映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「かび(山本甲士)」 | main | 読書記録「やおろず(古戸マチコ)」 >>

読書記録「万寿子さんの庭(黒野伸一)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
就職を機にとあるアパートに引っ越してきた京子。彼女は、新生活をつつがなく過ごすため、ご近所さんたちにも積極的に挨拶をして回るのであったが、そんな彼女にいつも嫌な態度を取る人がいた。隣の一軒家に住んでいる万寿子というおばあさんだ。京子がいつも挨拶をしても聞こえないふりをし、通り過ぎると京子の悪口を言っている彼女に対し、京子は不信感を募らせていくのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆万寿子さんって…意地悪ばーさん!?
--------------------------------------
なにやらハートウォーミングな作品らしい。

という記述をどこかでチラホラと見かけたので、さぞかし心温まるいい話なんだろうな〜って思って読んでみたんですが…

冒頭の万寿子さん。結構、嫌〜な感じのおばあちゃんでオドロキでした。

主人公の京子が挨拶しても無視するし、陰で「ブス」とか「寄り目」とか嫌なセリフを投げまくり。

挙げ句の果てには老婆とはとても思えないとんでもない仕打ちを京子にするんですよね!!ギャーΣ( ̄ロ ̄lll)な感じで。

暖かい話だと思って読んだのに…冒頭から意地悪ばーさんが出てきて挫折しかけました。。。

--------------------------------------
☆でもやっぱりハートウォーミングな感じ?
--------------------------------------
でも、頑張って読み進めてみると…意外といいおばあちゃんだったりするんですよね。万寿子さん。

初対面の印象はお互い最悪でも、なんだかんだでご近所付き合い(?)をしていくうちに心を通わせていく京子と万寿子さん。

20歳と70代という半世紀もの年齢差があるふたりが、意外にもだんだん仲良くなって「友だち」になっていく様がなかなか読んでいて心地よかったです。

ちょっと意地悪なところもあるけれども、おちゃめで可愛らしいおばあちゃん。

おばあちゃん子で育った人、あるいは年老いた母がいる人なら、何かしら感じるものがあるんじゃないかなーって感じでした。

JUGEMテーマ:読書
本 【黒野 伸一】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK