映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画「G.I.ジョー」 | main | 映画「ウルヴァリン」 >>

映画「サブウェイ 123」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 2,925
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
ニューヨークの地下鉄の電車が緊急停止した。
しかも、1両だけが切り離され、残りは後戻りを開始した。
不審に感じた地下鉄運行司令部のガーバーは
電車に無線連絡を入れたのだったが、それに応答したのは
車掌ではなく、ライダーと名乗る男であった。
そして、車両に残る19人の人質と引き換えに
1000万ドルを1時間以内に支払うようにというのだった。

【感想】
もっと過激な連続テロが発生し、そこら中の地下鉄で
パニックが起こりまくるような事態が発生する映画を
想像してしまっていたので、それと比べると
なんだかちょっと地味〜な印象を持ってしまいました^^;

大地震とかウィルスとかテロとか未確認生物の侵略とか
なんだかそういうスケールのでかい映画をよく見ていたので
ちょっと感覚がおかしくなっているのかもしれません^^;

ただ、そういう偏見を抜きにしても
なんかちょっと微妙な映画だったような気がします。

名優ジョン・トラボルタとデンゼル・ワシントンの
シリアスな演技は作品の重厚感を上手く醸し出していて
味のある雰囲気になっていると思うんですが、
ストーリーの方がちょっとわかりにくかった気がします。
2人の駆け引き自体はなかなか面白かったんですが、
犯人の人物像とか、行動の意図とかがちょっと
よくわからなかったですね(特に最後のシーン)。

満足度:★★★☆☆

映画(洋画:アクション) | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK