映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「殺人現場は雲の上」 | main | 小説「白馬山荘殺人事件」 >>

小説「あかんべえ」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
宮部 みゆき
新潮社
¥ 540
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
まだ12歳の少女であったおりんとその両親は、彼らの念願であった
料理屋を始める為、「ふね屋」へと越してきたのであったが、
越してきたすぐ後に、おりんは重い病に倒れてしまう。
生死の境を彷徨った挙句に、奇跡的に回復するおりんであったが、
それを堺に、おりんは、家族のほかに、見知らぬ人たちが、
「ふね屋」に住んでいることに気がつくのであった…。

【感想】
宮部みゆき作品は好きなんですが、時代物はちょっと
苦手意識があったので、なんだかんだで初挑戦でした。
やっぱり時代物だと、現代物と比べて言葉とか名前が違うので、
若干読みにくいなって感じることは多かったものの、
さすがは宮部みゆきさんって感じで、ストーリーは面白かったです。

簡単に言ってしまうと、おりんたちが引越してきた「ふね屋」には
元々成仏できなかった5人のお化けたちが住んでいたんですが、
おりんは何故か彼らの姿が見えてしまい、彼らと仲良く
なってしまうというような話です。また、5人の中には
少々問題のあるお化けもいるので、そのお化けが色々と「事件」を
起こしたりして、料理屋である「ふね屋」が大パニックに…
といったようなちょっとコメディっぽい雰囲気もあります。

登場人物はけっこう多いんですが、この、人とかお化けとか
いっぱい入り乱れて大騒ぎするようなシーンはなかなか爽快でした。

あと、お化け5人衆も個性豊かでなかなか好きでした。
「あかんべえ」をしてくるお梅、涙もろくて暴れん坊のおどろ髪、
色っぽいお姉さんのおみつ、按摩が得意な笑い坊、
そして、優しいお侍の玄之介。
なかなかユニークなお化けたちだったのが印象的でした。

本 【宮部 みゆき】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK