映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「緋色のペンダント」 | main | 金持ち父さん貧乏父さん >>

映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
 大手家電メーカーに勤め、エリート街道まっしぐらだった肇は、田舎に残してきた一人暮らしの母が倒れ、また、会社の同期であった仲間が交通事故で亡くなるという出来事を立て続けに体験し、改めて自分を見つめなおすきっかけを得ることができた。そして、昔から自分は鉄道が好きだったことを改めて思い出し、故郷の鉄道会社が新たに運転手を募集しているのを知った肇は、49歳という年齢を乗り越えて、運転手に応募してみることを決意するのであった。

【感想】
 ちょっと展開上無理があるかな〜?ってシーンもいくつかあったんですが、まぁ細かいことには目をつぶるとするといい話でした。自分らしさを捨てて、両親も捨てて、時間に追われてサラリーマンを続けるよりも、自分の夢を仕事に出来て、それで食べていけるっていうのであれば、それはそれで幸せな人生なんですよね。この主人公のように49歳になってから、今までの会社人生を全て投げ出してまで夢を実現させるっていうのは、現実的に考えるとかなり難しいことだとは思うんですが、見ているこちらにも夢を与えてくれて、元気づけてくれるような、そんな展開だったので、見ていて励まされました。夢があってそれを仕事に出来たら幸せでしょうね〜。うーん。うらやましいです。
 あと、役者陣としては主人公・肇の娘役の本仮屋ユイカさんと、肇と同期で運転士になった青年役の三浦貴大さんがいい味を出してたと思います。本仮屋ユイカさんは、父親と母親が仕事で働く姿を見て、社会人に対しての違和感を感じつつ、就職・そして仕事像に悩む女子学生姿が、三浦貴大さんは、夢を諦めて運転士になったという、肇とは間逆な立場からスタートして、段々運転士の仕事に惹かれていく不器用な青年の姿が上手く表現できていたと思います。

満足度:★★★★☆
映画(邦画:その他) | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK