映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「シャンプーが目に沁みる(山下貴光)」 | main | 読書記録「オケ老人!(荒木源)」 >>

読書記録「転がる空に雨は降らない(小野寺史宣)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
【あらすじ】
交通事故により最愛の息子を亡くしてしまったサッカー選手の灰沢考人。そして、交通事故の加害者としての責任を感じ、自殺してしまった父を持つ息子の砂田佳之也。彼らは、共に心に傷を負ったまま日々を生きていくのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆なかなか悲しい話で…
--------------------------------------
交通事故で息子を亡くしてしまったサッカー選手と、その加害者を父親に持った息子のお話。

小野寺さん、何冊か読んできて、割とほのぼの系の話が多かったので、これもそうなのかなーと思って読んでみたんですが…

まぁ、冒頭から子どもが亡くなってしまうので、あんまりほのぼの系ではありませんでした(あたりまえか(^_^;))


でもまぁ確かに、自分と一緒にいたのに、自分の目の前で息子が交通事故に遭って死んでしまったら…

自分を責めて、仕事も私生活も激変してしまうってのはわからなくもないですね。。。

有名人の息子を轢いて死なせてしまった加害者も同様。。。


一応加害者の息子は、逆境から這い上がっていくようなストーリーなので前向きでよかったんですが…

全体的には若干重かったので、ちょっと読んでて疲れる作品でした(^_^;)
JUGEMテーマ:読書
本 【小野寺 史宣】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK