映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「誘拐」 | main | 小説「林檎と蛇のゲーム」 >>

小説「the TEAM」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
井上 夢人
集英社
¥ 700
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
 人気霊能力者の能城あや子。テレビ番組でも相手の悩みをズバッと見抜き、すぐに解決へと導くその実力に、人気は日に日に高まっていくのであったが、実は彼女には霊能力などというものは備わっておらず、実際は彼女をサポートするチームが、依頼者の素性を調査し、原因を究明していたのだった。そして、そのチームのメンバーである賢一と悠美は今日もまた、依頼者の調査を行うのであった…。

【感想】
 インチキ霊能力者の話なんですが…インチキして単純に金儲けをするような話ではなくて、依頼者の悩みを適切に取り除いてあげるような話なので、なかなか爽快な感じで面白かったです。たとえインチキであっても、依頼者の不安が取り除かれて、元気になるのであれば、それはそれでアリのような気がしますよね。(調査の為に空き巣に入るってのはちょっと問題あるかと思いますが^^;)
 それから、このインチキ霊能力者のウソを暴いてやろうとする「敵」も当然の如く出てくるんですが、それとのバトルも面白かったです。いくら「敵」と言えども、みんな何かしら悩みを抱えていたりするわけで、「敵」のワナをさらっと回避して、逆に「敵」の悩みを解決してあげちゃったりする展開はスカッとしてよかったです(笑)また、依頼者はそれぞれ謎を抱えていたりするので、その謎の真実に迫っていくような展開もワクワク感があって面白かったです。
本 【井上 夢人】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK