映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 読書記録「肉小説集(坂木司)」 | main | 読書記録「芸者でGO(山本幸久)」 >>

読書記録「銀翼のイカロス(池井戸潤)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
池井戸 潤
ダイヤモンド社
¥ 1,620

【あらすじ】
新たに、経営再建中の帝国航空を任された半沢直樹。だが、そこには、政権交代により結成されたタスクフォースにより、500億円にも上る債権放棄要求がなされた。そんな国家権力による横暴に屈しない、そう考えた半沢直樹は、タスクフォースに抵抗するのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆今度の敵は国家権力
--------------------------------------
ご存知半沢直樹シリーズの4作目ですね。

人気で予約いっぱいで当分読めないなーって思ってたんですが…

発売から3年が経ち、人気もなくなったようで(?)図書館にふつーに置いてあったので借りてきました(笑)

まぁそれはさておき、今回は相手が政治家とか官僚みたいな感じのストーリーなんですね。

某民○党の某ナントカさんをイメージさせられるような女性大臣が出てきたり、

政権交代が起こって、今までの政策がガラッと変わって、右往左往させられたり。

当時は事業仕分けとかやっていて、政府が正で逆らう奴らは悪!みたいな風潮でしたが…

一方的に切られて煮え湯を飲まされる方はたまったもんじゃないですね。確かに。。。

銀行の側から描いた政権交代の裏側みたいな感じ、なかなか面白かったです。

--------------------------------------
☆最後はスカッと
--------------------------------------
あとは、この作品はやっぱり半沢直樹シリーズなので…

最初は横暴に振る舞ってる連中を、最後はズバッと切り捨ててくれる感じがいいですねー。

若干マンネリ感はあるものの、スカッと終われる感じはいいなって思った作品でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【池井戸 潤】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK