映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 読書記録「首折り男のための協奏曲(伊坂幸太郎)」 | main | 読書記録「人生オークション(原田ひ香)」 >>

読書記録「願いながら、祈りながら(乾ルカ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【感想】
北海道にある廃校間近の分校に赴任することになった新米教師と、その生徒たちのお話ですね。

よくある学園モノ?と思って読んでみたんですが…

思った以上に、深い心理描写が描かれていて、興味深く読めました。

田舎で育った生徒=素朴!なんて勝手に思い込んじゃだめですよね。やっぱり(笑)

田舎で育ったからこその悩みに苦しむ先生と生徒たち。

そんな彼らがなんかリアルに浮かび上がってきて面白かった作品でした。


あと、ラストにでてくるあれにはちょっとびっくりしました。

ここでそれを登場させちゃいますか。。。

なくても良かったような気がするものの、作者的には入れたいネタだったんですかね(^_^;)

ちょっと続きが読みたい感じの終わりかたかなーって思った作品でした。

(でも結構好きな作品でした!)


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆ひとりのせいで
--------------------------------------
分校の女子生徒が、本校の女子生徒と一緒に修学旅行に行く、というお話。

社交的な性格だったら、他校の子と一杯おしゃべりできる!楽しみ!ってなるんでしょうけど…

そうじゃないとしたら、知らない学校の、知らない子たちのグループに混じって修学旅行に行くなんて苦痛でしかないですよね(^_^;)

一緒にいるのに、いないのも同然。

同じ場所にいるのに、空気のような扱い。

話しかければ嫌な顔をされ、勝手な行動を取れば文句を言われる。

「修学旅行楽しみだねー」なんて好き勝手行ってくる大人たちに「うざっ」って思ってしまう気持ちが妙に共感できたお話でした。

ちなみに、僕も彼女とおんなじ感じで、修学旅行行きたくねー!って思ってサボった人間です(笑)

--------------------------------------
☆特別の条件
--------------------------------------
平凡な自分に飽き飽きして、「特別な自分」を作り上げてしまうちょっとイタい子のお話。

自分は予知能力があるのっ!って大騒ぎして、回りから引かれて行く彼女。

自分は頭もよくないし、スポーツもできないし、かわいくもないし、「平凡でつまらない子」!なんだけど…

でもでも、「本当の自分」はこんなんじゃない(はず)だし、みんなにもっと注目されたいのっ!って思ってしまう彼女。

僕もさすがに、回りの注目を集めたくてたまらないのっ!っていうような願望まではなかったですが…

回りの人たちとは違うんだからっ!みたいな妙なプライドは昔持っていたので、こちらもまたまた妙に共感できたお話でした(笑)

全然大したことないふつーの人間なのに、変なプライド持ってたりすると、回りの人は扱いにくくてたまったもんじゃないですよね(笑)
 
JUGEMテーマ:読書
本 【乾 ルカ】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK