映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「シアター!(有川浩)」 | main | 読書記録「出口汪の論理的に考える技術(出口汪)」 >>

読書記録「アコギなのかリッパなのか(畠中恵)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
大学生でありながら、大物政治家・大堂剛の事務所の事務員をしている佐倉聖。彼はその頭のキレの良さを買われ、大堂の周りで巻き起こる様々なトラブルの火消し役として、各地を飛び回ることになるのであったが、そのトラブルは、彼の想像に反して、ちょっと変わったものが多いのであった…。


【感想】
--------------------------------------
☆政治ミステリ…と見せかけて日常ミステリ?
--------------------------------------
政治家事務所の事務員が主人公というちょっと変わったミステリーなんですが…

「政治臭さ」はあんまりなくてなかなか読みやすいミステリでしたね。

後援会員の家に出るという「毛の色が変わる猫」を探したり、ダイエット中なのになぜか太ってきたという商店街の男性の謎を解いたり。

主人公が「政治家事務所の事務員」で、出てくる登場人物が「議員」だったり「秘書」だったり「ボランティア」だったりする意外は普通の「日常系ミステリ」な話でした。

もっと濃厚な政治関連のミステリを期待してしまうと肩透かしを食らってしまう感じになっちゃうかと思いますが、そうではない普通のミステリファンなら、読みやすくていいんじゃないかと思います。

--------------------------------------
☆政治の世界も下っ端は辛いよ?
--------------------------------------
で、この作品の主人公の佐倉聖くんは、大学生でありながら、政治家事務所の事務員をしてるわけなんですが…

「元国会議員」のオヤジ(?)に振り回されてあっちに行ったりこっちに行ったりのパシリ(?)な感じがなかなか面白かったです。

変な猫が現れれば調査に行き、暴力事件が発生すれば問題解決に乗り出し、宗教団体が絡んでくれば潜入調査(?)みたいなことまでやってのけちゃう。

要はどこぞの探偵さんみたいになんでもありな活躍しちゃってますね(笑)

派手なアクションシーンこそなさそうですが、万能事務員の聖くんがなかなか魅力的でした(笑)

JUGEMテーマ:読書
本 【畠中 恵】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK