映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「リプレイ2.14(喜多喜久)」 | main | 映画鑑賞記録「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 >>

読書記録「ひらいて(綿矢りさ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
綿矢 りさ
新潮社
¥ 1,260

 【あらすじ】
普段は無口で地味な彼。いつの頃だろうか、私は、そんな彼のことが気になるようになった。ある日、私は、そんな彼が誰かからの手紙を隠れて読んでいるところを見つけてしまった。一体誰からの手紙だろう?彼のことが気になって仕方がない私は…。

【感想】
--------------------------------------
☆こじらせ系女子!
--------------------------------------
最年少芥川賞受賞で一時期話題になっていた綿矢りささん。

それが原因なのか一時期小説を書けなくなってしまったそうなのですが…

最近なにやら「こじらせ系」で復調してきてるらしいです。


個人的にはこの作品がその「こじらせ」が際立ってる作品なのかなって思ったんですが…

好きな男の子にストーカーまがいの行為をして...

彼が付き合ってる彼女に接近して友達になって…

挙句の果てには、彼や彼女にあんなことやこんなことまで!!

ってな感じですごいことを次々にやっちゃう主人公がかなりこじれていて(壊れていて?)なんかすごかったです。


まさに何この女こわーい!な展開なので、普通に読んでるとちょっと引いてしまうかと思うんですが…

何かに吹っ切れてしまったのか、なんかかなりぶっ飛んだ感じになってるので、逆に読んでて楽しくもありますねー(笑)

ちょっとエロ系でもあるので、そういうの苦手な人にはオススメできませんが、壊れかかった(?)綿矢ワールドを味わってみたい人はチャレンジしてみるのもいいかもしれないなって思いました。

デビュー当時と比べると、ちょっとびっくりするかと思いますよー(笑)


本 【綿矢 りさ】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK