映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「骸の爪」 | main | 小説「晩夏に捧ぐ」 >>

小説「ブラジル蝶の謎」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
有栖川 有栖
講談社
¥ 580
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
犯罪社会学者の火村と、推理小説家の有栖川は、とある事件の現場へと招かれた。そこは、金融会社ボナールローンの社長宅であったのだが、そこで、社長の弟が死亡しているということであった。社長自身も先日他界しており、社長の妻とその兄、そして、社長の参謀と、顧問弁護士の4人が容疑者として浮上してきたのだったが…
【感想】
火村&有栖川コンビの短編集です。どれも登場人物が少なくて、容疑者が少ないシンプルな事件が多くなっているので、読者が推理して楽しむこともできそうな感じですね。短編集であっさりしてるので、読み応えがそれほどないので、気軽に読めるのがいいと思います。

本 【有栖川 有栖】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK