映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画鑑賞記録「斉木楠雄のΨ難」 | main | 読書記録「天使は奇跡を希う(七月隆文)」 >>

映画鑑賞記録「亜人」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
交通事故に遭い、瀕死の状態から生き返ったことで亜人として認定されてしまった永井圭。彼は、亜人であるが故に人体実験を繰り返される日々を送ってしまうのであったが、そんな彼を、同じ亜人である佐藤が救出するのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆死んでも生き返る
--------------------------------------
死んでも生き返る、「亜人」のお話。

死んでも勝手に生き返るなら最強じゃん!って感じなんですが…

それが故に、実験台にされて、何度も何度も殺される!!

っていう冒頭のシーンがなかなかえげつなかったです。。。

死んでも生き返るからって、痛みや恐怖心がないわけじゃないし、

ある意味死刑を何度も実行してるシーンだったのでなかなか衝撃的でした。。。


人間じゃないからどんな実験をしても構わない。

まぁ実際にモルモットとかに対してはやってはいるわけで…

その辺を考えてもなんかちょっと複雑な気分になりますね。。。

--------------------------------------
☆戦闘シーンカッコいい
--------------------------------------
まぁそれはさておき…

戦闘シーンは、生き返るだけあってなかなか独特だなーって思いました。

ダメージをいっぱい受けて、死にそうになっても、死なないと回復しないから、ダメージを受けたら自殺する。

何度も何度も何度も何度も自殺するシーンが出て来るので…なかなかグロかったです。。。

あと、「亜人」の相棒?みたいなのも出てくるので、それを交えての戦闘シーンもかっこよかったです。

相棒くんは奇抜な動きをすることができるので、戦闘の幅が広がっておもしろかったですね。


★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK