^; クライマックスに感動的なシーンを持っていきたい。そういう思惑があったのかもしれませんが、あんな強引な展開に持っていくくらいなら、もっと平凡な終わり方でも良かったんじゃないかなって思います(^^;わさおくん。可愛かったのに残念です。

★★★☆☆

JUGEMテーマ:映画
映画(邦画:その他) | comments(2) | -

映画「インシテミル」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
 時給11万2000円という高額なバイトに誘われて暗鬼館と呼ばれる怪しげな館にやってきた10人の男女。彼らにはバイトの詳細は何も知らされていなかったのであったが、その内容は、24時間監視されながら、7日間を過ごすか、生存者が2名になるまで生き延びるというものであった。まさかみんなで殺しあうなんてことにはならないだろうとタカをくくっていた10人。しかし、翌朝には、早速1名の死亡者が発生していたのであった…。

【感想】
 まず、気をつけないといけないのは、原作と映画は全くの別物だということです。バイトにやってきた人数も名前も年齢も志望動機もバラバラだし、人数が違うのだから、殺される順番や、凶器や犯人までもが違います^^;しかも、原作の方は結構謎解きというか、心理戦みたいなのも感じられたような気がするんですが、こっちの映画の方は謎解き…というよりは、なんか勝手にどんどん殺されていくようなホラーっぽい雰囲気になっています。殺人動機も明らかにおかしいです。頭のおかしい人たちが集まって、勝手に殺しあった…みたいな雰囲気になっちゃってます^^;原作の「インシテミル」と同じなのは、高額の時給バイトに引かれて暗鬼館にやってきて、閉じ込められて殺人ゲームをすることになった…っていうのと、最後の最後のオチの部分くらいでしょうか?原作が良かったから見よう!とか、ミステリが好きだから見よう!って思うとイタい目に遭うのは明らかですので、そういった期待を持ってみるのはやめたほうがいいです(笑)
 
 で、ここまで非難タラタラと書いてきましたが、個人的にはこの映画結構好きでした(笑)「原作と全く違う」っていうのと、「ミステリではない」っていうのを覚悟しておけば、それなりに楽しめるんじゃないでしょうか?出ているキャストも結構好きな人が多かったし、展開上おかしなところも、ツッコミを入れつつ見ていたので、僕はそれなりに楽しめました。

★★★★☆

映画(邦画:その他) | comments(0) | -

映画「悪人」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
 肉体労働系の仕事をしている清水はある日、佳乃という出会い系サイトで知り合った女性出会った。しかし、とある事情から口論になった清水は咄嗟に佳乃を殺害。そして、現場から逃走してしまうのであった。人を殺してしまったという現実に戸惑う清水。しかし、そんな彼の元に、今度は光代という出会い系サイトで知り合った別の女性から連絡が入り、2人は会うことになるのであった…。

【感想】
 加害者とその恋人・家族、被害者とその家族、誰をとってもハッピーエンドではなく、ほぼ全員が不幸になってしまって終わるような展開なので、見終わった後は、ちょっと疲れてしまいました^^;全体的に重い・暗いシーンが続くんですよね…^^;ただ、妻夫木さん、深津さん、満島さんたちが体を張って演技しているだけあって、迫力・見ごたえはなかなかありましたね。
 
 で、タイトルの「悪人」。「悪人」とは一体誰なのかっていうメッセージが込められているんでしょうね。悪意を持った色んな人が登場していて、なかなか色々と考えさせられました。
 
 仕事熱心で、祖父母にも優しかったが、とある事情から殺人を犯してしまった男。殺人を犯してしまった男が自首するのを、自分のわがままで止めてしまって一緒に逃走してしまう女。自分勝手な行動を取り続け、悪意を持った侮蔑の言葉を吐き続ける女。人間をゴミのように扱い、女を人気のない山中に置き去りにしても平気な男。人を殺してしまうような男に育てた祖父母。娘を殺されて復讐に燃える父親。他人の気持ちも考えずに問答無用に押しかけるマスコミ。それぞれ、見方によっては「悪人」であるとも言えるし、そうでないとも言えるような気がします。
 
 殺人犯である清水も、彼を愛する光代や祖父母からすれば「悪人」とは思えないであろうし、映画の中ではかなり「悪人」っぽく描かれていた佳乃も、彼女の両親からすれば最愛の娘。「悪人」であるはずがありません。結局、誰が「悪人」で誰が「悪人」ではないなんてのは主観の問題だし、接する相手によって人間の態度なんて180度変わっていたっておかしくないんですよね。やっぱり一概に誰が「悪人」かなんて決め付けられないのかなって考えさせられました。

★★★★☆
映画(邦画:その他) | comments(0) | -
AMAZON LINK