映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

読書記録「家庭用事件(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【感想】
似鳥鶏さんが送る「市立高校シリーズ」の6冊目ですね。

…っていうかこれ「市立高校シリーズ」っていうんですね。知らなかった!

文庫の装丁もアニメ風に一新されたようで、本屋さんに平積みされてたので

もしかしたらちょっとブームが来てるのかもしれないですね。

戦力外捜査官だけじゃなくてこっちも売れて欲しいので、これを機にちょっとブレイクして欲しいなーと思いました。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆不正指令電磁的なんとか
--------------------------------------
みんなの人気者・柳瀬さんの出演をめぐり、映研とパソ研の間で締結した契約の内容が、何故か書き換えられていたというお話。

それぞれ関係者が画面を確認し、プリントアウトした結果にサインしたので、偽造は考えにくいが

後日確認したら、内容が書き換わっていた!というミステリーなんですが…

まぁ種明かしされるとそうなんだー!って感じではありますね。

実際にこんなことできるのかどうかは僕にはわかりませんが(^_^;)

しかし、柳瀬さんの取り合いで契約騒動とは、柳瀬さん大人気ですなぁ。。。

--------------------------------------
☆家庭用事件
--------------------------------------
葉山くんの家で、普通に生活していたら、突如ブレーカーが落ちてしまったというお話。

その時に特段電力を使ってたわけでもなし、ブレーカーが壊れてるわけでもなし、一体どうして!?なお話なんですが…

真相はなかなか怖い感じだったので、ちょっとやだなーって感じでした(^_^;)

ちょっと考えれば推理できそうな事件ではありますが…解けそうで解けない問題、ちょっとモヤモヤしますね(^_^;)

--------------------------------------
☆優しくないし健気でもない
--------------------------------------
葉山くんの妹の同級生のお姉さんがひったくりの被害に遭ってしまったというお話。

ただ、盗られた鞄は戻ってきて、何故か謎のぬいぐるみまで入っていたというお話なんですが…。

盗られた鞄に余計なものが入ってたたら確かに気持ち悪いですよね(^_^;)

こちら、事件の真相もちょっとびっくりだったんですが、それ以上に葉山くんの妹に驚いたお話でした。。。

そ、そうだったのか、葉山妹!!(^_^;)
JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「迫り来る自分(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【あらすじ】
ごくごく普通のサラリーマンをやっている本田理司。彼は、ある日、たまたま訪れたバーで一人酒を飲んでいたのであったが、そんなところに、自分とそっくりな顔をした男が現れた。自分を見つけると、同じ顔のやつがいる!とばかりに親しげに話しかけてきた彼は、半ば酔いつぶれるまで共に飲み明かすのであったが、それ以降、彼のもとには不審な出来事が頻発するようになるのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆自分が事件の容疑者に!
--------------------------------------
自分のそっくりさんに出会った!かと思えば、その男に犯罪をなすりつけられて逃亡する羽目になってしまう!というお話。

なんでみんなそんなに簡単に騙されちゃうの?特に警察!と思わずにはいられなかったですが…

もしも、自分のそっくりさんが犯した犯罪が原因で、自分が追われる身になったとしたら、たまったもんじゃないですねー(><)


目撃者はみんな、あの人が犯人よ!みたいな感じで訴えてくる。

テレビを見れば、自分の顔が指名手配犯として流れてくる。


やったのは自分じゃない!なのに、誰も信じてくれない!なんて、考えるだけでもおぞましいですね。。。

ストーリー自体は、ひたすら逃げているだけな感じがするので、ちょっと単調な気がしなくもないですが、濡れ衣を着せられて、誰かに追われる感じ、なんかやだなぁって感じた作品でした(^_^;)


--------------------------------------
☆自分と同じ顔が目の前に…
--------------------------------------
あと、やっぱり気になったのは、自分と同じ顔をした人間が、目の前に現れたとしたら、どう感じるのかなーってところですかね。

僕は双子じゃないし、親兄弟もまぁ顔立ちは似てるとは思うものの、間違われるほどそっくりさんじゃないので、全く同じ顔!って人には会ったことがないんですが…

やっぱり、同じ顔の人と出会ったら、嫌悪感を抱くもんなんでしょうかね?

それとも、同じ顔だぁ!って親近感を抱くもんなんでしょうかね?(笑)


たぶん、見かけた直後は、ギョギョっ!とすることは間違いないかと思いますが…

もし、そんな人が実際にいるとしたら、一度話をしてみたいなーなんて思ってしまった作品でした。

(犯罪のなすりつけは御免被りたいですが(笑))


皆さんは、同じ顔の人、会ってみたいですかー??
 
JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「迷いアルパカ拾いました(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【あらすじ】
もうすぐ1日の業務も終わり、という時間、動物園に勤める桃本くんに一通の電話が入った。先に帰ったはずの、七森さんからの電話だ。一体どうしたんだろうと問いただすと、なにやら道端でアルパカを拾ったらしい。何故道端にアルパカが!?という疑問はさておき、一目散に駆けつける桃本くんであったが…。


【感想】
--------------------------------------
☆アルパカさん拾ったよ☆
--------------------------------------
帰り道の道端で、なんと、迷子になっているアルパカさんを見つけてしまった!というお話(笑)

普通に考えたら、野良アルパカなんているわけがないし、ペットとしてアルパカを飼っている…という状況も考えにくい。

きっとどこかの動物園からの搬送中に逃げ出したんだろう…って話なんですが…

このアルパカがきっかけになって、桃本くんが勤める動物園近辺で、奇怪な事件が続出するのがなかなかミステリアスで良かったです。


なぜか失踪する、みんなのアイドル・七森さんの友人。

そして、なぜか尾行され、襲われる桃本くんとその愉快な仲間たち。


正直言って、なかなかややこしい事件なので、読んでてちょっと頭がこんがらがってしまったんですが…

意味不明に登場してくる動物たちと、怪しさ満点の登場人物たちがなかなか楽しいですねー。


ちなみに、アルパカさんは一匹250万円ほどするそうです。意外と高いのですねΣ( ̄ロ ̄lll)

--------------------------------------
☆服部くん楽しい
--------------------------------------
あと、個性豊かな脇役陣なんですが…

今作も服部くんの変態ぶりが際立っていてなかなか楽しかったです。

アルパカさんにつばを吐きかけられて、悶えている桃本くんの動画を撮影し、ひとり萌える服部くん。

恐怖におののき、怯えている桃本くんの表情を見ては、悶える服部くん。

うん。相変わらずの変態っぷりです(笑)

狙われる方はたまったもんじゃないでしょうけど、傍から見てる分には、面白いキャラクターですね(笑)
 
JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「戦力外捜査官 姫デカ 海月千波(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
警視庁捜査一課に新たに配属された海月千波。一見、女子高生に見間違える程の幼い容姿の持ち主の彼女は、一課のエース刑事である設楽恭介とコンビを組んで事件に臨むことになるのであったが、海月は予想以上に捜査能力が低く、足手まといだと判断された彼らは戦力外通告を受けてしまうのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆ドジっ娘警部現る!
--------------------------------------
はたから見ると女子高生のように見えてしまう美少女(?)警部と、エース刑事のコンビが送るドタバタ(?)ミステリですかね。

まぁ表紙からしてラノベ調ではあるので、読者は明らかに本格的な事件捜査を読みたくてこの本を手に取るってことはないかと思いますが…

ミステリとして面白かったかどうかはとりあえず脇に置いておいて、ハチャメチャなドジっぷりを炸裂してくれた姫デカがなかなかユニークで良かったです。


見知らぬ土地にくれば迷子になり…

一人で行動すれば見知らぬ少年たちに絡まれ…

捜査会議に出席すれば何故かさるかに合戦のお話を始め…

木があれば登って挙句の果てに降りられなくなる!


まさしく奇想天外なことを次から次へと繰り広げる姫デカがアホっぽくてよかったです。

側にいたら間違いなくどつきたくなるキャラだとは思いますが...

見てる分には(読んでる分には)アホならアホなだけ面白くていいですね。

読み応えがあるかって言われると疑問ですが、ライトな世界観に浸りたければ読んでみるのもいいんじゃないかなって思いました。


--------------------------------------
☆あとがきが…
--------------------------------------
あと、作者の方があとがきで切実な願い(?)を書かれてたんですが、そこんところもなるほどなーって感じました。

どんなことを書かれていたのかというと…単行本が売れないと文庫化されない!ということ。

そういえば、なかなか文庫化されないなーなんて単行本ってちらほらあるような気がするんですが…

売れないからそのままお蔵入り!なんてことも結構あったりするんですね(^_^;)

そして、単行本が売れない=次の新作も出ない!という事態にも。。。

放っといても勝手に売れていく売れっ子作家さんならともかく、まだあんまり知名度高くないけど、自分はこの人好き!ってな作家さん。

そういう作家さんがいるのなら、やっぱりできるだけ新刊を買ってあげたいなぁと思ってしまいました。

結局のところ、売れないと作家としては食べていけないんですもんねぇ。。。



JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
突然刑事をやめ、兄の経営する喫茶店でパティシエとして働き始めた惣司智。そんな彼の元に、珍客が現れた。それは、彼の元同僚で、自分たちの手ではどうしても解決できない難事件を、彼に解決して欲しいというのだ。さほど気が乗らず、お菓子作りに専念したい智。しかし、なんとかして彼に協力させたい警察は、智ではなく、兄の季を強引に捜査に参加させるという荒業を使ってくるのであった…。

【感想】
元刑事のパティシエが事件を解決する!っていう話ですね。

現役刑事が手も足も出ない難事件を、元刑事が難なく解決しちゃうってのはどーなのよ!ってのと、

刑事からパティシエに転職なんてあり!?なんていうちょっとしたツッコミどころは色々とあるものの、

全体的にはライトな感じの作品になってるので読みやすくてよかったかなって思います。

ただ、事件自体は結構あっさり解決しちゃってるので、若干物足りなさが残るのも確かですかね。

こういうのはやっぱりミステリーとしての中身を期待するんじゃなくて、東京人物のキャラの濃さと、美味しそうな料理を楽しむべき本なのかもしれません。

ちなみに、出てくる料理は「ヴィクトリアン・サンドウィッチケーキ」「スフレ」「タルトタタン」に「モンブラン」

普段喫茶店とかでケーキとかあんまり頼んだことないので、こういう小洒落たスイーツ、ちょっと頼んでみたくなりました。

スイーツが登場する場面はそんなに多くはないんですが、やっぱり登場シーンは美味しそうですねぇ(笑)

JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「ダチョウは軽車両に該当します(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
  【あらすじ】
同僚がマラソン大会に出場するというので、その応援に駆けつけた桃本くんと、その愉快な(?)仲間たち。だが、そんな彼らが目撃したのは、走ってくる人間…ではなく、走ってくるダチョウだった!なんでダチョウがマラソン大会に!?不信感を抱く彼らであったが、このままでは事故になる!そう思った彼らは、ダチョウを止めるためダチョウを追いかけることにしたのであったが…。

 【感想】
--------------------------------------
☆ダチョウが走るマラソン大会
--------------------------------------
マラソン大会を観戦してたら、何故かダチョウが走ってた…っていう話ですね。

ダチョウが軽車両に該当する…かどうかはあんまり出てこなかったんですが…

このインパクトありまくりのタイトルといい、話の設定といい、そのあたりはなんかすごくうまいな〜って思いました。


ダチョウは何故マラソン大会に参加していたのか。

ダチョウ自らマラソン大会にエントリーして参加したのか(んなアホな!)

それとも、誰かが意図的にダチョウを逃してマラソン大会で走らせたのか。

はたまた、どこかで飼われていたダチョウが逃げ出したのか。


なんかどれもあんまり現実的ではないような気はしますが…

ダチョウと走ったり、ダチョウに乗ったり(?)、ダチョウを追いかけたり、なんかハチャメチャな感じが面白かったです。

ちなみに、このダチョウ事件(?)の裏には大きな陰謀が隠されていて、大事件へと繋がっていくんですが…

動物園の飼育員も楽じゃないねーと思えた一冊でした(でも、普通はこんな仕事はしないか(笑))

--------------------------------------
☆動物ネタ満載
--------------------------------------
あと、前作もそうだったんですが、動物ネタが満載で、読んでて結構勉強になるネタが多かったのもよかったなーって思いました。

例えば、鳥は何故、首をかしげることが多いのか?

確かになんか首をかしげてこっちを眺めて可愛らしい仕草をしてる鳥って結構いるような気がするんですが…

それは別に何かを考えこんでるわけじゃなくて実はそっちの方を凝視してるだけだったんですねぇ。

意外と知らない動物ネタ。

似鳥鶏さんは何故そんな知識が豊富なのか?ってのもまたミステリーではありますが、それはそれでなかなか楽しめた一冊でした。

JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「昨日まで不思議の校舎(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
  【あらすじ】
超自然現象研究会が配布した「市立七不思議」特集の冊子。その特集が影響を与えたのか、葉山くんの通う高校で立て続けに事件が発生した。それぞれ七不思議の一つである「カシマレイコ」「口裂け女」「トイレの花子さん」を意識したかのような事件が起こったのだ。美術部も被害にあっていたこともあり、葉山くんは事件の真相を探ることにしたのであったが…。

 【感想】
--------------------------------------
☆学校の7不思議…
--------------------------------------
「口裂け女」「トイレの花子さん」などよくある学校の7不思議。

葉山くんの通う学校でも当然その類の7不思議はあるものの、その7不思議にまつわる事件が発生して…って話ですね。

誰もいない密室状態の放送室からは実在しない「カシマレイコ」を呼び出す放送が流れ、

吹奏楽部や演劇部やミス研では「口裂け女」を連想させる形で、ギターにフルートが、マネキンにサーベルが、ポスターにサバイバルナイフがそれぞれ突き立てられ、

用務員室では「花子さん」を連想させる形で、赤いインクで血まみれ状態を連想させられた人形がおかれていたという話。

実際に花子さんとか口裂け女が出てくるわけじゃないんですが、連続する怪事件に、読んでて興味津々な感じでした。

一体誰が、何のためにこんな事件を起こしたのか。

それぞれの事件の犯人は一人なのか、それとも複数犯なのか。

自分で考えてみてもさっぱりわからん。な感じのこの事件。

例のごとくあの名探偵さんはさらりと解決しちゃうんですが…なかなか凝った感じで面白かったです。

--------------------------------------
☆若干ホラーめいてる…かな?
--------------------------------------
で、名探偵さんのおかげで事件は無事に解決するんですが…その後の続きの展開がすごく面白かったです。

詳しいところは読んでみてくださいってことにしておきますが…思わずちょっとゾッとしてしまうような、そんな展開で。

しかも、過去のシリーズで起こったあの事件までもが今回の事件に絡んで来てしまっていて。

今までどんだけ伏線貼りまくって来たんだろうって思えてしまうくらいの展開にオドロキでした。

なんか今までの集大成みたいな感じになってたので、今回で終わり?とちょっと思わなくもなかったんですが、作者によるとまだ続くようです。

この後どう続いていくのか、気になりますね(^^)
JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「いわゆる天使の文化祭(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
もうすぐ文化祭というある日、美術部員である葉山は、いつものように部室に向かったのであったが、そこで奇妙な張り紙を見つけてしまった。なにやらペンギンのような天使のような張り紙が窓に貼られていたのだ。美術部員は彼ひとりのため他に誰もそんな張り紙を貼るような人に心当たりがなく、これは一体何だと訝しがる葉山。しかし、その張り紙は、実は美術部だけでなく、他の部室にも貼られていたのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆文化祭前のワクワク感
--------------------------------------
葉山くんと伊神先輩が繰り広げる学園ミステリの5冊目です。

今回は、文化祭直前に謎のビラが貼られて、何かの事件の前触れか!?っていうストーリーなんですが、

ただでさえ文化祭直前という「非日常」な期間に、不思議な出来事が次々と起こって…

っていうちょっと当事者だったらテンションが上がりそうな展開がなかなか面白かったです。


現実でも「文化祭を中止しろという脅迫文が…」みたいなニュースがたまにあるかと思うんですが、

実際に当事者になってしまったとしたら、こんな感じで謎の面白さ半分と気味悪さ半分なんでしょうね。

個人的にはちょっと探偵役になって事件を犯人を突き止めてみるのも面白そうだなーってのを感じたんですが…

実際にそんなのに巻き込まれて文化祭が中止にされたんじゃ、楽しみにしてた人たちはたまったもんじゃないですね(^_^;)


--------------------------------------
☆脇役キャラ楽しい
--------------------------------------
あと、今回も、主役の葉山くんをはじめ、名探偵の伊神さんとか、ヒロイン(?)の柳瀬さんとか、伊神さんの妹の翠ちゃんとか、いろいろ出てくるんですが…

みなさんなんかキャラが板についてきた感じがしてなかなか楽しかったです。

伊神さんは相変わらずマイペースでなかなか出てこないし、柳瀬さんは明るいキャラクターで結構笑えるシーンがあったし、翠ちゃんもなかなか個性的で。

特に柳瀬さんが●●の△△△△してるシーンと、葉山くんが☓☓しちゃってるシーンが印象的でした。

今まで読みつづけたファンの方ならなかなか楽しめるんじゃないでしょうか。


ちなみに、事件のオチは、僕はラストを1回読んだだけでは???になってしまってよくわからなかったんですが…

読みなおしてみてなるほどって感じでした。

ちょっと凝りすぎてる感がしなくもないですが、これはこれでなかなか面白かったので良かったです。



JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「まもなく電車が出現します(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【感想】
似鳥鶏さんの学園ミステリの4作目ですね。

前作の「さよならの次にくる」が結構面白かったので今作も期待してしまったんですが…

今作は割とあっさりとした感じの短篇集になってますね。

最後の最後で大ドンデン返しが!!っていう展開ではなかったのでそこはちょっと残念でした。

でも、王道の学園ミステリって感じなので、シリーズ通して読んでる人には楽しめるでしょうね(^^)


--------------------------------------
☆シチューの皿の底は平行宇宙に繋がるか?
--------------------------------------
題名だけ見るとなんのこっちゃ?って感じになるタイトルかと思いますが…

調理実習で作ったシチューを盛った皿の中から、とある特定の人物の「じゃがいも」だけが消え失せていた!という話ですね。

調理実習室で起こったちょっと奇妙な話ってだけなので、そんなに派手な展開ではなかったんですが…

日常のちょっとしたミステリって感じが読みやすくて良かったです。

(まぁ普通はシチューの皿からじゃがいもが消えることはないかと思いますが(笑))

事件の真相はちょっと強引な気がしなくもないですが…まぁこういうのもありかなって感じでした。

ちなみに、シチューの皿の底が並行宇宙につながってる…わけないですよね(笑)


--------------------------------------
☆今日から彼氏
--------------------------------------
今までずっと彼女がいなかった葉山くんについに彼女が!!っていう話ですね。

はじめての彼女で、デートに何を着ていったらいいか悩んだり、何をメールしようかと悩んだり、一緒にいるときに何を話そうかと悩んだり。

高校生の純粋な少年の初々しい気持ちが上手く表れていて、読んでいてちょっと清々しい気持ちになれました(^^)

でも、この作品のジャンルはあくまでも「ミステリ」なんですよね。。。

今までモテなかった葉山くんに急に彼女ができるということはそれ相応の理由があるわけで…

その後、葉山くんを待ち受けている悲劇がちょっと可哀想すぎでした。。。

最終的に葉山くんの恋は成就するのか、それとも破局してしまうのか。

気になる方はぜひ読んでみてください。

(シリーズものなので1作目から!(笑))

JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「さよならの次に来る 新学期編(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【感想】
ちょっと草食系な美術部員の葉山くんと、頭脳明晰な伊神さんの日常を描いた(?)ミステリですね。

前作の「卒業式編」で探偵役の伊神さんが卒業してしまったので、このあとどう続くんだろう?って思ってたんですが…普通に続くんですね。

謎解きが大好きな(?)伊神さん。卒業しても、事件を解決するために高校にやってくるところが面白かったです(笑)

また、この「さよならの次に来る」っていう作品、なぜか二部構成の「卒業式編」と「新学期編」とに別れていて、なんで別れてるんだろー?って疑問に思ってたんですが…

こっちの「新学期編」に思わぬドンデン返しが含まれていたのが面白かったです。

「卒業式編」に出てきた事件が、あれはあれでちゃんと解決したと思わせておいて、事件の真相は実は…みたいな。

何気に「卒業式編」は伏線貼りまくりで、こっちで颯爽と真相解明!

読んでる立場としては完全に騙されてはいたんですが…なかなか痛快で気持ちよかったです(^^)

興味を持たれた方は、ぜひ「新学期編」じゃなくて「卒業式編」から読んでみてくださいね(笑)

…ってそうそう、その前に「理由あって冬に出る」が1作目でしたので、まずはそちらからですね(^_^;)

--------------------------------------
☆ハムスターの騎士
--------------------------------------
葉山くんが、たまたまストーカーに怯えている美少女の後輩と曲がり角で「ごつん」してしまい、彼女を守ることに…ってな話ですね。

出だしはかなりベタなラブコメ風ではありますが…彼女を助けるために必至な葉山くんがなかなかいい感じでした。

そして、演劇部のみんなにも協力をしてもらってストーカー退治に!ってな展開がなかなかユニークで面白かったです。

ストーカーに怯えてる立場だったらそんな怖い思いはしたくないでしょうけど、「ストーカー退治大作戦!」みたいなのをみんなでわいわいやるのってなんか楽しそうですよね。

「こちら○○、異常なし!」「こちら○○、不審物発見!」

ちょっとそういう探偵気取りなこともしてみたかったなって思いました(笑)

--------------------------------------
☆ミッションS
--------------------------------------
友人が「システム管理室」に置き忘れてしまった極秘のDVDを回収するため、職員室からその部屋の鍵をこっそりと盗み出せ!って話ですね。

こちらもなんだか「スパイ大作戦」みたいな展開がユニークで良かったです(笑)

葉山くんは「たまたま」職員室の掃除担当だったから、こっそりと鍵のある先生の引き出しに近づいてこっそりと鍵を…

でも、職員室には他の先生の目もあるし、引き出しを開けているところを見られたら大変なことに!!!

…なドキドキな感じがなかなか楽しかったです。

こちらも演劇部韻のみんなと結託して、敵の目を逸らしたり、罠を仕掛けたり。

本当はちょっといけないことなんだけど、でもなんか楽しそうな、そんな展開が面白かったです(^^)

JUGEMテーマ:読書
本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -
AMAZON LINK