映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画「アンストッパブル」 | main | 小説「失踪トロピカル(七尾与史)」 >>

小説「チーム・バチスタの栄光(海堂尊)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
 東城大学医学部付属病院で、通称愚痴外来と呼ばれる不定愁訴外来で働く田口は、ある日、高階院長に呼び出された。一体何事かと思った田口であったが、院長の話によると、難関手術であるバチスタを何度も成功に導いているチーム・バチスタで、最近不審な術中死が続いているのだという。医療ミスなのか、はたまた殺人なのか。その真相を田口に探って欲しいのだという。院長の頼みに断ることも出来ず、田口は、チーム・バチスタの面々と個別に面談を行うことにしたのであったが・・・。

【感想】
 これまた映画化もドラマ化もされて超有名な作品かと思いますが・・・なんだかんだで原作読まないままズルズルと来てしまったので改めて読んで見ました。読んでみた印象としては・・・田口も白鳥もだいぶ設定が違っているようなところは気になるものの、原作もやっぱり面白くて良かったなーって思いました(^^ でも原作だと、田口は冴えない男性で、白鳥は太った感じの男性なんですね(^^; 映画版しか見たことなくて、田口は竹内結子さんのイメージで、白鳥は阿部寛さんのイメージだったので、だいぶ外見的な雰囲気が違うなーっていう印象は受けました(^^;何がどうして、あの白鳥を阿部寛さんで行こうっていう話になったのか気になりますね(^^;

 まぁそんな白鳥ですが、阿部寛さん演じる映画版の白鳥とはまた違った味のある白鳥が面白くて良かったです。行く先々で半ば喧嘩を売ってるような感じで挑発して、相手を泣かせたり怒らせたりしてみせるシーンが多々あるんですが、その辺の手法というか白鳥の性格というか、そんなところが、なかなかユニークで笑える展開で良かったです。でも、こういう傍目にはただ相手を侮辱しているようにしか見えない行為でも、こういう風に極限の状態にまで持っていって相手の反応を伺うっていう方法は、相手の本心を暴くには有効なことかもしれないですね。普段は回りの反応とかを気にして、言いたいことも言えずに我慢したり、本当は焦ってたり泣きたかったりするのに、何気ない風を装う人って結構いますもんね。まぁ普段の実生活でこんな攻撃的なやり方してたら、確実に味方がいなくなりそうな気がするので、実用には耐えないですが、小説とかフィクションの世界で、こういうのを見てる分には面白くていいですよね(^^

JUGEMテーマ:読書
本 【海堂 尊】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK