映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「毒殺魔の教室(塔山郁)」 | main | 5月総括 >>

小説「ヤングアダルトパパ(山本幸久)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
山本 幸久
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,575

 【あらすじ】
 久遠静男14歳。見た目はごく普通の中学2年生だが、彼には大きな秘密があった。なんと、彼には生後5ヶ月になる息子・優作がいるのだ。ちなみに、その子供の母親である花音は出かけたまま2週間行方知れず。静男の両親も、離婚したため母親はおらず、父親も不在がちなため、優作の面倒は静男がみなければならないのだ。幸いにも今は夏休みなため、優作の面倒は静男一人でもできるが、夏休みが終わってしまうとそういうわけにもいかず、どうにかしないとと考える静男であったのだったが…。

【感想】
 14歳の男の子に息子が!っていう話なので、なんかもっとドロドロした重い話かと思ってたんですが、思ったよりずっとからっとした、ライトな感じで描かれていたのが印象的でした。まぁ、山本幸久さんの作品なので、雰囲気は他の作品と同様って感じなんですが…。

 ただ、なんかあまりにもライトに描かれているせいか、なんかものすごく現実感が乏しい雰囲気になっちゃってますね。なんだかよくわかんないけど、子供が産まれてパパになっちゃったよー。だから、息子の面倒みなきゃいけないから大変だよー。なんかそんなノリな気がしました(^^;

 なので、そのライトなノリについていければまぁそれなりに楽しめたのかもしれませんが…個人的にはちょっと微妙な感じでした(^^;

JUGEMテーマ:読書
本 【山本 幸久】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK