映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「夏と花火と私の死体」 | main | 小説「新世界より」 >>

小説「同級生」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 700
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
同級生で、かつ、自分の彼女だった宮前由紀子が事故死した。
噂では、彼女は妊娠していたという。
しかも、事故の原因は、御崎という教師に追われていたからだという。
御先に対して激しい憤りを覚えた俺であったが、
ある日、御崎が何者かによって殺害されるという事件が起こる。

【感想】
まぁよくある学園ミステリだと言ってしまえばそれまでなんですが、
高校生が主人公で、高校が舞台な作品なので、フレッシュな感じがしますね。
ただ、出てくるキーワードとしては、妊娠だとか自殺だとか
そういう言葉が多いので、ちょっと重い雰囲気でもあったりもするんですが。

で、肝心の内容の方はというと、主人公の彼はあんまり推理をして
事件を解決していくのではなくて、事件のキーパーソンとして扱われて、
警察からも周囲からも白い目で見られてしまうという役回りなので
なんかちょっと可哀想な感じがしましたね^^;

本 【東野 圭吾】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK