映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画「ハラがコレなんで」 | main | 小説「水底フェスタ(辻村深月)」 >>

小説「ビブリア古書堂の事件手帖2(三上延)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
鎌倉でひっそりと経営されている古書店「ビブリア古書堂」。本のこととなると天才的な推理能力を発揮するその美人店長のもとには、数々の本にまつわる珍事が舞い込むのであったが、そんな彼女のもとには、今回もまた不思議な謎が持ち込まれるのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆本ネタが面白い
--------------------------------------
本にまつわる謎を美人店長が解決するーっていう話なんですが…

今回はその謎解きに加えて、雑学っぽいネタがいろいろと含まれていたのが面白かったです。

あの大人気作家は実は○○だったーとか、意外にもこういう本を書いていたーとか。

もちろん、雑学なんで、知らなくても困らないーっていうような内容なんですが、自分は全然知らなかったことだったし、意外性もあったのでなかなか面白くて良かったです。

普通に謎解きをしてるだけでも面白いかと思うんですが、それに加えてこういう小ネタが散りばめられているってのもなんか楽しくていいですね(^^)


--------------------------------------
☆ちょっとマンネリ?
--------------------------------------
ただ、難があるとすれば、若干マンネリ感が漂ってきてる感じがするところでしょうかねー。

ストーリーとか決してつまらないわけではないんですが、1作目ほどのインパクトはやっぱり感じられないし、なんか物足りなさを感じてしまったのも事実でした。

主役のふたりの関係があんまり進展しないし、謎を残したまま、続編に続くーみたいな感じで終わっちゃってるからでしょうかね?(^^;

前作は星5個を付けちゃいましたが、今回はさすがにそこまではいかないかなーって感じです(^^;

まぁこの作品の雰囲気が好きーってのは変わらないので応援はしたいですけど。

本 【三上 延】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK