映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「オリンピックの身代金」 | main | 映画「DRAGONBALL EVOLUTION」 >>

映画「ホノカアボーイ」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
ポニーキャニオン
¥ 3,620
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
伝説の虹・ムーンボーが見える場所があるというハワイ島のホノカア。
大学生のレオは、その場所を探し求めて彼女とやってきたのだが、
その場所は見つからず道に迷った挙句に彼女と大喧嘩してしまう。
そして、それがきっかけで帰国後はそのまま別れてしまうことになった。
本来ならば悲しいはずなのだが、不思議と悲しみが湧いてこなかったレオは
思い切って大学を休学し、不思議な魅力のあふれるホノカアに
住んでみることにしたのだった・・・

【感想】
まぁいかにも「癒し系」オーラが漂ってそうな映画だとは思いましたが、
見てみて実際に癒しに満ち溢れている雰囲気な映画でした(笑)
ハワイの綺麗な映像や音はもちろんのことですが、役者の皆さん自体が
なんか癒し系な雰囲気を持ってる人が多かったですからね。
こまごまとしたやり取り自体がなんかほのぼのしててほっとしました。

特に主演(?)の倍賞千恵子さん。
なんか見るからに「おばあちゃん」な雰囲気になってましたが、
ひとつひとつの仕草が可愛らしくて乙女チックで素敵でした。
ちょっとしたいたずらをしてみたり、嫉妬してみたり、お洒落してみたり。
こんな少女みたいな感性を持ったおばあちゃんってそうそういないですよね。

あとは、主演の岡田将生さん。
こちらもなんか癒し系な雰囲気が出ていてよかったです。
カッコいいんだけど気取ってなくて、鈍感でちょっと抜けているような
なんか年上の女性から見たら母性本能がくすぐられるようなタイプでしょうか?
彼もなんかいい味だしていてすごく映画にマッチしていてよかったです。
岡田さんの魅力満載なので、ファンの方はぜひ見てください(笑)


ストーリーの方は、あってないようなものなので、
ちょっと肩を落としてリラックスしたいようなときに
気楽な気分で見るのがいいのかもしれませんね〜。


最後に、ハワイが舞台なのに、なんでみんな日本語がお上手なのでしょう?
と思ってしまったんですが・・・そこはツッコミなしなんでしょうかね(笑)

満足度:★★★★☆
映画(邦画:その他) | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK