映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「水の通う回路」 | main | 小説「SOSの猿」 >>

小説「わらの人」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
山本 甲士
文藝春秋
¥ 690
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
地味で気が弱く、嫌な仕事も押し付けられてしまう須川沙紀は、ある日、後輩が、将来は沙紀のようにはなりたくないと言っているのを聞いてしまい、ひどいショックを受けてしまう。こんな自分は嫌だ、変わりたいと思った沙紀は、思い切って初めての理容室に入り、大胆に髪を切ってもらうことにしたのだったが、出来上がった顔はまるで別人のようだった。髪型が変わったことにより、気持ちも今までよりも強気になれた気がしてきた沙紀であったが…

【感想】
色んな人が、髪を切ることによって変身を遂げていくというような短編集なんですが、地味だった女性が、大胆で強気な女性に大変身!みたいな展開だった1つ目のエピソードは結構好きでした。
髪型や服装を変えれば気分も変わってくることってありますよね。これを読むとなんかちょっとイメチェンしてみたい気分になってきますね。
本 【山本 甲士】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK