映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「100億人のヨリコさん(似鳥鶏)」 | main | 映画鑑賞記録「斉木楠雄のΨ難」 >>

読書記録「手のひらの京(綿矢りさ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
綿矢 りさ
新潮社
¥ 1,512

【あらすじ】
おっとりした長女・綾香。恋愛に生きる次女・羽依。リケジョの大学院生の凜。そんな3人は京都に生まれ京都に育ち、それぞれの人生を歩んで来たのであったが…

【感想】
--------------------------------------
☆3姉妹の生き方
--------------------------------------
京都に住む、3姉妹のお話。

長女はアラサーの結婚適齢期で、結婚は考えているけれど彼氏がいない女性。

次女は20代で美人でバリバリ働いているけれども、その一方で人間関係は苦手で、何故かいつもドラブってしまう女性。

三女は大学生で、毎日楽しく過ごしているけれども、京都で生まれ京都で育ち、一生京都から出られないのではないかと思ってしまっている女性。

姉妹とはいえ、個性がバラバラな三人の生き方がなかなか面白かったお話でした。

まぁ自分は男なので女性の気持ちはあんまりよくわからないですが…

結婚について悩む、人間関係で悩む、将来について悩むのはみんな一緒ですね(笑)

そこんところは共感できました。

--------------------------------------
☆京都な感じ
--------------------------------------
あとは、舞台が京都なだけあって、京都っぽい雰囲気がいいなーって思いました。

ちょっと琵琶湖まで遊びに行く〜とか、

自分の家から大文字焼きが見える〜とか、

初詣は伏見稲荷で〜とか。

自分は旅行でしか行ったことないんで、そこら辺に住んでる〜っていう感覚があんまりわからないんですが

やっぱり、東京とはちょっと(かなり?)習慣とか考え方は違うんでしょうね。

大阪とか奈良とか滋賀が近場で東京はすごく遠く!って感覚、なんか不思議な感じでした。

(あたりまえなんだけど)

JUGEMテーマ:読書

本 【綿矢 りさ】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK