映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 読書記録「分かれ道ノストラダムス(深緑野分)」 | main | 読書記録「我ら荒野の七重奏(加納朋子)」 >>

読書記録「分かれ道ノストラダムス(深緑野分)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
1999年の7月、人類は滅亡するとされたノストラダムスの大予言。そんな予言の期日が間近に迫ったある日、高校生のあさぎは、2年前に急逝した友人の日記を譲り受ける。彼は何故死んでしまったのか。死なない方法があったんじゃないのか。彼女は彼の軌跡を振り返ってみることにしたのだったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆懐かしい1999年
--------------------------------------
時は1999年。ノストラダムスの予言が世間を賑わせていたころの少年少女たちのお話。

このお話、主人公が高校生だったんですが…

まさしく自分も当時高校生だったので、懐かしい雰囲気に浸りつつ読むことができました。

女子高生のファッションはルーズソックスだし、流行りの音楽はビジュアル系に宇多田ヒカル。

音楽はCDコンポで聞いていたし、携帯電話もスマホじゃなくてガラケー、パズルゲームはぷよぷよ。

まぁいまと比べてそこまで大幅な違いはないとは思うんですが…

細かいところに出てくる固有名詞は、なかなか当時を思い出させてくれて懐かしかったです。

それに、そうそう、ノストラダムス自体最近は聞かなくなりましたよねー。

最近の若い人たちはノストラダムスって知ってるんでしょうか??

--------------------------------------
☆意外とサスペンス
--------------------------------------
まぁそんなこんなな時代のお話ではあるんですが…

途中からすごいサスペンス風味な展開になっていったのがびっくりでした。

なんかノストラダムス関連の宗教に巻き込まれて大変なことになっちゃうんですよねぇ。。。

得体の知れない誰かに襲われたり、誘拐されそうになったり。。。

果たしてノストラダムスの予言は的中するのか!?はもう分かってはいますが…

彼女たちがどうなっちゃうのか、なかなかハラハラドキドキに読めたお話でした。

深緑野分さんの長編初読みだったんですがなかなか面白いですね。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK