映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 映画鑑賞記録「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」 | main | 映画鑑賞記録「ララランド」 >>

映画鑑賞記録「愚行録」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
エリート会社員とその妻と娘が無残にも殺された一家殺害事件。事件から1年が経過し、徐々に人々から忘れ去られつつあるその事件の真相を探るべく、週刊誌記者である田中は、再度、関係者に取材をしてみるのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆ドロドロぐちゃぐちゃ
--------------------------------------
一家殺害事件の真相を知るべく、一人の記者が取材を続ける…というお話。

貫井徳郎さんの小説が原作なので、たぶん読んだことあるよなーと思いつつ見てきました。

(例のごとくストーリーは完全に忘れちゃってるんですが…)

煽り文句は「究極のイヤミス」だそうです。

ストーリーとしては、殺害事件の関係者にインタビューしていく感じなんですが…

インタビューされてる人たちが、みんな自分の言いたい放題で

内面ドロドロぐちゃぐちゃーな展開がなかなか見ていて心地よかったです(笑)

↑普通はこんなのを心地よく思わないんでしょうけど(笑)


私あの人のこと、憧れだったんですぅ〜とか言いながら、実は嫉妬心メラメラだったり…

あんないいやつが殺されるなんて…とかいいつつ、相当ひどいことしてたり(笑)

たとえ同一人物であっても、見る人によって見え方は180度違って見えたりするんだなーと

あらためて感じさせられた作品でした。

--------------------------------------
☆大学カースト制こわい
--------------------------------------
あと、回想シーンで、大学時代の思い出〜みたいなのが描かれてるんですが…

これまたドロドロ〜な世界感で面白かったです。

たぶん某大学を意識して書いてるんでしょうけど…

あの人は内部生で、あの人は外部生だから私達とは違うのよ〜とか…

あの人の家柄は申し分ないけど、あの人は片親だから〜とか…

大学内カースト制(?)みたいなのがうまく表現されてて面白かったです。

ただ、実際にそんなところに放り込まれたら、生きてくのは大変なんでしょうね。。。

入っただけでも充分いい大学なのに、常にコンプレックスを抱えて生きていかないといけないなんて

なんか大変なんだなーと感じてしまったお話でした。

(実際はどうなのか知らないけど)


★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK