映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画鑑賞記録「ぶどうのなみだ」 | main | 読書記録「願いながら、祈りながら(乾ルカ)」 >>

読書記録「首折り男のための協奏曲(伊坂幸太郎)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【感想】
なぞの「首折り男」が出てくる連作短編集ですね。

といっても、必ずしも全編「首折り男」が出てくるわけでもなく…

なんか各話が微妙に繋がってるような、繋がってないような、そんな感じが不思議な雰囲気の短篇集でした(笑)

個人的にはもうちょっと濃く繋がって、そういうことだったのか!みたいな終わり方をして欲しかったので、

全体的にちょっとあっさり終わってしまった感じがして、ちょっと勿体無かったかなーって思ってしまった作品でした。


以下、印象的な短編の感想です。
--------------------------------------
☆首折り男の周辺
--------------------------------------
とある夫婦が、「隣に住んでる男は殺人犯なんじゃないか!?」と疑ってるお話。

普通だったら、隣に殺人犯がいるかも!?なんて思ったら怖くなってしまうかと思いますが…

このご夫婦、なんかどことなくヌケてるのか、ほのぼのした会話が繰り広げられるのがなんか好きでした(笑)

もしかしたら、殺人犯がいるのかもしれないのに、「ちょっと隣に行ってみましょうか?」なんて唐突に言い出す妻。

そして、真冬なのに、「見れば腕に傷があればわかるかもしれない」とか言い出す妻(笑)

あまりにも危機感ないすっとぼけた行動に、なかなか愉快な奥さんだなーと思わずにはいられない作品でした。

--------------------------------------
☆僕の舟
--------------------------------------
60年も昔に好きだった男性のことを調べて欲しいと、男に頼んだ老婆のお話。

普通だったら60年もの昔に好きだった人のことなんて、どうあがいてもわかるはずなんてないかと思いますが…

思いがけずわかってしまって、彼が今どうしているのか、とかまで明らかになる様はなかなかロマンチックで素敵でした(笑)

そして、この作品、作中にいろいろ仕掛けがしてあったりしたんですが…

改めて伏線の張り方が上手いなーって思いました。

読み終わってちょっとほのぼのしました(笑)

--------------------------------------
☆合コンの話
--------------------------------------
楽しみにして合コンに行ったら、元カノに出会ってしまったというお話。

まぁ、そりゃあ気まずいだろうなーってのは読まなくてもわかりますが…

そんな合コンに、次々とトラブルが起こる感じがなかなか楽しくてよかったです。


そして、一番面白かったのは、各人のセリフと本心が全然違うってところですねー。

セリフだけを読むと、相手を褒めてる内容なのに、実は嫌味だったり、すごいとか言ってるのに、実はあんまりよくわかってなかったり(笑)

まぁ会話なんてそんなもんなのかもしれませんが、どういう思いでこの人はこんなことを言ってるんだろう?なんて考えて会話を聞いてみると、

意外と知らない世界が見えてきて面白いのかもなー、なんて思ってしまった作品でした。

(自分が会話に参加してるときは、とてもじゃないですが、そんな余裕はないですが(^_^;))
 
JUGEMテーマ:読書
本 【伊坂 幸太郎】 | comments(2) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

おはようございます。
確か、「首折り男の周辺」に出てくる夫婦の
その後の話が「僕の船」ですよね?
「僕の船」はとても好きな短編です♪
「合コンの話」も面白かったです。
伊坂さんは、こういう話がうまいですよね(^O^)
ゆこりん | 2014/10/16 10:50 AM
ゆこりんさま

そうそう。それが「僕の舟」です。
なかなかロマンチックでしたねー。
合コンの話もおもしろかったです!
管理人 | 2014/10/16 11:04 PM
コメントする









AMAZON LINK