映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「アシンメトリー(飛鳥井千砂)」 | main | 読書記録「PK(伊坂幸太郎)」 >>

読書記録「桑潟准教授のスタイリッシュな生活(奥泉光)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
某短大で日本文学を教えていた桑潟准教授は、ある日、たらちね国際大学に移ることになった。危ないと言われていた短大に見切りをつけ、千葉の片田舎にあるこの大学に逃げてきたのだ。ここで心機一転がんばろうと心に誓った桑潟准教授。しかし、そこでは想像していたのとは違った生活が待ち受けていたのであった…。


【感想】
--------------------------------------
☆スタイリッシュな生活?
--------------------------------------
タイトルが「桑潟准教授のスタイリッシュな生活」で、表紙が若くて黒縁メガネのイケてる感じの男性が自転車に乗ってる絵だったので、

若くてかっこいい准教授のイケてる毎日が描かれてる作品なのかなーって思って読んでたんですが…

見事にイケてなくてある意味笑えました(笑)

仕事はやる気ないし、向上心はないし、生活に女っ気は全然ないし(女子学生には遊ばれてますが(笑))、准教授なのにめっちゃ給料安くて、毎日が倹約生活だし。

細身でスマートなのは表紙の通りなんですが、お腹は実は出ているというアラフォー男子だし(笑)

うん。ある意味「スタイリッシュ」なんて言葉とは真逆な存在だったので、ちょっとそのキャラに愛着が湧きました。

まぁ爽やかでイケてる男子が主人公だと、男である自分の立場からすると若干イラっときてしまいそうですもんね。

逆にこういうゆるい感じのキャラでなかなか楽しめました。


でも、なんでこんな彼が「スタイリッシュ」?という素朴な疑問が湧いてしまったので、ちょっと調べたら…

「粋な」なんて意味もあるんですね。確かに彼の生き方はちょっと変わっていて「粋」かもしれません。なるほどなーって感じでした。


--------------------------------------
☆桑潟准教授の不運な日々
--------------------------------------
で、そんな桑潟准教授なんですが…そんな彼に次々に降り掛かってくる不運な出来事もなかなか面白かったです。

割り当てられた研究室が「呪われた研究室」で、そこを使うここになった教授たちは、窓から転落したり、精神を病んでしまったりするという曰くつきな部屋だったり…

たまたま手に入れた資産価値50万になるかもしれないという「お宝」をたまたま盗まれてしまうという事件に遭遇したり。

まぁそれはそれで悲惨ではあるんですが、最終的にはみんなうまい具合にまとまってくし、毎日がお祭り騒ぎ状態で(桑潟本人は自虐的につらつら語ってるような感じでしたが)なかなか楽しかったです。

文章がちょっと独特でクセがあるので、読む人を選びそうな感じはかなりするんですが、波長が合えば結構楽しめる作品なんじゃないかなって思います。


JUGEMテーマ:読書
本 【その他】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK