映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画「指輪をはめたい」 | main | 小説「わくらば追慕抄(朱川湊人)」 >>

小説「長い長い殺人(宮部みゆき)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
私はとある刑事の財布である。7年も使ってくれているので、だいぶくたびれてきてはいるが、その分、ご主人さまである彼のことはよく知っている。そんな彼が、とある事件を担当することになったらしい。そのとある事件とは、とあるサラリーマンである森元隆一がひき逃げされたという事件だ。容疑者として、彼の妻法子が疑わしいらしい。しかし、彼女を犯人だと断定する決めてがないらしく…。

【感想】
--------------------------------------
☆財布が主人公!
--------------------------------------
この小説の特徴は…なんといっても、財布が主人公!ってところでしょうね。

人間が主人公なのは当たり前で、動物が主人公ってのも結構あったりするかと思うんですが…財布が主人公ってのはかなり珍しいんじゃないでしょうか(^^;

しかも、扱ってるのが、財布の日常…ではなく、連続殺人事件というミステリだっていうんですから…びっくりです(笑)

さすが宮部みゆきさん!って感じですね。

で、財布が主人公な今作なんですが...あらすじに書いた刑事の財布だけじゃなくて、他の関係者の財布にもバトンタッチしていくような形で話が進んでいくのがまたユニークでしたね。

刑事の財布から始まって、目撃者の財布になったり、被害者の財布になったり、探偵の財布になったり。

いろんな視点から物語が語られるので、立体感が感じられてよかったなって思います。

ただ、登場人物がちょっと多いので、えっとこの人誰だっけ?…になってしまう人もなんにんかいたのがちょっと残念でした(^^;

ちょっと人間関係が複雑になりすぎてるかなーって思います。

まぁメモ片手に相関図を書いて読んでみるのも一興かと思いますが(笑)

本 【宮部 みゆき】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK