映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「しあわせのねだん(角田光代)」 | main | 映画鑑賞記録「幸せへのキセキ」 >>

作家別マイベスト(綾辻行人)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 作家別マイベスト7回目です。

今回は、もうすぐ映画「Another」が公開される綾辻行人さんでいきたいと思います。

昔は結構密室モノが好きだったので、「館シリーズ」は結構くて好きでした。

良かったら、皆さんの好きな作品も良かったら教えてください(^^)

----------------------------------------------------------------
★1位〜4位
----------------------------------------------------------------
1位:Another(★★★★★)
もうすぐ公開される、ホラーミステリですね。クラスメイトがどんどん謎の死を遂げるという恐怖感と、クラスメイトの中の誰かが犯人(幽霊)かもしれないという疑心暗鬼な感じが上手く現れててすごく面白かったです。ちなみに、僕は2010年にこの本を読んだんですが、2010年に読んだ本の中で一番おもしろかった本でした(^^)ホラー系が嫌いじゃなければかなりオススメです。

2位:暗黒館の殺人(★★★★★)
2位:時計館の殺人(★★★★★)
2位:迷路館の殺人(★★★★★)
2〜4位は…どれも「館シリーズ」の作品なんですが…だいぶ忘れてるせいもあるんですが、ちょっと甲乙つけ難いですね(^_^;)どれも、ちょっと変わった「館」に閉じ込められて、次々に人が殺されていくという、ある意味ミステリの王道!って感じの作品なんですが、ラストには意外な真犯人が明らかになるし、素直に面白い!って思えたミステリでした(^^)ちなみに、暗黒館の殺人は合計すると2600ページになるという超大作なので、なかなか手をだすのには勇気がいりますね(^_^;)


----------------------------------------------------------------
★4個
----------------------------------------------------------------
緋色の囁き
フリークス
暗闇の囁き
霧越邸殺人事件
どんどん橋、落ちた
人形館の殺人
水車館の殺人
十角館の殺人

----------------------------------------------------------------
★3個
----------------------------------------------------------------
奇面館の殺人
眼球綺譚
びっくり館の殺人
鳴風荘事件 殺人方程式
殺人方程式-切断された死体の問題
黒猫館の殺人
最後の記憶

----------------------------------------------------------------
★2個
----------------------------------------------------------------
黄昏の囁き
殺人鬼

ちなみに、読んだ本は21冊、平均評価は3.66でした。
綾辻さんも結構好きな作家さんのつもりだったんですが…意外と評価低いですね(^_^;)

評価:
綾辻 行人
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,995

作家別マイベスト | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK