映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「ビブリア古書堂の事件手帖7(三上延)」 | main | 読書記録「か「」く「」し「」ご「」と「(住野よる)」 >>

読書記録「ペテロの葬列(宮部みゆき)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
宮部 みゆき
集英社
¥ 1,944

【あらすじ】
今多コンツェルン会長室直属・グループ広報室に勤める杉村三郎。彼は、たまたま乗り合わせたバスでバスジャックに遭遇し、人質として捕らわれてしまうのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆かなりの大作。。
--------------------------------------
かなーりひさしぶりに読んだ宮部みゆき作品。

700ページもある超大作なので、読書欲が低減しまくりの昨今、果たして読み切れるのだろうかと思いつつ読んでみたんですが…

うん。かなーり読むのがつらかったです(^_^;)

さすが宮部みゆきさんって言うべきなんでしょうけど、かなーり重厚なんですよね。。。

最近軽めの本(?)ばかり読んでいたせいなのか、なかなかページが進まない。。。

宮部みゆき作品、昔は好きだったのに、こんなに苦手になってしまったのかと思わずにはいられない作品でした。。。

--------------------------------------
☆善と悪か…
--------------------------------------
まぁそれはさておき…

話の内容の方もなかなかぎっしり詰まった感じで読み応えがありました。。。

突然のバスのハイジャックから物語はスタートしていくんですが、

なんか読み進めて行くうちに、何が善で何が悪なのかよくわからなくなってくるんですよね。。。

誰かにとっては悪い人、でも、その人は違う誰かの大事な人かもしれない。

誰かにとっては悪い人は、みんなにとっては悪い人じゃないかもしれない。

でもでも、一方的に悪だと決めつけて攻撃してくる「正義」な人もいる。

悪だと思ってる人が悪じゃなかったり、正義だと思ってる人が悪かもしれなかったり

なんだか社会って複雑にできてるよなーって感じるような、そんなお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【宮部 みゆき】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK