映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「本バスめぐりん。(大崎梢)」 | main | 映画鑑賞記録「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 >>

読書記録「錆びた太陽(恩田陸)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
恩田 陸
朝日新聞出版
¥ 1,836

【あらすじ】
とある事情により、人が住むことができなくなり、ロボットが管理することになった制限地域。そこに、国税庁から来たという謎の女財護徳子が現れた。制限地域内で何か調査をしたいというのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆SF風な雰囲気
--------------------------------------
今よりもちょっと近未来。

原子力発電所が爆発し、日本の多くの地域が制限区域となり、それに伴い、制限区域で活動するAIを備えたロボットが普及した時代のお話。

なので、ジャンルとしてはSFになるんですかね。

普段あんまりSFは読まないので、ちょっと斬新な感じで楽しめました。


放射能によって、ゾンビになってしまった人間たちは出て来るし…

今の地球上には存在しない謎の生物はわちゃわちゃしてるし…

なんかかっこよさげ(?)な乗り物も登場してるし。

舞台は日本なんですけど、なんか火星とかあの辺が舞台なようなそんなイメージで読めました(笑)


--------------------------------------
☆謎もいっぱい!
--------------------------------------
あと、SFといいつつ、謎がいっぱい散りばめられているのもいいですね。

何故主人公(?)の女は、わざわざ国税庁から人の住まない制限区域にやってきたのか?

ゾンビたちはなぜゾンビになってしまったのか?

ゾンビたちは人間と意思疎通はできるのか?

制限区域内に建てられた謎の建物は一体なんなのか?

誰が、なんのために建てたのか?

8人いたはずのロボットが今7人しかいないのは何故なのか??


勝手に突っ走る主人公とロボットたちとの掛け合いも面白いし、

続きも気になるし、なかなか楽しめたお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【恩田 陸】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK