映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「鉄の骨(池井戸潤)」 | main | 読書記録「二人の彼(群ようこ)」 >>

作家別マイベスト(万城目学)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 好評いただいてます、作家別マイベストの3回目です。

今回は、作品を出せばみんな映画化・ドラマ化になってる売れっ子作家の万城目学さんでいきたいと思います。

一応ほぼ全ての作品を読んでるかなって思いますが、ベスト5を選ぶとしたらこんな感じですかね。

良かったら、皆さんの好きな作品も良かったら教えてください(^^)

1位:鹿男あをによし(★★★★★)
ご存知ドラマ化された作品ですね。
ちょっとした学園ドラマ風でありながら、奈良が舞台で、鹿に話しかけられたり、奇想天外なことが続々と巻き起こる、ファンタジーチックな展開がすごく好きでした。

2位:偉大なるしゅららぼん(★★★★★)
こちらはまだまだ映像化はされてないですが…琵琶湖を舞台にした壮大なスケールの話ですね。こっちも若干学園ドラマ風ではあるんですが、超能力を使うキャラが出てきたりして、バトルがあったりでなかなか楽しかったです。

3位:鴨川ホルモー(★★★★☆)
こちらは映画化された作品ですね。「オニ」が出てきたり「ホルモー」やったりでかなり独特な世界観が面白かったです。こっちも大学が舞台なので読んでて懐かしい感じでした。

4位:ホルモー六景(★★★★☆)
「鴨川ホルモー」の番外編みたいな感じですかね。脇役さんたちが出てくるので、「鴨川ホルモー」の世界観がこっちでもちょっと味わえました。

5位:プリンセストヨトミ(★★★★☆)
こちらも映画化作品ですね。またスケールのでかい話ではあるんですが…もうちょっとファンタジー色が強くてもよかったかなって思います。


----------------------------------------------------------------
それ以外の作品
----------------------------------------------------------------
かのこちゃんとマドレーヌ夫人(★★★★☆)
ザ・万歩計(★★★★☆)
ザ・万遊記(★★★☆☆)

ちなみに読んだ本は8冊、平均評価は4.125でした。

次回作が楽しみです(^^)

評価:
万城目 学
産業編集センター
¥ 1,260

作家別マイベスト | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK