映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画鑑賞記録「きっとうまくいく」 | main | 読書記録「君は素知らぬ顔で(飛鳥井千砂)」 >>

読書記録「ポトスライムの舟(津村記久子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
  【感想】
噂の津村記久子さん、初読みしてみました。

作品は、芥川賞を受賞した「ポトスライムの舟」。

内容も全然知らなくて、ポトスライムって何?スライムの仲間?みたいな状態で読んでしまったんですが…

確かに、最近人気なだけあってなかなか読み応えがあるなーってのを感じました。

僕はあんまり好きなタイプではなさそうですが、明らかに自分とは違った感性で書かれた小説って感じがなかなか良いですね。

人生色んな生き方があるのかなぁと感じた作品でした。


以下、それぞれの短編の感想です。
--------------------------------------
☆ポトスライムの舟
--------------------------------------
年収163万円くらいの女性が、自分の1年分の給料を出せば世界旅行が出来ることを知って…という話ですね。

正直なところ、僕も給料やっすいなぁ〜と思いつつ働いてたりするんですが…

いくらなんでも年収163万円ってことはないので、その金額に驚きました(^_^;)

フリーターとかパートとかそういうのじゃなくて、フルタイムで毎日頑張ってるのにこんな給料の人もいるんですね。

毎日汗水垂らして働いて、その結果がこの給料じゃ…家賃とか食費を払ったらもうほとんど手元に残らないですよね。

で、彼女も、この給料ではやっていけないのか、仕事終わった後に友人のお店でバイトしたり、パソコン教室で講師をしたりもしてるんですが…

なんか、働いても働いても報われない…って感じがなかなか切なかったです。

でも、そんなこんなになりながら、人生悲観せずに、前向きに生きていく!っていう姿勢はなかなか良かったですね。

お金があんまりないのに、今日はお給料入ったから、お世話になってるあの人にプレゼントを買おう!みたいな気持ちが湧いてくる主人公には敬服しました。

自分だったら、そんな給料だったら、他人のことまで気にかけてる余裕はないですね。きっと(^_^;)

--------------------------------------
☆十二月の窓
--------------------------------------
頑張って働いてるのに職場に恵まれない女性の話ですね。

「使えない」とか「辞めればいいのに」とか「給料泥棒」とか、そういう罵声を常日頃浴びせられている彼女。

馬車馬のように社員を働かせるブラック会社もどうかと思いますが、社内いじめの如きパワハラで社員を追い詰めていく会社も酷いですよね。

僕も昔ちらっと言われたことがあるので、ちょっと主人公に共感しました(^_^;)


ただ、こんな酷い会社、すぐにでも辞めてやる!って思っても、実際に辞めるとなると、なかなか決断できなかったりするんですよね(^_^;)

他の会社に行っても上手くやっていけるのかな?とか、そもそも転職できるのかな?とか、辞めたら収入がなくなっちゃうよなぁとか。

辞めるべきだとは思っててもなかなか辞められないってところもなんか自分に似ていて共感してしまいました(^_^;)

JUGEMテーマ:読書
本 【その他】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK