映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「Another」 | main | 小説「陰謀の日」 >>

小説「インディゴの夜」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
加藤 実秋
東京創元社
¥ 714
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
「クラブのようなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」という話から産まれたホストクラブの「indigo」。そこのオーナーは高原晶という女性がフリーライターという仕事の傍らに経営していたのであったが、人気はなかなかの上々であった。しかし、このホストクラブには一つ謎が存在していた。何故か次々とトラブルに巻き込まれるのだ。仲間意識が強いindigoのメンバーは結束してトラブルに対応していくのだったが…。

【感想】
ホスト達がトラブルに巻き込まれてみんなで事件を解決する。設定としてはなかなか面白いとは思うんですが、キャラクターにあんまりインパクトがないのが残念でした。キャラクターの服装は妙に凝った描写をしていたので、そこはなんか頭に残ったんですけどね^^;個人的にはちょっと微妙な作品でした。

本 【その他】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK