映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 読書記録「東京會舘と私(辻村深月)」 | main | 映画鑑賞記録「忍びの国」 >>

読書記録「いまさら翼といわれても(米沢穂信)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
古典部シリーズの最新作ですね。

なにやら、今まで書いてきた短編の寄せ集めっぽいですが…

前作が出たのが何年前なのかよくわからないくらい久しぶりの新作!ということでなかなか楽しめました。

各話ごとでメインになる登場人物が変わってくるのも面白くていいですね。

奉太郎が何でこんなに省エネ人間になってしまったのかとか、

奉太郎が中学の同級生から嫌われている理由なんかもわかったりして面白く読めました。

ファンとしてはなかなか興味深いお話でした。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆鏡には映らない
--------------------------------------
かつて奉太郎が通っていた中学校で作成した、卒業製作のお話。

噂によると、奉太郎が手抜きをしたせいで、卒業制作が正式な完成形にならなくなってしまい、

同級生たちから忌み嫌われるようになってしまった!というストーリーなんですが…

なんで奉太郎はそんなことをしてしまったのか、興味深く読めました。

単に省エネだから手抜きした!なんて簡単な話じゃなくて、事件の真相はちょっとぞっとしました。。。


--------------------------------------
☆わたしたちの伝説の一冊
--------------------------------------
伊原が所属している漫研が分裂の危機に貧してるというお話。

漫画を描く派と、漫画を読むだけ派の2派に分かれて、どちらかが辞めなければならない事態に陥ってしまっているんですが…

なんかお互いがお互いを罵り合い、ドロドロ〜な感じになってしまっているのが酷い状態でした。。。

ただ、こういうのって中間派もモロに巻き込まれちゃうもんなんですよねぇ。。。

友達だと思ってた人に裏切られて、だんだん酷い方向へと巻き込まれていく伊原。

最後に彼女が出した結論は結構スカッとしたんですが、なかなか色々考えさせられるお話でした。


--------------------------------------
☆いまさら翼といわれても
--------------------------------------
合唱でソロを歌う予定だった千反田が行方不明になってしまったというお話。

責任感は強いはずの千反田が行方不明に…一体何か!?って感じのお話なんですが…

タイトルの意味が結構ずっしりくる作品でした。。。

読み終わると、確かに「いまさら翼といわれても」って思っちゃいますねぇ。。。

千反田がこの後どうするのか、私、気になります!続き読みたいよぅ。

JUGEMテーマ:読書

本 【米澤 穂信】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK