映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画鑑賞記録「二流小説家 シリアリスト」 | main | 読書記録「月の影 影の海(小野不由美)」 >>

読書記録「そうだったのか!現代史パート2(池上彰)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
  【感想】
池上さんが送る「そうだったのか!現代史」シリーズの2作目ですね。

前作が東西ドイツの話だったり、中国と台湾の話だったり、ソ連の話だったりで、割と知ってそうで知らない話がメインに来てたと思うんですが…

今作はイラクだったり、インドだったり、アフガニスタンだったり、北朝鮮だったり、ミャンマーだったり、東ティモールだったりで...

よく名前は聞くものの、なんだかよくわからないような、そんな国が中心だったのが印象的でした。


アメリカは何故イラクを攻撃したのか。

アフガニスタンは何故テロ支援国家になったのか。

北朝鮮の金正日とは何者なのか。

アウン・サン・スー・チーとは何者なのか。


なんかニュースではよく見聞きするものの、イマイチ詳細とかその歴史とかについてはよくわからない部分が多いですよね(^_^;)

正直なところ、知らないところだらけで、池上さんのこの本を読んですらイマイチピンと来なかったりした部分も多かったんですが…

改めて自分はニュースに疎いんだなと知ることができただけでもよかったと思うことにしておきます(^_^;)


以下、印象的だった内容です。
--------------------------------------
☆インドとパキスタン
--------------------------------------
インドとパキスタン、隣接し合った国々で、お互いに仲が悪いっていうのは知ってる方も多いかと思いますが、なんで仲が悪いのかは御存知ですか?

池上さんによると、もともとはどちらもイギリスの植民地だったんですが、内部でのヒンズー教とイスラム教の対立のせいで、ひとつの国としての独立が難しくなって、インドとパキスタンのふたつに分裂しちゃったらしいですね。

どこかの国みたいに、東西冷戦の余波をくらって無理矢理分裂させられたのかと思ってたんですが…こっちは宗教対立が原因だったんですね(^_^;)

同じ民族でありながら、宗教が違うというだけで戦争を繰り返し、ついにはお互いに核兵器を持つようになってしまったという両国。

隣接する国同士っていうのはなかなか上手くはやっていけないもんなんだなーってのを感じますね(^_^;)

--------------------------------------
☆東ティモール独立
--------------------------------------
数年前に結構ニュースで取り上げられてたかと思うこの国。どこに位置するかわかりますか?

インドネシアから独立したので、インドネシアの近くってのはわかるかと思うんですが…

地理的には実はオーストラリアの目と鼻の先!ってくらいの距離にあるんだそうです。

しかも、そんな遠い国なのに、太平洋戦争時には、日本軍の占領下にあった場所なんだとか。

あんなオーストラリアの近くまで日本軍が進出してたのかと思うと、改めて日本ってすごかったんだなってのを感じますね。


で、それからさらに驚いたのが、その領土、その後のどさくさに紛れて、インドネシアが占領してしまったんだとか。

インドネシアってあんまり横暴な国っていうイメージなかったんですが、どさくさに紛れて侵略して、反抗の動きがあれば力ずくで弾圧するっていうのは…なかなか悪どいですね。

意外とどこの国でも領土問題ってのはあるもんなんだなーというのを感じました。



JUGEMテーマ:読書
本 【池上 彰】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK