映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 2014/11総括 | main | 読書記録「ハケンアニメ(辻村深月)」 >>

読書記録「増山超能力師事務所(誉田哲也)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【感想】
人の心を読み取ったり、火を放ったり、そういうことができてしまうという超能力師。

そんな人達が実在していて、その能力を駆使して、探偵業を営んでいる、というお話ですね。

ほんとのところは、「超能力」が出てくる話だというので、もうちょっと派手な展開を期待していたんですが…

強敵が出てきて相手と戦ってやっつける!というような展開ではないので、少々地味ではありましたね(あたりまえか(笑))

ただ、その分、登場人物はどうしてその事件を起こしたのかとか、そういう内面的な部分に重きを置いてる感じがしたので、その点は面白かったです。

人の心を読んで本心がわかっちゃう!なんてるのは読んでる方も疑心暗鬼になるだろうし、読まれてる方もいい気持ちはしないので、そういう人、実在するとしたら、やっぱり生きにくいんだろうなーなんてのも感じました。

以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆忘れがたきは少女の瞳
--------------------------------------
今まではお母さん大好き!だったはずの娘が突如家出をしてしまったというお話。

少女を見つけて、話を聞いてみるものの、今は母親に対する不信しか感じない彼女。

なぜ彼女たちの関係はここまで壊れてしまったのか。

原因はちょっと意外なところにあったんですが…

なんか少女の気持ちもちょっとわからなくもないなーってところが切なかったですね。

--------------------------------------
☆面倒くさいのは同性の嫉妬
--------------------------------------
半陰陽という特殊な身体に生まれてしまった人のお話。

その身体的特徴から、男と女のどちらとも言える状態の彼(彼女)なんですが…

こんな普通の状態ではない形で生まれてきてしまったら、悩まない方がおかしいですよね(^_^;)

一応は男として育てられてはいるものの、顔立ちは女の子みたいで思春期になると胸も出てきてしまう彼(彼女)

ある一線を超えてしまえば自分に自信を持ってやっていけるようになるのかもしれませんが…

中高生くらいの多感な時期はなかなかつらいですよね、こういうのは。。。
JUGEMテーマ:読書
本 【誉田 哲也】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK