映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画「探偵はBARにいる」 | main | 映画「僕たちは世界を変えることができない。」 >>

小説「チヨ子(宮部みゆき)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
1日1万円のアルバイトがあると言われてノコノコとやってきた「わたし」がやることになったのは、5年前のかび臭いピンクのうさぎの着ぐるみを着ることだった。明らかに古びていて汚らしいので決して着たくはなかったが、着てみると何か不思議なことに気がついた。なぜか、周りにいる人たちが、ガンダムやらぬいぐるみやらに見えるのだ。どうやら、この着ぐるみは変な能力が備わっているらしいのだが…。

--------------------------------------
☆チヨ子
--------------------------------------
着ぐるみを着たら、周りの人たちがぬいぐるみやらロボットに見えてしまう−って話ですね。

表題の「チヨ子」もその中のぬいぐるみのひとり。

一体「チヨ子」は何者なのかー、なんでそういうのが見えてしまうのか−ってのは伏せておきますが、ホラーではなく、なんかちょっと暖かい感じの話でなかなか素敵でした。

かび臭い着ぐるみに入るのはちょっと嫌ですが、その中から自分を見た場合、自分は一体どんな姿になっているのか…

想像してみるとちょっと楽しそうな感じがしました(笑)



短篇集なのでこの他にも4つほど短編が入ってたりするんですが…個人的にはちょっと微妙だったかなーって感じでした(^^;

でも、ジャンルはホラーだったりファンタジーだったりミステリーだったりなんかいろんなのが入ってるような感じだったので、いろんな雰囲気の作品を一気に味わいたい!って思ってる人にはお得な内容かもしれません(笑)

JUGEMテーマ:読書
本 【宮部 みゆき】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK