映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「殺人症候群」の感想 | main | ドラマ「野ブタ。をプロデュース」第8話。 >>

小説「プラスティック」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
プラスティック
プラスティック
井上 夢人

個人的評価:★★★☆☆

元岡嶋二人のメンバーの作品。
最近ちょこちょこ岡嶋二人の本を読んでたので
井上さんの作品にも手を出してみました(笑)
でもこの作品は…やや物足りない感じがしますかねー。
大体の人は、途中で謎を解決しちゃいそうな感じがしますし(笑)
ラストのラストでドンデン返し!!ってのは
今回はあんまり期待しない方がよろしいようです。

でもでも話の流れはグイグイと引き込まれちゃうので、
決してつまらない内容ではないです。
ストーリーは、とある女性の身辺に起こる不可解な事件をもとに書かれた
日記からスタートし、その周辺人物のインタビューや手記を交えつつ
ラストに向かって話が進んでいく…というスタイルをとっています。
独特な書き方だとは思うんですが…最後まで読むと
その手法にも理由があったんだなぁと理解できるので
なかなかスッキリ終わってくれるんじゃないかと。

岡嶋二人の作品が好きな方にオススメですね♪
本 【井上 夢人】 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakuwaku22.jugem.jp/trackback/147
この記事に対するトラックバック
AMAZON LINK