映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「ひなた弁当(山本甲士)」 | main | 小説「モデラートで行こう♪(風野 潮)」 >>

小説「オレたち花のバブル組(池井戸潤)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
 巨額の損失を出すことが決定的となった老舗ホテル・伊勢島ホテルを担当することになった、東京中央銀行の半沢直樹。彼は、ホテルの再建を目指すべく、ホテルの本社に赴き、経営陣と対面することになったのであったが、そこでわかったのは、彼らが決して銀行には協力的ではないということで、損失が出ることも知っていた上で、銀行に隠蔽していた可能性が感じられたのであった。一方、そんな東京中央銀行に、金融庁から検査が入ることとなった。巨額の損失が発生する伊勢島ホテルに多額の資金を融資したことに問題があるのではないかということらしい。直接自分が融資を担当していたわけではないものの、問題ありと判定されれば自分の責任になってしまうことが判りきっていた半沢は、何とかして伊勢島ホテルを再建させようとするのであったが・・・。

【感想】
 「オレたちバブル入行組」の続編です。今回も理不尽な連中と思いっきり戦ってくれます。

 直接は関係ないのに、責任の全部をなすりつけてきて、自分は安全なところに逃げようとする上司や同僚。銀行は単なる金を出す機械かのように思っていて、とにかくお金を出させようと画策する顧客。銀行のあら探しばかりをして、自分たちは神様であるかのように振舞う金融庁のお役人。ほんと理不尽なことを仕掛けてくる連中がわんさか出てくるので、ほんと読んでいて腹が立ってきます。

 でも、そういった理不尽な要求に黙って屈するような主人公ではないので、そこら辺はやっぱり読んでいて気持ちが良かったです。どんなに卑怯で姑息な手段を持って襲ってくる相手であっても、冷静に対処して切り返して、相手の弱点を突き止めて容赦なくとどめをさす。最初のうちはどんなにえらそーに横暴な態度を取って来るような相手であっても、クライマックスが近づくにつれて、今までやってきた悪事が次々と明らかにされて、どんどん青ざめていって最後にはみんな半沢にひれ伏す。そんな展開なので、やっぱり痛快でスカッとしますね。ざまあみろこのやろー!みたいな(笑)

 今まで3冊読んできて、まぁ展開的にはどれも同じパターンみたいな感じがしますが、こういったちょっと小難しそうなイメージのある企業小説を、面白く痛快に描くのは上手いなーって思いました。銀行の世界とかあんまり知らなかったんですが、楽しみながら知れることも沢山あるし、こういう感じの本もなかなかいいなって思います。

JUGEMテーマ:読書

本 【池井戸 潤】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK