映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 2012年のお気に入り映画 | main | 映画鑑賞記録「映画 妖怪人間ベム」 >>

読書記録「ワークシフト(リンダ・グラットン)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【感想】
2025年という近未来がどうなっていて、仕事はどう変化しているかを予測した本ですね。

2025年っていうと今からわずか12年後…というわけでさすがにそんなに大規模な変化が起こるとはちょっと思えなかったんですが、

その一方で、実際にこの12年でインターネットとか携帯電話とかは凄まじく変化してきたので、そう考えるとこの世界も全く可能性がないわけではないのかなーなんて思って読んでました。

ただ、この本に書いてあるようなことが実際に起こるとしたらかなり凄まじいインパクトですね。

時代の変化のスピードに置いていかれないように、もっと危機感をもって生きて行こうかなって思いました。

以下、印象的な部分のメモです。


--------------------------------------
☆会社に行く必要がなくなる
--------------------------------------
インターネットがさらに進化し、また、燃料費が高騰するので、会社に出社せずに、仕事をするようになるらしいです。

全部が全部インターネット上でできるようになるとは思えないですが…

確かに、プログラマとかウェブデザイナーとか事務とかパソコンを使った仕事っていうのはいずれ会社に行かなくてもよくなりそうな気はしますね。

会議とか打ち合わせの必要がある場合でも、ウェブカメラ越しで会話すれば充分だったりしますし。

わざわざ通勤ラッシュで揉まれずに仕事ができる…ある意味合理的ではありそうですね。

ただ、職場の同僚と触れ合う機会がなくなるので、それはそれで孤独感が増しそうな気がしなくもないですが…。

--------------------------------------
☆グローバル化とテクノロジーの進化
--------------------------------------
テクノロジーが進化し、単純作業はコンピュータ化、その他の仕事はグローバル化していくので、労働者は外国人とコンピュータを相手に戦わなくてはならないそうです。

こちらも最近どんどんその傾向はあるかと思いますが…外国人と張り合うってのはなかなか厳しいものがありますよね(^_^;)

テクノロジーの進化で自動翻訳機能が実現し、インターネットの普及でどこに住んでいようが同じ仕事ができるようになったとしたら…

「日本人じゃなきゃできない仕事」ってだいぶ減ってきますもんね。。。

それを乗り切るには専門分野を磨くことって書いてありましたが、世界中の人を相手に競争していくのってなかなかしんどそうだなってのを感じました。

ちなみに、コンピュータや外国人に職を奪われた「専門技能がない人」は、新しい仕事にありつけず貧困層になってしまうそうです。

自分も含め結構多くの人がそんな「専門技能がない人」じゃないかと思うので、想像するとなかなか恐ろしいですね(^_^;)

--------------------------------------
☆人脈のグローバル化
--------------------------------------
仕事がグローバル化するので、当然のごとく一緒に仕事をする人もグローバル化するわけで、人脈もグローバル化するらしいです。

すなわち、人脈が豊富にあれば、世界各国の専門家の知識をフル活用できて、新しいチャンスやアイデアが生まれる…と。

確かに、日本人だけでいつも固まってるだけよりは新しい発想とか思いつきそうだし、外国の最先端の技術を学べる機会も多くなりそうですよね。

ただ、みんながみんなそんなグローバルな人脈を構築できるかっていうと…そんなこともないような気がするんですけどね(^_^;)

人的ネットワークを構築するのが得意な人とそうじゃない人の差はますます広がっていくのかなって感じました。

--------------------------------------
☆生活の多様化
--------------------------------------
国際結婚があったり、外国への移住が活発になったり、ずっと独身の人や、離婚経験者が周りにいるのが当たり前になったりで、人それぞれの働き方が変わるらしいですね。

終身雇用とか9時ー17時の定時なんて概念は崩壊して、もっと多様な選択肢のある働き方になる…と。

同じような仕事をしているのに正社員だから給料が高くて、派遣社員やパートだから給料が安い、なんて不公平なことは段々なくなっていくのかもしれませんね。

また、長時間働いて高給をもらうことが幸せ〜って考え方から、高給じゃなくてもいい経験がつめる仕事とか人間関係がいい仕事がいい〜って考え方の人が増えてくるらしいです。

僕もどっちかっていうと前者より、後者の方がうれしいので、その点はちょっと歓迎ですね。



本 【その他】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK