映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 2013/12総括 | main | 2013年のお気に入り映画 >>

2013年のお気に入り本

ブログランキング・にほんブログ村へ
2013年ももうすぐ終わるということで、
今年読んだ本を振り返ってみたいと思います。

ちなみに、今年読んだ本は179冊らしいです。
去年は186冊だったので...3年連続で前年よりダウンでした(^_^;)
ただ、英語の本は83冊、漫画も153冊!も読んでるので
合計するとなんと415冊に!!
うーん。我ながら暇人であります(^_^;)

ちなみに、今年から読書会なんてのも参加するようにしてみたんですが、
こちらも参加回数なんと19回に!!
人見知り、相変わらず激しいんですが、少しでも改善につながったらなと思います。

で、今までレビューしてきたうち、
★5個のお気に入り作品は以下の31作品でした。
去年は22作品なので...去年よりは増えました(^^)
それなりに面白い本もあったと思うので、
来年もこの調子で楽しめたらなって思います。


ちなみに、複数ランクインは小野不由美さん、池井戸潤さんだけでした。
意外とみんなバラけましたね(^^)

で、以下がその31作品です。


●てのひらの父(大沼紀子)
●チョコレートの町(飛鳥井千砂)
●サクラ咲く(辻村深月)
●鳴くかウグイス 小林家の受験騒動記(不知火恭介)
●いとみち(越谷オサム)
●高校入試(湊かなえ)
●リプレイ2.14(喜多喜久)
●日本人の知らない日本語4海外編(蛇蔵&海野凪子)
●ミステリー通り商店街(室積光)
●風の万里 黎明の空 (小野不由美)
●やってられない月曜日(柴田よしき)
●限界集落株式会社(黒野伸一)
●おさがしの本は(門井慶喜)
●ようこそ、わが家へ(池井戸潤)
●ロスジェネの逆襲(池井戸潤)
●旅猫レポート(有川浩)
●世界から猫が消えたなら(川村元気)
●少女Aの殺人(今邑彩)
●双月高校クイズ日和(青柳碧人)
●Rのつく月には気をつけよう(石持浅海)
●昨日まで不思議の校舎(似鳥鶏)
●九月の恋と出会うまで(松尾由美)
●殺人鬼フジコの衝動(真梨幸子)
●夢を売る男(百田尚樹)
●旅屋おかえり(原田マハ)
●何者(朝井リョウ)
●さがしもの(角田光代)
●スタート(中山七里)
●てふてふ荘へようこそ(乾ルカ)
●残穢(小野不由美)
●残り全部バケーション(伊坂幸太郎)

で、ベスト10を選ぶとしたらこんな感じでしょうか…。
今年も、これはすごいぜ!!って言えるような在絶賛な作品はなかったので
少々小粒なラインナップになってしまったような気がするのは否めないのですが…
まぁ挙げるとしたらこんな感じですかね。門井慶喜さん、真梨幸子さんは初読みだったんですがなかなか面白かったです。


●1位:おさがしの本は(門井慶喜)
⇒図書館で本探しをするお話。本を巡るお話なので、本好きな人ならきっと読んで楽しめるはず!図書館員の仕事って大変なんだなーと思うと同時に、すごく興味を持てた作品でした!

●2位:旅猫レポート(有川浩)
⇒愛猫を車に乗せて一緒に旅をするお話。猫と旅する話なんて面白いの?って読む前は思ってたんですが、面白かったです!愛猫と主人公のラブラブっぷりに萌えます(笑)

●3位:てふてふ荘へようこそ(乾ルカ)
⇒お化けが住んでいるアパートでのお話。お化け!って言っちゃうとなんか怖そうですが、そんなこと全然なくて、アットホームで温かい雰囲気がすごく好きな作品でした(^^)

●4位:九月の恋と出会うまで(松尾由美)
⇒未来からの声が聞こえるというSFラブストーリー。意外な結末がなかなかステキでした(^^)

●5位:何者(朝井リョウ)
⇒就活のお話。昨今の就活戦線のホンネが垣間見える秀作!ラストが怖かったです(^_^;)

●6位:リプレイ2.14(喜多喜久)
⇒愛しのあの人が死んでしまうのを防ぐため、何度もタイムスリップするお話。助けても助けても死んでしまう彼が面白かったです。

●7位:いとみち(越谷オサム)
⇒津軽弁の訛りの酷い女子高生がメイドになっちゃった!というお話。ドジっ娘ないとちゃんに萌えます(笑)

●8位:日本人の知らない日本語4海外編(蛇蔵&海野凪子)
⇒日本語をめぐるコミックエッセイ。今回は海外で日本についていろいろ聞いてました!読みやすくてためになる!そんな作品です。

●9位:殺人鬼フジコの衝動(真梨幸子)
⇒狂気の連続殺人犯のお話。あまりにもサクサクと人を殺していくのでついつい続きが気になって…(笑)

●10位:高校入試(湊かなえ)
⇒高校入試当日に高校で次々と事件が起こるというお話。割とありえそうな高校入試の問題点を浮き彫りにしていて面白かったです。


みなさまの今年読んだ本は如何だったでしょうか?

ぜひ参考にさせて欲しいので、日記UPをお願いします!
評価:
有川 浩
文藝春秋
¥ 1,470

評価:
乾 ルカ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 620

年別お気に入り本・映画 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK